スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
退職1週間前
あとちょっとで退職。


1日1日を大切にして仕事をしてます。


今日は大変お世話になった方にご挨拶に行ってきました。



私の採用担当且つ研修担当。



さくらもちの会社は新人研修で2週間合宿研修をします。

これがもう、ホントに厳しくてねぇ。

ゴハン残しては怒られ(ま、今考えれば当然だけど)

ちゃんと挨拶できなければ叱られ(社会人なんだから、挨拶できなきゃダメよね)

時間ぴったりに集まっては怒られ(指定時間は仕事が万全に始められる状態だから少なくとも5分前は当然)

お酌ができなきゃ睨まれ(サラリーマンなんだからお酌ぐらいわね)

みたいな感じで、もうそりゃめちゃくちゃ怖かった。

でも今にして思えばグータラな学生をどうにか社会人に仕上げるには2週間なんてホント短い時間で、
そんな中でいろんなことを教えてくださった。


しかも採用までしてくださって、頭があがらないし、今でもその方を見かけると、背筋ピーン。



会社を退職する旨、今の会社でやりたいこともたくさんあったけど、開発援助の仕事をしたいって気持ちがどうにも止まらなくなってしまったことお話しました。

落胆させてしまうんだろうなって思ってた。

その方が入社して最初に言ってくださった言葉。

「成績のいい人間をとったのではありません。一緒に働きたいと思った人を採用しました」


そんな言葉に、そんな期待に添えない選択をした。



でも、その方は「うれしいよ。自分の思った道を進んでくれて」と。


そして、


「オレが採用してしまったから、回り道をさせてしまったかもしれんな。ごめんな。」




この会社で働いた4年間がなかったら、今の私はない。

こんな言葉をかけてもらえるとは正直全然思ってなかった。

謝るのは私のほうだ。

あなたの仕事の成果を裏切る形になってしまったことが申し訳ない。




この人に恥じない仕事をしようと思う。

この人に恥じない歩み方をしないと、筋通せない。



切ないけど、覚悟できた。
スポンサーサイト
[2010/01/22 23:47 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。