スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
京都で出会った名言
京都出張が続いてます。

紅葉もキレイな時期だし、清水寺を参拝。


清水坂をゆっくりのんびり歩いてると、途中に小さなお寺さんがありました。

お寺の前にはこんな張り紙が。

「神仏が知っていてくれれば、それでいいではないか」

深いなぁ、この言葉。

どんな自分の努力も、我慢も、悔しいことも、辛いことも、自慢したいことも、神仏さえ知っていてくれれば周りに見せ付ける必要はないんだなーー。

わかってるつもりでも、どうしても周囲にポロリしちゃう時ある。


その逆もしかり。
神仏が見てるんだったら、周囲が見てなくても、悪いこともしちゃいかんし。
もちろん、負の感情だって見られてるってことだよね。


いい言葉に出会ったねこ

ありがたいなぁ。
偶然だけど、必然の出会いだったかもな。
スポンサーサイト
[2009/11/19 21:50 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。