スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
見落としてた書類
JOCVの事前提出書類とにらめっこして1日・・・。


見落としてた書類がありました。


事前語学学習調査用紙

読んで字のごとく、今まで訓練言語をどのくらい勉強したかを記入するもの。

「今まで訓練言語圏への長期滞在はありますか?」
とか、
「留学したことはありますか?」
とか。

なーんだ、ちょろいじゃーん


と思って読み進めてたら、

「現在の語学習得状況で書ける範囲でかまいませんので、自由なテーマで作文してください」



ガーン



ネパール語で作文しなさいって・・・。



まずは日本語で書いてみた。
「私の名前はさくらもちです。これから2年間ネパールの女性自立を支援するNGOで働きます。ネパール語は今勉強中ですが、一生懸命勉強して、早く上達したいと考えています。ネパールは寡婦の地位が低く、現金収入が特に少ないと聞いていますので、マイクロクレジットを今まで以上に効率的に運用できるようにしていきたいと思っています。」


これをネパ語に翻訳すると・・・
「メロ ナーム サクラモチ ホ。・・・・・・」



・・・・。



翻訳できない・・・


結局・・
こんにちは。私の名前はさくらもちです。

私は日本人です。(←当然だろうに)

私は以前会社員でしたが、今は無職です。(←切ない・・)

私はネパール料理が好きです。(無類のカレー好きってわけじゃないけど・・・)

ありがとう。(←なんで、いきなり感謝?)


みたいな感じになった・・。

いいのか?これで・・?



みんなどんなふうに書いてるのかしら・・?


能力以上のものがあると思われても困るし、

でもこれじゃマズイか・・。
スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/27 21:47 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
ついにアップされた提出書類
JICA青年海外協力隊のHPについに(やっと?)事前提出書類がアップされた。


これがかなり大量というのは知人や先輩ブログから話を聞いてたけど、

プリントアウトしてみたら1センチくらいの厚みがある


ちゃっちゃと終わらせないと3月12日必着。

で、来月頭からは補完研修に時間をとられるはずなので、3月1週までには終わらせないとマズイわ。


日本脳炎とかポリオの予防接種受けた日を書かなきゃいけなくて、今日は一日中母子手帳を捜索
母子手帳って大事なのね。
母が母子手帳に書き込みをしていたのを今見るとちょっとジンとした。


さくらもちはネパール語なので、なかったけど、英語を訓練所で学習する人は一部の書類を英語で書かなきゃいけないみたいだし、大変そう。

いえいえ、私も人のことは言ってられません。やらねば・・。

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/26 17:38 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
愛すべき仲間たちへ
本社同期が送別会を開いてくれました。


みんな異動を目前に控え、引越しの準備や引継ぎやら他の送別会なんかで忙しい中で時間を作って送別会をやってくれた


飲み放題&カラオケ


めちゃくちゃ楽しかった


MTはAKB48、ばっちり踊ってくれた
更に、目をつぶって聞くと恋に落ちそうな美声で福山歌ってくれた。目をつぶってね。

上半身裸で十八番のリンダリンダを熱唱してくれたI。よくわからんけど、元気でた。

後半からスイッチ入って歌いだしたT。なごり雪最高だったよ。

TRFを選曲したMTその2。ナイスチョイス。ドストライクよ、私の世代。

終始撮影係に徹したMK。でも、AKB48の本人映像ガン見してたよね!?MT踊ってるのに

そして、ずっと笑顔で私を気遣ってくれたF。Fの優しさに何度助けられたことか。だいすきだよ。ダイスキ。



みんなが楽しそうにしている姿を眺めているのが、幸せで、一緒にいられる時間がありがたくて。



恋か?

恋なの・・?





