スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
障害児の学校へ
こんにちは、さくらもちです。

今日は本来の活動とは別に障害児の学校?みたいなところに行ってきました。
そこは日本の支援で運営している学校というよりは「教室」という感じ。
資金難のために週1回しか開けていませんが、代表者は本当にしっかりした方で、ビジネスのためにNGOを経営する人が多いネパールのNGOの中で無給で働いている方です。

私が活動するダルマスタリ村の寡婦グループのメンバーで一人、娘さんが知的障害の方がいます。
学校にも行かせてなくて、日中家に誰もいないときは、ヤギと一緒に彼女も柱に繋がれている状態でした。

ずっとなんとかしたくて、同期隊員にいろいろ相談し、情報収集をして村から比較的近い教室に行きあたりました。

お母さんは最初、CTスキャンをして薬を飲めば治ると思っていました。
障害児の専門の隊員は、薬ではなくて日ごろのトレーニングで他の健常児に比べれば遅いけれど、少しずつ周囲とコミュニケーションをとれるようになる、と丁寧に説明してくれました。

お母さんは、知らないところに行くこと、子供が世間の目にさらされることなど心配で、不安でなかなか行くと言えませんでした。

ネパールは貧富の差が激しく、障害児に十分な教育を受けさせてあげられるのはお金持ちの家が多いです。勿論各国のNGOの支援もあります。でもなかなか本当に届けたい人に届いていないのが現状です。

一年かけてお母さんと話をして、今日やっと教室に行くことができました。
貧しいと諦めてしまう人が意外と多くいます。
彼女のケースは、もし日本でトレーニングを受ける機会があれば、ちゃんと障害者の作業所で仕事ができる程度の障害だそうです。
あともう一歩。でも、その一歩を後押しする環境や機会に欠けているのが現状です。

お母さんが躊躇したのも、お金持ちの夫婦がたくさんいるかもしれない。
自分には夫がいない。更に絶望するかもしれない。そんな想いもあったようです。

教室に行くと、代表や他のボランティアスタッフが、娘さんに優しく語りかけ、絵を書いてみようと誘ったり、歌ったり。
娘さんは大変喜んでいました。
代表の方もお母さんと同じ目線で、話をしてくれ、話を聞いてくれ、娘さんに何が必要なのか、したほうがいいこと、してはいけないこと、これからのことを丁寧に説明してくださいました。

一緒に帰る道すがら、お母さんは言いました。
「もっと大変なお母さんがいるなんて、村にいただけではわからなかった。他のお母さんと話ができてよかった。毎週は無理かもしれないけど、また来たい。」と。


NGOの代表の方がびっくりしていました。
学校に行ってもいないのに、初対面の大人にもなつく娘さんはすごい、と。
きっと今までお母さんが愛情を注いで、慈しんできたからだ、と。
なかなか障害児の子どもを持って、家が貧しくて、シングルマザーで、という状況だと、子供にきつくあたってしまって、他人を怖がるようになってしまったり、人の顔色をうかがってしまうような性格になるケースもあるそうです。

娘さんのありのままの姿に向き合い、現状を受け入れて、今まで育ててきたお母さんはすごいです。
スポンサーサイト
[2012/04/08 11:14 ] | 現地活動 | コメント(4) | トラックバック(0)
ネパールのいいところ
今日は活動でめっちゃイライラしたことがあって、カリカリしながらバスに乗り込みました。
はぁぁ、むかつく。


マイクロバスはかなり混んでいて、車内は蒸し暑いかんじ。
軽く25人は乗っています。
ちなみにカトマンズのバスの多くは、トヨタのハイエースです。


そのマイクロバスの車内で赤ちゃんがぐずり始めました。
(ネパールの子どもって結構な悪条件でもぐずらない。タフだな~)

そしたら、車内のたくさんの人が、

やれ、暑いからだ、窓を開けろ(おじさん)
やれ、ジャケットの脱がせてあげればいいんだ(お兄さん)
やれ、あたしが抱っこしてあげるからかしんしゃい(おばあちゃん)
ぼく、いい子だね~とあやす(女子高生)

みんな赤の他人です。
その他人が赤ちゃんをあやす為に手を変え品を変え。


日本だったら、車内で赤ちゃんがぐずったら、お母さんは小さくなって、「すみません、お騒がせして」ってなるのに。


こういう時、ネパールっていいなぁって思います。

やさしいなぁって思います。
[2012/03/27 20:49 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
TV出演終了
ここ1年ほど、不定期でお受けしていたテレビのレポーターのお仕事が終わりました。

と言っても3分ほどの小さなコーナーなのですが。


ネパールの生の声をお伝えするという趣旨のもので、私自身いろいろと勉強になりました。


私の中で当たり前だと思っていることが、日本のテレビ局の方の目で見るとなんで?ってこともあり、そのための情報の裏付けなどなど、たった3分の内容でも情報収集に意外と時間がかかりました。


それにしても、見たことない人に言葉だけで物事を伝えるのは本当に難しいですね。

かつ、私も半ば言語障害のようになっていて、日本語がでてこない・・・。

つい先日も「マサラとアドゥワを入れてですね・・・」という話をしていて、TV局の方は「アドゥワって何ですか?」

アドゥワ・・・・。
アドゥワって日本語でなんていうんだろう・・・?

