スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
東野圭吾『手紙』
東野圭吾の『手紙』読んでみた。


東野圭吾、、気になる作家です。
『容疑者Xの献身』とかでおなじみの作家です。


遅ればせながら、さくらもちはこの『手紙』で東野圭吾デビュー!


というわけで、ブックレポ。
上手なブックレポではないけど、まだ『手紙』を読んでない人はここから先は読まないほうがいいかも。



話は主人公直貴の大学進学の費用を手に入れるために、兄剛志が強盗殺人を犯してしまうという始まり。
犯罪者の弟としての彼の人生の苦悩と兄への愛憎の葛藤を書いたもの。


テーマとしては、重いのよ。
かなり深く考えさせられるテーマ。


でも、読みやすい。3時間くらいで読みきったよ。
それくらい読みやすい。

なぜか・・?
人物描写が浅いからだと断じざるをえない・・かんじ。


直貴の心情はまあまあ奥まで書かれてるように思った。
でもね、彼の前に現れては消えていく、世間の人々にまで深く切り込んでいかないのが残念なところ。


東野圭吾はたぶん、本書で「犯罪者の家族」を取り上げるにあたって、
罪を犯すことの影響と重大さを描こうとしてるのだと思う。

犯罪者の家族は差別される。
たとえ自分が罪を犯してなかったとしても、犯罪者の弟というだけで、直貴も直貴の奥さんもそして、直貴の子どもまでも。
社会の底辺に突き落とされたら、そこから這い上がれないということも。
そんな差別が厳然と存在することをを明確にしたうえで、犯罪者の家族であるということは自分が犯した罪ではないものをも背負って差別の中で生きざるをえないということ。

たぶんそんなことを東野は言おうとしているのだと思う。

それに切り込んでいったのは、リアリティがあってすごくよかった。
変なミラクルが起こって、むりくりハッピーにもっていかないとこはよかった。


でもね、でもね、もっと書けたはずだと思う。
「直貴」という存在を大切に思いつつも、犯罪者の弟として色眼鏡で見てしまう市井の人の葛藤にも切り込む重厚さがあってもよかった。

「直貴」本人の才能にほれ込んだバンド仲間や、「直貴」を愛した恋人朝美の心情を描写しなかったために、「直貴」と「世間」という二極で語られてしまっているように感じざるをえなかった。

「直貴」があり、近い位置に家族があり、恋人や友人がいて、ちょっと世話になった人や同僚がいて、そしてその外に顔をみたこともない世間があるという、人間関係の多様さを無視しているとこが残念だった。


「直貴」に近しい人の葛藤が語られなければ、差別の本質と根深さを表現しきれてないような気がした。



そこは、読者が考えて~ってことなのかしら??


最後は感動したよ。
剛志が震える手で合掌しているシーンが。

縁を切っても、家族であるということを、兄を、弟を、愛してやまない人の絆には泣けた。

一読の価値はあり。ただし、文庫本で。

スポンサーサイト
[2009/12/16 20:17 ] | | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。