スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ユニセフ国際協力講座
ユニセフの国際協力講座のレポ。

今日はICUの先生が「国際非営利組織の運営」についてお話してくださいました。

まず、非営利組織とはnon profit sector、政府、JICA、ユニセフ勿論国連とか、各種NPOなどと定義して今日の講座は進められました。(これらは総じてNPOと書いておきます)

90年代以降、これらNPOの存在意義が増してくるようになったそうです。その理由は以下のとおり。
・市場経済では解決できない課題が増加(エイズとか環境破壊とか)
・人間価値の重要性が認められるようになった(子どもの権利条約の採択とか)

このような流れの中で、NPOはどのようにマネージメントされるべきかが改めて問われているそうです。ただ、誰かを助けたいというような情熱があるだけではダメで、戦略的なアプローチをしていかないと何も問題解決はできない。
そのために、各NPOはミッションを明確にして、そのミッションとリンクしたgoals&prioritiesの設定が重要になってくるそう。

で、場当たり的な援助が中心だったNPOはその過去を反省して、アカウンタビリティに重点を置くようにシフトしつつある。

だからこそ、NPOで働く人間に求められている資質というものは・・・
◎現地のニーズを正しく理解し、把握する力
◎NPOを正しく運営する力
これを踏まえて
ニーズを正しく理解

ミッションに基づいたプロジェクトの構築

デリバリー
そして、この流れを遂行できた後に、その結果を明示できる力があるかということ。
つまり、結果、出せてますか?ということ。


今日の講義は、本当に勉強になった。
「最近のNPOは結果求めるよ」、というのは言葉としては理解していたつもりだったけど、今日の話を聞いて、この世界で仕事を得るならば本当に結果が大事なんだと痛感した。

限りある予算を使って、無駄なく効率的に最大限の効果を生み出すこと。
市場原理にどっぷり組み込まれたサラリーマンとしては当然のことだけど、企業は売上第一、売上額を数値として出されてそれが結果で判断されるけど、NPOはそれだけじゃない。

NPOもまた市場原理に組み込まれる一方で、人間価値の重要性にも重きを置くという両輪で進んでいかなくちゃいけない。
これがちゃんとできる人こそ、開発分野におけるプロ意識を持った人材なのかもしれないと思った。
スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2009/10/27 22:44 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
バタイユ
そろそろ2009年も終わる。ちょっと早いけど今年読んだ本の中で一番衝撃的だった本のブックレポ。
衝撃度第一位は・・・・
ジョルジュ・バタイユ 『エロスの涙』

バタイユはフランスの思想家で、ちょっと異端児っぽい。
無神論者でニーチェから深い影響を受けてるみたいだけど、究極的なテーマは「死」と「エロス」にしてるところがバタイユをバタイユたらしめてる感がある。難しい思想家でちょっと読んだだけは到底理解できない人物だけど、そこがまた面白い。ちなみに私は全然理解できてない・・。

本日のテーマ『エロスの涙』はバタイユの最後の著作。フランスでは発禁処分になったとか。写真や絵が超過激だからかしら?本人の思想的要素の根幹を作り上げた本国で発禁処分にされて東洋の人間が読むといういびつさ。。。

この本読んで、自分がフランス人だったら、というか、フランスの価値観、文化、宗教的環境に馴染んだ人間として本書を読んだら感じ方や理解度も違ってくるんじゃないかと思った。
西洋的な思想と東洋的な思想って厳然と存在すると思うんだよね、いくら世界が小さくなったとはいえ。そこに異文化理解の重要性を見出すわけだけど、社会科学の限界を感じてしまったりもする。

本書は、エロスの始まり(第1部)、終わり 古代~現代へ(第2部)、結論(第3部)の構成。一部で先史時代の死の意識と労働について、二部で戦争とキリスト教時代のエロティシズム、結論で宗教的供犠と中国の処刑の写真を使って死と性と生を論じてる。

バタイユの主張は、人間は生物の中で唯一生殖とエロティシズムを別個のものとして捉え、そのエロティシズムは死の前提条件と位置づけているところにあると思う。
エロティシズムとは目的の意識的な追求で、意識的でないものは人間的でないという。
死の認識の有無で、人間と動物を分けてる。

ここまで書いててもなんかうまくレポできてないような気がするわぁがっくりでもね、もっと面白いんだよ。
根拠の弱さもあって、学術としては?な部分も多くて批判的に読むのもまた一興。
その一方でなるほどね、みたいな部分もあって、特に労働の記述に関しては毛沢東思想との類似性も見え隠れ。

エグいものを見る勇気のある人にはオススメできる。
でも、マジ、写真とかエグいよ。一日ご飯食べられなくなった。
あと電車の中で読むのもやめたほうがいい。
[2009/10/26 22:27 ] | | コメント(0) | トラックバック(0)
おばあちゃんを亡くした。
突然危篤になって、あっという間だった。