恋ではないな。



同期愛だ。




逕サ蜒城


日本全国の同期からメッセージを集めてくれた。お餞別まで頂いた。
みんな、本当に本当にどうもありがとう。

私は途中で辞めるのに。


最後に未練を書きます。

みんなともっと仕事したかった。
もっと何かを作り上げたかった。

中年太りのおっさんと化粧濃いおばさんになってもこういう風にバカ騒ぎしたかったと思える仲間たち。



いろんなことを思い出した。

入社前の内定式。入社後の新人研修。出張先での数々の飲み会。同期旅行。
仕事がしんどい時に相手してもらったこと。
辞めようか悩んでるのを相談したこと。
誕生日会を開いてもらって、そこで退職の話をしたこと。
仕事でぶつかったこと。
決裁を取りにくる同期の後ろ姿を影ながら応援してたこと。


いろんなこと助けられた。
みんな本当に優しい。
あったかい。

この場を借りて、みんな30人が同期で本当によかった。
一言書かせてください。

まずは本社組。
同じフロアだったH。送別会では会えなかったけど、最終日のお花本当に嬉しかったよ。
2年同じフロアで仕事ができて、一緒にタバコ吸ってどんだけ助けられたか。
私が帰ってくる頃には妻帯者になってるかな?せいぜい頑張れ。

某国の後継者候補にそっくりのMT。頭もいい。仕事もできる。宴会芸も素人にしとくにはもったいない。
偉くなれ。で、会社のトップになれ、お前にはその力ある。応援してるよ、公私ともに。

イケメンT。「言っちゃいけないけど、寂しくなる」と言われた時嬉しかったよ。これからしんどいかもしれないが、それを超えられる器があると思うわけ。自分を大事にね。

北国へ行くA。仕事で本当にお世話になったね。いろいろありがとう。今日会えなかったのは残念だけど、ネパールで待ってます。姉さんから一言。頑張りすぎなくても、Aは立派だよ。

柔道B。なんなん?あなたのそのゴツイ体につぶらな瞳。癒し系なんですよ。二つのことを両立させるあなたの姿は尊敬します。私が帰ってくるまでに、靴下のセンスはどうにかしなさい。

システムのホープM。この2年間は本当にお世話になりました。PCトラブルにはすぐに出動。PC&M=かっこいいということに気付きました。新人研修の時は寝ぐせで怒られてたっけね。本当に今までありがとう。あなたのお陰で胃痛になるほどの回線料を乗り切れました。

泣き虫I。そんなに泣くな。でもそれがあなたらしい。優しい心の持ち主。この2年は特に新しい分野でしんどかったろうに。でも頑張ってたよね。滴々成大海。いい言葉。日々の努力を大切にします。

イケメンK。ちゃんと仕事をこなして、いつも冷静。そして真面目。うちの課では大評判。ありがとう。

4階M。仕事の絡みホント多かったねー。すごいめきめき力をつけたよ、M。2年間ホントおつかれさま。誕生日会のときも大阪から全力で帰ってきてくれてありがとう。お前、いいやつ。


次ローカル組。まずは北から。
国家資格に挑むK。仕事しながら勉強。大変だと思います。でも焦らずにやればいいさ。ちゃんと自分の意見を言えるK。もっと飲んで話したかった。この前の飲み会もメッセージもありがとう。嬉しかった。

函館S。静かだけどしっかりしてると思ってます。実は人間的にできた人だと入社当初から思ってました。静かすぎるゆえにじっくり話したことはなかったけど、本当はゆっくり話してみたかった人第1位です。会いたいなぁ。

車ダイスキI。あれ、この2年会ってないんじゃないの??新人のときIKEAに連れてってくれたのがいい思い出です。これから忙しい部署だけど、むしろIのキャラでいい雰囲気の課になるはず。期待してます。

私の前任?H。出張先でディープなギョーザ屋さんに連れてってもらったね。おいしかった。そうそう、家まで車で送らせたねぇ。あの時はありがとう。「ちょっと、上がってコーヒーでも」とか言えばよかったか?乙女度低いもんで・・。

デビルN。4年間でデビルに様変わりしたN。内定式のときは純朴な岩手の青年だったのに。。なんて。研究者として苦しい部分もあるかもしれない。でもステキな同期が周りにいるから助けてもらってください。孤独に陥らないように。応援してる。

天然T。引越し前夜、飲んでくれてありがとう。いろんなバカ話できて楽しかったよ。頭いいハズなのにぴしっとしてないところ、ゆるーいところがきっと周りの人間を安心させて愛されちゃうんだろうね。かわいいお嫁さん大事にね。

優しいT。メッセージカードの絵、力作だったね。かわいかった。ありがとう。
いつも和やかで、人の悪口を言わないあなたに私は頭が下がる思いでした。優しい故に自分で全部溜め込まないように、周りに甘えて出来れば私も力になります。

