スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
寡婦手当の予算
私の配属先、WHRはここ5,6年の間ずっと政府に対して「寡婦手当」を要求し続けてきました。


多くの寡婦は経済的、社会的にも疎外される場合が多く、生活を保護することを目的としていました。



そして、今年度の政府の予算に要求通り「寡婦手当」が計上されることになりました。


大きな前進ですね。



村のメンバーたちも大喜びしていました。



1カ月のおそらく500ルピーの手当です。

日本円にして約400円。


でも、すごいことなんです。




今日のオフィスはお祭りさわぎでしたー。
スポンサーサイト
[2011/07/19 00:56 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
日本の援助
今日は活動の話。



私の配属先は寡婦の自立支援と社会的地位向上を主な活動としています。

といってもいろいろなプロジェクトがあるのですが。


いろんなものが不足しています。

夫が死亡して嫁ぎ先から追い出されてしまった寡婦のシェルター、職業訓練の場所、カウンセリングを行う場所。

彼女たちに安定的な居場所を供給することが必要なんです。


いろいろとご縁があって、日本の援助を受けられないかと団体から発案があり、今日はアプライしているプロジェクトの説明のために日本大使館に行ってきました。


ネパールのNGOの物事の進め方と日本の行政の物事の進め方。

だいぶ違います。

話を進めるのがけっこう大変でした。。


うまくいくといいのですが。。。

うまくいくように祈るしかないですね。


大使館から出てきて、見上げた空はこんなにきれいでした。
RIMG1421_convert_20101109233515.jpg

[2010/11/09 23:51 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
嗚呼、素晴らしきタリム
5日間トレーニングの始まりです。

今回の参加者はセントラルリージョン内の郡、VDCの寡婦グループの会長、副会長、書記、会計係の希望者です。
(ちなみに、ネパールの行政区ではリージョン>ゾーン>郡>VDCに分けられています。)

今回のようなキャパシティビルディングトレーニングを受けるのが初めての人も半数くらいいましたが、字が読めて理解できる人が多く、途中脱落者もなく間延びすることもなく、とてもいい感じでトレーニングができました。

しかも今回のトレーニングではWHRのスタッフではなくて、リージョナルオフィスのメンバー(寡婦)が行いました。
当事者が当事者に対してレクチャーするってとっても効果的なんだなーと痛感。

正直なところ、本部スタッフのトレーニングでは厳然と「都市部インテリ」と「農村寡婦」という一線が存在していたようになんとなく肌で感じていました。
でも、今回は講師も寡婦、参加者も寡婦。一体となってトレーニングが進んでいたように感じました。
RIMG1164_convert_20101104004033.jpg


すばらしい!


それにしてもネパールの女性は踊るのが大好き。
一日5回くらい誰からともなく歌い始めて、踊る。

RIMG1313_convert_20101104004631.jpg


でも、みんなちゃんと弁えてて、踊りの時間は長くて5分。えらい。

ダルマスタリ村は止めないと延々と踊ってるもんなー。
トレーニングしてるんだか、踊りの会合なのかわかんない時あるもんなー。

他のリージョンがどんなふうに運営して問題点がどこなのか直接寡婦に聞く機会に恵まれたので本当に勉強になりました。
[2010/10/25 23:33 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
出張に向けて出発!
いよいよチトワン出張です。

初出張。しかもネパール人と二人きり。
ちょっとどきどきです


さてさて、チトワン郡ナラヤンガードへの交通手段は飛行機かバス。(電車はありません)
飛行機・・・79US$(5,530ルピー) 30分
ツーリストバス・・・15US$(1,050ルピー)約5~6時間ランチ・エアコン付大型バス
マイクロバス・・・200ルピー 約5~6時間 ただ走る
普通のネパール人が乗るのはマイクロバスが一般的。もちろん今回はマイクロバスです。


マイクロバスの旅に欠かせないもの。

酔い止め。
マスク。


かなりの悪路でネパール人すらも「おえー」ってなるので、まず酔い止めを服用です。
それにしても薬が効きすぎてバスの中で爆睡。本当はスリの心配もあるのでこんなことはいけないのですが・・。

車酔いかスリか・・?

究極の選択です。嗚呼、協力隊。

そして、排気ガスが半端ないのです。というわけで、マスク。
カトマンズではマスク率かなり高いです。
日本のマスクって花粉99パーセントカットとかありますが、さすがにそこまでの高品質ではありません。布2枚で縫われてるものです。
ま、ないよりまし。
出発前にTとぱちり。

RIMG1128_convert_20101104002728.jpg


ちょいと見るとテロリストのようではありますが。
今回一緒に出張に行ったのは同僚T。
ネパール人ではありますが、長らくインド、イギリスに留学していた才女です。
ウエストナイズされていて、生粋のネパール女子って感じはしません。


出張報告まだまだ続きまーす。
[2010/10/24 23:20 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
これからどうするの?
雨季だというのに、今日は朝からいいお天気!!

こんな日は・・・


村日和!!


以前からメンバー幹部と打ち合わせの約束をしていたので、ダルマスタリ村へ



今日の村行きはいつもと気合が違います

なぜって・・。


私のこれからの取り組みを幹部に伝える!!って意気込みで参じたから。


「ダルマスタリ支部をつくる、支部がほしい」って言ってても、私も含めて具体的イメージを誰も作れていなかった・・。

だから、わかりやすいところから。

ミーティングの時にしかオープンしない事務所をとにかく毎日開ける。

今のオフィスはこんなかんじ。
RIMG1180_convert_20100914235136.jpg
中にはなんにもない。椅子が3つと座布団20枚だけ。
もちろんこれがオフィスではなんにもできない。

新しい土地を用意することが同時並行で進んでいて、そこにちゃんとした建物を建てて、そこからスタートさせるっていう手もあるのかな?とも思ってたんだけど・・。
土地入手が難航してます

外の器はいつできるかわかんないから、まずは人を作ろう!!と決めました。

ちゃんと運営してる実績を作って、それを少しでも土地入手の説得材料に使えるようにしようと決めました。


すこしずつ、小さなことから、ビスターレイ、みんなとコミュニケーションとりながら。

ここが本当は手に入れたい土地
RIMG1181_convert_20100915003825.jpg
公有地ゆえ、いろいろと調整が大変みたいです。。
[2010/09/14 22:33 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。