悲しくて、気持ちがぽかんとしてる。
すごく孫をかわいがってくれる人だった。
慈しみ深い人だった。
私がどんなにひねくれていても、無条件に愛してくれた。

料理が上手だった。
書道が上手だった。
虎屋の残月が好きだった。
美人だった。
センスがよかった。
日本橋の三越で買い物するのが好きだった。
孫の写真を見るのが好きだった。
毎日おじいちゃんにお経をあげていた。
きれい好きだった。
季節の移ろいが好きだった。
ビートルズが好きだった。
お着物が好きだった。
孫にお小遣いあげるのが好きだった。
ネコが好きだった。
冗談を言うのが好きだった。
キムタクが好きだった。

私はおばあちゃんが本当に本当に大好きだった。
我が家に遊びにきたおばあちゃんとコタツに入ってお話するのが幸せだった。
リュックをしょって上京して、上野駅のホームで私を待っていた姿が忘れられない。

もう一度お話がしたい。
お話して、伝えたかったことちゃんと伝えたい。
大好きなことが恥ずかしくて、うまく言葉にできないことがあった。
おばあちゃん孝行をできなかったことを詫びたい。
花嫁姿を見せられなかったこと、ごめんね。
待っててくれたのにね。
お色直しの時はおばあちゃんにエスコートしてもらおうと決めてたのに。

やっとおじいちゃんや、おじさんや大叔母さんたちに会えるね。
ちゃんとみんなのところにたどり着けるようにお祈りしてるからね。
でも、行ってしまう前にもう一度だけでいいから会いたい。
[2009/10/21 21:37 ] | 未分類 | コメント(0) | トラックバック(0)
誕生日でした
10月11日はさくらもちの誕生日



誕生日当日は会社の同期がパーティーを開いてくれました。
新宿の某高層ビルのイタリアンのお店。
でも幹事が高所恐怖症で終始一貫して、外を見られないというオチねこ
みんな仕事が終わってから、忙しいのに集まってくれて、大阪の出張からダッシュで帰ってきてくれた同期もいて、ホントにありがとう。
寝不足だったことと、嬉しくて嬉しくて飲みすぎてもうぐちゃぐちゃでした。
サプライズでケーキまで用意してくれて。ありがとう。
2009_1011逕サ蜒・241_convert_20091012152513
2009_1011逕サ蜒・245_convert_20091012152557
ローソクが年の数だけ立ってました。
「早く!!早くしないと、蝋がとけるぅぅぅーーーー!!」
とせかされ、でもベロンベロンになってるさくらもち・・。
たった2杯のモスコミュールでぐちゃぐちゃになるのは年のせい????

そして、さくらもちが大好きなageteのネックレスまでプレゼントしてくれました。
agete大好きだけど、あんまり持ってなくて、いつも買い物にいくと、いいなぁーと思って見るだけで終わるという、愛しいagete
2009_1012逕サ蜒・262_convert_20091012152650
大切に使わせてもらうねー。ありがとう。

二軒目は「お前が一人では絶対行けないお店に連れてってやるっっ!」と。
何?何??何のお店????
タクシーで向かった先は歌舞伎町の方面。
むむ?ホストクラブか???
と、思ったら歌舞伎町ではなさそう。
周囲を見渡すと、マッチョな男性が多い。
ん?んん??男性が腕組んで歩いてるーーーー!!!

「た、隊長!!ここはどこでありますか?????ぱんだ
「さくらもち、ここは新宿2丁目。オカマの聖地だ。オヌシは安全じゃ。安心せい」
ま、確かに安心だけど、これ以上に安心なことはないけど、正直酔いもぶっ飛んだ。

すごい!すごいわ。オネエたくさんいるぅぅぅぅ!!!
女が(あ、生物学上のね)いない。男が堂々と腕組んで歩いてる。
なんと、自由な場所。すごい。
一軒のお店に連れていってもらって、見た目おじさんだけど、妙に女らしいマスター?ママ??がいました。
「はい、お嬢。おしぼり♪
ああ、女らしい。さくらもちの100倍くらい女らしい。小指とか立てて。
ああじゃなきゃいけないよねぇ、私も。

そこで、またたくさん飲んで、歌って、ぐっちゃぐちゃ。
家に帰ってきたの3時くらいだったような気がする。

楽しい誕生日だった。濃い一日だった。

こんないろんな人に祝ってもらえた誕生日、本当にありがたい。
誕生日はお母さんがお腹を痛めてくれた日だということを忘れちゃいけないよ、と昔言われたことがある。まさしくその通りだなー。
[2009/10/12 16:00 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
金木犀の季節
もう金木犀の季節です。
外を歩いていると、どこからともなく金木犀の匂いがする今日この頃。

さくらもちの実家には大きな金木犀の木があります。
軽く樹齢40年は超えてます。

金木犀が香りだすと、さくらもちの誕生日です。
毎年毎年、実家の金木犀の匂いをかぐと、一年たったんだな、また誕生日が来るんだなぁと思ってました。
いつもは気にかけないけど、さくらもちと一緒に大きくなった実家の金木犀。

去年の金木犀の時期は、転職したいなー、でも自分にできるかしらなんて悶々としてたような気がする。一年でいろんなことがどんどん変わって、びっくりする。
いい出会いがたくさんあった一年だった。
なにかいい波に乗せてもらってるような、そんな一年だった。

いい時期だからこそ、まわりを幸せにできるようにな心意気でいきたい。

金木犀の芳醇な香り、来年はかげないかもな。再来年も。
金木犀はさくらもちにとって特別な木です。
今年は金木犀めぐりでもしようかな。
[2009/10/09 21:56 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
デバナガリ文字きてますよっ!
ネパール語の勉強を始めてからおおよそ1ヶ月。
えぇ。やってやりましたよ!