M瀬、弟さんもJOCVとのこと。偶然にびっくりしました。北の大地で頑張ってください。このブログを通して情報発信していきます。新人研修のグループワーク一緒にやって思い出深いよ。

子持ちM。入社と同時に結婚して子どもまでいるM。ちゃんと先のことまで考えていて、無鉄砲な私にしてみれば学ぶところが多いM。いつでもなんでも話を聞くよ。Mの一言重みがあるよ。今まで本当にありがとう。メールもありがとう。涙でた。

秀才M。告ってないのに、私を振ったM。お前・・・。でもサシ飲み本当に楽しかった。ある意味伝説、あの飲み会。また語らいたいもんだ。Mの変人っぷりが私は好きだよ。私が帰ってきたときもきっと本社にいるよね。

名古屋のT。最終面接のとき会社の前で声をかけられ、内定式で再会したときは驚きだった。いい思い出です。飲み会や同期旅行いろいろ企画してくれてありがとう。企画力抜群です。

名古屋のもう一人のT。大人だよ、T。去年の名古屋出張は変更続きでバタバタの中でどっしりと仕事をしている姿に励まされたんだよ。私もああでなくちゃいけないな、と。Tは安心感のある同期。きっと何かあっても最後はみんなを支えられる砦のような人だと思ってます。

結婚したT。結婚おめでとう。お幸せにね。入社したときから思ってたこと。柔道Bにも通じることだけど、何か一つのことをやり遂げてきた人のオーラがあったよ。一目置いてた。これからもずっと応援してます。自分の力と自分の心を信じて進んでください。がんばれ。

手術したN。手術発表を聞いたときは笑っちゃったけど、実は心配してた。この間の京都で二次会に誘ってくれたこと嬉しかったよ。直接話ができてよかった。じっくりと話を聞いてくれて本当にありがとう。

目が大きいN。実はNのメアドを知らなかったの・・今度教えて。専門職として、この世界のスペシャリストになってください。そして姉さん恋しい病にかかったら訪ネパしてください。4日間で来れます。

実は帰国子女H。かわいいゴマちゃんの絵ありがとう。うまいじゃーん。忙しい部署になるね。応援してます。東京に来たら是非飲みましょう。ありがとう。

九州M。北九州空港まで送ってもらったね。九州出張は現場でも本当にお世話になりました。私にとっては本当に勉強になる、成長ができた売場でした。新しい部署でも頑張って。

小さいIへ。お前ホントいいヤツ。人の痛みがわかる人。優しい人。一生懸命な人。九州では遊んでくれてありがとね。つらくなったら周りに愚痴りなさい。ネパールに手紙書きなさい。応援してます。本当にたくさん話を聞いてくれてありがとう。


最後に大好きな大好きな女性同期F。
Fが同期で本当によかった。しんどくてもしんどそうにしないあなたはきっとずっとこの会社でやっていけるだけの器があると思ってます。同じフィールドではもう相談にのれなくなってしまうけど、これから厳しいことにぶつかったときいつでも力になるから。
辞めようという相談をした時に優しく送り出してくれてどうもありがとう。
あなたは自分が思ってるよりも、ずっとずっと大人です。私のほうが甘えちゃってたね。
そしてメッセージブックのデコもありがとね。忙しいのにね。Kさんの写真もありがとう。後生大事にします
これからもずっと仲良くしてください。あなたがお嫁に行くときは万感の思いをこめて祝福します。
本当に大好きだよ。一緒にいられなくてごめんなさい。





今までこんなに応援してもらってるから、頑張らなきゃと思ってた。
でも、みんなからのメッセージを読んで、頑張れるという自信に変わりました。ありがとう。


これから長く会社に勤める中で、同期と仕事でぶつかったりすることあるかもしれない。
でも、同期はもう増えないから。大事にしてください。
究極のところ、最後は本当にいいヤツらです。
最年長の私から言えるのはそれだけです。


メッセージブックは大事にネパールに持っていきます。
これがあれば辛いことでも乗り切れます



みんな、本当にどうもありがとう。

ずっと応援してます。

みんな、だーーーいスキ
[2010/02/23 23:31 ] | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
聞いた話だけど・・・
先輩隊員から聞いた話をひとつ。




貧しい村には絵が描けない子どもがいる。


お絵かきする道具がないってのも理由の一つだけど。

お絵かきをするような教育環境にないってこと。

学校にも行けなくて、紙とペンがなくて、かわいいキャラクターとかもなくて、
情操教育なんてとてもじゃないけど、なくて。


結果として絵を描いたことのない子どもがいる。。。。



この事実にさくらもち的にはびっくりして。


子どもっていうのは、とりあえず絵は描くものだと思ってた。上手い、下手は別として。



教育って大事。

そして、貧しさって未知。




ネパールの子どもが全員絵が描けないってわけではないので、ご注意を。

あくまで、一つの事例です。



サヤンパティ村で、「さくらもちの紙芝居劇場」でもやろうかしら・・・?