うーん、うーーーん。


すみません、後で日本語調べてメールします。

みたいなことも。
ちなみにアドゥワは生姜のことです。



生放送だったことも、大きかったです。
いろいろトラブルもありました。
本番数日前から高熱がでて取材に行けない日々・・。同期が手伝ってくれました。
本番2分前に父親から「お前、今日TVでんの~?」と電話がかかってきて、回線不通になったTV局を慌てさせるとか・・・
本番30秒前に映像回線と電話回線が一気にダウンするとか・・・
さすが、ネパールの回線状況。


でもまあ、無事に終わってよかったです。

そう考えると、24時間テレビって本当に大変だなぁ~としみじみ思います。
[2012/03/26 20:50 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
駆け込み寺
こんにちは、さくらもちです。
私の活動の一つとして、「駆け込み寺」の要素があります。
いろいろなことで困った寡婦のメンバーが相談に訪れます。

時々来る駆け込み相談にはいろいろなことがありますが、現場にいるなって感じる部分でもあります。



今日のご相談は、「自分(寡婦)の土地なのに、死んだ夫の弟が100万ルピーを払わないと使わせてやらない。文句を言うんだったら、お前の息子を殺すぞ」と言われた。

と一人の寡婦が相談に来ました。



これを聞くと、あらら大変、警察と協力しなければいけない案件かな?とも思って私は最初話を聞いていました。


でも、よく、よ~~~く話を聞くと、


あれれ???

なんかおかしいぞ?


実際はこうでした。

寡婦は土地を所有していたが、夫の弟に5年前にその土地を50万ルピーで売った。
そして、地価が上昇して現在のその土地の価格が100万ルピーになった。
隣人が寡婦に対して「あなたが5年前に売った土地、今では100万ルピーなのよ」と世間話をした。
それを聞いた寡婦は、「差額の50万ルピーをもらわなければならない」と夫の弟に申し出た。
夫の弟は「そんなバカな話はない。でも100万ルピー払えば、この土地を使うことができる」と言った(買い戻しを提案)。
寡婦はそこで食い下がり「この土地は100万ルピーの価値がある。だから差額の50万ルピーを払いなさい」と主張した。
夫の弟は「うるさい、そんなこと言うのだったら、お前の息子に手を出すぞ」と脅した。
そして、その応酬のくりかえし。


というようなことでした。

役員メンバーとこの話を聞いていて、役員は、細かにこの話を聞き、何が問題点なのか、話の全体像を把握するような話し方、聞き方をちゃんとしていました。
そして、寡婦にやさしく、丁寧に寡婦の認識が間違ってることを説明した上で、もしそれでも息子に手を出すと言ったような、脅しがあれば、いつでも力を貸すと話しました。


寡婦は「そういうことなんだ~」と納得して帰って行きました。


この事案に留まらず、びっくりするような(時には笑い話に思えるような)ことで駆け込み相談してくる寡婦が多くいます。

問題は、彼女たちの話をゆっくり、じっくり、丁寧に聞いたうえで、正しい認識、捉え方を説明する人が極端に不足している、ということです。


時にはこのような問題を早とちりして本部に奏上して、事が大きくなった後で、真相判明ってこともよくあります。(そりゃ、本部の人も怒るよね・・・だって、外国人ドナーにそれを宣伝してしまう時だってあるんだもん)


村の女性達はちょっと込み入ったことを理解できない人も少なからずおり、自分の意思通りにならないと、差別されていると短絡的に考える人もいます。


そのような意味では、認識違いから人間関係に軋轢を生んでいる傾向もあります。

ちょっと村に来て、大変そうな寡婦の話を聞いているだけではわからないことがたくさんあるんだな、現場にいなければわからないことってたくさんあるんだな~と思います。
[2012/03/13 18:39 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
先輩後輩
“Learn to love broadly, deeply and devotedly, and your lives cannot fail. With nobler desires, greater earnestness and wider sympathy not limited to just a few, but taking in the many even beyond the home, the weakest of us may attain success. ”

これ、私の出身大学の創始者の名言です。
いい言葉。

この前ネパールに到着した23-3隊の中に同じ大学の出身者がいたんです~!!

スゴイ

私の出身大学は小さな女子大なので一学年500人くらいしかいないんです。

まさか、ネパールで出会うとは!

彼女は私よりも6歳くらい下なので、かぶってはいないんだけど、彼女と話していると、同じ空気、匂いを感じます。

実は彼女だけでなく、ネパールで精力的に活動している日本のとある大きなNGOのネパール駐在所長さんも同じ大学の出身者。

同期隊員にも一人同じ大学の子がいます。

そういえば、会社で働いていた時も女性のかっこいい先輩でも同じ大学の先輩がいらっしゃったな~


そう考えてみると、あの大学で培ったスピリットは本当に偉大。


創始者のこんな名言もあります。

「東洋の女性は、身分の高い者はおもちゃ、身分の低い者は召使である」



なんとも、強烈な洞察。



そして、創始者のすごいところは、そこで思考を止めなかったことだと思う。


批判なら誰にでもできるんです。


創始者は考えた。


「だから、どうするの?」


その結果、一般女子にも広く門戸を開いた女子の教育施設を作るのです。


創始者はガチガチのフェミニストでもなかったし(そう勘違いされることはあるけど)、ただ単に現状を変える必要性を感じ、それに挑戦できる人材を育成した、ということに尽きると思う。


大学は本当にリベラルな雰囲気があって、思考とアカデミックなチャレンジに自由だった気がします。
女性の教授も多かったし、外国人も在日の友達も多かった。
枠に縛られていない自由さがあったと思います。



卒業して、数年経って今感じることは、同じ大学の先輩後輩は、自分の力で物事を切り開いて、それにちゃんと責任を負える人が多いな、と思います。




そんなわけで、今日は前述のNGOの先輩と一緒のご飯を食べてきます♪
[2012/03/10 15:43 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。