母音字子音字全部マスター!!!

・・・と思われます。
だいたいどんなふうに読むのか、概ねわかるようになってきたぴーす

これもひとえに、NHK語楽紀行「旅するネパール」と「CDエクスプレスネパール語」のお陰です。
ありがとねーーーーキラリ

といったわけで、さくらもちの名前をば、デバナガリ文字でお披露目
ジャジャーーーン
2009_1006逕サ蜒・219_convert_20091007110731
ちょっと見づらいかしら・・?

ま、いちおう自分の名前くらいは書けるようになったということで。

アンタ!
※アンタってネパール語で「終わり」っていう意味。発音も日本語で叱るときに使う「アンタ」っていうのとそっくり。初めてCDでこの単語聞いたとき、怒られてるのかと思ったぁぱんだ

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2009/10/07 11:12 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
セミナーに参加
今日はユニセフ主催の国際協力講座で勉強してきましたー!
80名定員のところをその3倍を超える応募があったとのこと。
抽選通過してよかったーー!!

この講座は全15回で国際機関、外務省、大学、NGOの方々から様々な分野の国際協力についてレクチャーしてもらえるというもの!すごいっしょ!!
こんな機会を与えてくれたユニセフ様どうもありがとう。

JOCVに参加するためだけじゃなくて、やっぱり開発援助の分野で仕事をしたいって思うので、知識ないから勉強しないと汗しかも、学問としてではなく、実際に働いている人からお話を聞けるって素晴らしい機会です。


というわけで、今日の講義のおさらいを。
フィードバックするって意味でもこれからブログに講義を聞いて思ったこと、考えたことをアップしていけるといいなねこ

今日はJICAの方がJICAの概要を説明してくださいました。
JICAは2008年10月にJBICと一本化されて新しい体制に生まれ変わりました。
で、どうなったかというと、ODAの中の二国間援助のうち、無償資金協力(従前外務省が実施)の一部と技術協力(もともとJICAが実施)と有償資金協力(従前JBICが実施)の一部がJICAに一本化されたそうです。

この体制の変化によってどんなことが期待されるかというと・・・
①予算規模の拡大、従来縦割りになっていたノウハウを集積できる
②ODAの総合窓口としてJICAの存在が重要になってくる
③知見を集約して研究機能の拡充を図れる
といったところ。

そして、独立行政法人に以降して、今まで一部から批判がでていた、
「日本のODAは、やりっぱなしで計画性が欠如している」といった部分にも中長期的な戦略を策定し、また実施後は案件のフィードバックと評価を行うことを目下の課題とするそうです。
そうなれば、きっととりあえず、学校建てた、井戸掘ったってだけじゃなくて、学校を建ててそれがどんな運用をされてどれくらい就学率が上がったかとか、井戸掘って、水にアクセス可能になった住民がどんなふうに生活が改善されたかなんてことも、目に見えてわかるようになるんだと思う。
勿論、難しい部分は多々あると思うし、効果の可視性は一律じゃないし・・。
でも数値だけで判断してしまうとそんな綻びがどうしてもできてきてしまうけど、JICAの特性である現場主義っていうのはその困難をカバーできる力はあるんじゃないかなーとも思います。

最貧国を中進国までひっぱり上げられるような援助をODAがでいればいいと思う。

それからJOCVのことにも言及されてました。
JOCVはJICAの中で「国民等による協力活動(改正法第13条1項4号業務)」に含まれるそうです。
市民参加型のボランティアといった形態ですね。
ただ、これも将来的には開発効果を高めていくような位置づけが望ましいとのこと。


JOCVで海外に派遣される人はたくさんいる。
私が合格をいただいた2009年春募集でも800人超の合格者がいた。
職種は様々、バックグラウンドのさまざま。動機や考え方もさまざま。

そんな中で私はどんな活動をしたいのか、どんなスタンスで臨むべきなのか、しっかり考えようと思った。

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2009/10/06 23:23 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
決めました
退職の時期を決めました

1月末で辞めることにして、上司にもそのように伝えました。

散々悩んだけど、一日でも長く会社の人と一緒に働きたいと思ったけど、これから新しく始まる活動に意識を向けるためにも心を整理する時間が私にとって一番必要だと考えて1月末にしました。

残りの4ヶ月、悔いが残らないように精一杯仕事をしようと思います。
ひとつでも多くのことを吸収できるように大切に過ごして行こうと思う。

快く送り出してくれるだけじゃなくて、私が残りの時間をどう使うべきかアドバイスをしてくれた上司、すごいと思った。
私もあんな社会人になりたいな。
[2009/10/04 19:00 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。