スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
愛すべき同期

さくらもちの会社は終身雇用制がいまだに残る昭和っぽい会社です。
会社は家族って感じで、親密な感じです。

つまり、結婚以外の理由で途中退社する人は本当にレアケース。

会社やめてネパールにボランティアでいく!

なんちゅーのは「さくらもち!正気の沙汰ではないぞ、目を覚ませ!!!」ってかんじ(?)


そんな訳で、会社の人には一言も青年海外協力隊の話をしていませんでした。
でも、二次選考も受かったし、そろそろ会社にも伝えるべき時が来たと思います。

さくらもちの会社の同期は30人います。
一部は全国各地に散らばっていますが、みんな本当にいい人が多いです。

上司に報告する前に同期の仲がいい人にまずは話そう!と思って、連日サシ飲みをしています。

みんなの前で話してもいいんだけど、やっぱりサシでじっくり話して、同期の退職をどう思うのか、この会社でずっとがんばる覚悟とか、人生設計とか、自分の話だけではなくて相手の話を聞きたかったのです。

退職すること、しかもネパールに行くことにかなりびっくりしていたけど、みんな「がんばれ!」と言ってくれました。
そして意外なことに、「やりたいことがあって羨ましい」と言われました。

実は、私のほうこそ同期が羨ましくて、眩しかったんだよー。
さくらもちの会社はちょっと特殊な会社で、この会社を第一希望で入ってくる人が多いんです。

だから会社に入社したことが、人生の目標達成した!っておっしゃる人もわんさか。
さくらもちはまぐれで入って、わが社が扱っている商品知識もそんなにない状態でした。

同期はオタクか!っていうくらい知識豊富で、わが社に入ったことを誇りに思って、一生この会社に身を捧げるっていう熱い同期を見ているのがさくらもちは羨ましかったです。

そんな同期たちが今理想と現実のギャップに悩んでいました。

今の同期の姿は将来の私の姿であると思う。
きっと理想と現実のギャップに苦しむ時が来ると思う。

でも、同期は「寂しくなるけどがんばれよ」と優しく背中を押してくれました。
自分が苦しんでいるときに隣の人間に優しくできる愛すべき同期。
そんな人間に私もなれるように、ありたい。
スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2009/08/12 23:57 ] | 国際協力 | コメント(1) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。