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/23 10:28 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
先輩隊員のブログを読んで
昨日、同期隊員に教えてもらった私の前任の方のブログを読みました。


2年分を全部読みました。
一日かけて。ネパール語の勉強そっちのけです。


全部読んでわかったこと。


①前任者は素晴らしく能力の高い方である。
イギリスで開発学のマスターを取得され、日本の大学で教鞭を取られていたとのこと。
もちろん、研究者でもある。

前回お目にかかった時も感じていましたが、学歴や知識だけでなく、人との関わりあい方も含めて本当にステキな方でした。
そして、さくらもち的には肩の荷が下りたというか・・。
前任を抜かそうとかそういう変な意地を張る必要がないというか。
別に卑屈になってるわけじゃなく、本当にスゴイ方で尊敬してます。
張り合うだなんて、恐れ多いです

配属先も別だし、仕事の内容も全然違うと思う。
だから、私は私のペースでやればいいと素直に思うのです。

ただし、自分の目標として前任の方が本部で作り上げたものをフィールドまでちゃんと落とせるような仕事の仕方をしたい。と思う。
何の為の本部か、何の為の支部か。
相互の情報共有ができてこそ、仕事が動くんじゃないかと思う。


②前任者はWHRの一員であったということ。

当然のことのように感じる方もいるかと思うけど、大事なことだと思う。
私たちは「青年海外協力隊」として各団体・行政に派遣される。
帰属はJOCVなのか?配属先なのか?
他のJOCVの中には配属先と一歩距離を置く人もいる。
勿論これ自体悪いことじゃない。

WHRは寡婦の当事者団体。明確な目標があって立ち上げられた団体で、働く人のモチベーションが高い。
前任の方はWHRの一員として様々な課題に取り組んでいたという姿勢があった。
WHRの活動に十分寄与していた。見習いたい。



会社を辞めてから、けっこう焦りがあった3週間。

でも、先輩ブログを通してなんだか吹っ切れたような気がします。


一生懸命ネパール語の勉強をする。
何の為か?
一人でも多くの寡婦の生活を向上させるため。
ネパール語の勉強ばっかりにならなくていいんだと思った。
一人でも多くの寡婦の生活を向上させるために、日本にいる時間を有効に使う。

気持ちが固まった気がする。
もう揺れない。

・・・と思う、多分。

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/20 23:47 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
頼もしい友人
同じ隊次でネパールに派遣される友人とちょっと遅めの新年会をしてきましたー☆


彼女とは、合格直後のオフ会で出会いました。

同じネパール派遣の隊員に出会うこともなかなかできないのに・・・
ネパール隊員が少ないってわけじゃないんだけど、同期合格が800名超いる中で同じ隊次で同じ派遣国の隊員と巡りあうのは結構大変だと思うんだよね。しかも日本全国に散らばってるのにさ。


年の頃もおんなじくらいで、
サバサバしたいいキャラです。
ちゃんと人の意見を聞いたうえで、流されずに自分の意見も言える女性。
しかもかわいい



久しぶりの再会で近況報告と準備の話を延々3時間くらいしました。



彼女曰く・・・
「先輩隊員のいいブログがあったよ。1月に帰ってきた隊員で、女性のNGOに配属されて、カトマンズで仕事してた人なんだけどね。」


え・・・?



それ、私の前任ーーーーーー!!!!!!!!!!!!


私はいくらやっても見つけられなかったのに・・。

前任がブログをやってたことも知らなかったのに・・・。


ほんと、頼もしい同期隊員です。

他にも何を持っていくかとか、お肌のお手入れどうするかとか、ネパール語学習の進歩状況とか。
JOCVは若い人が多いけど、ノリについて行けるか、とか



心構えの話をしていて、意見が見事にピタリと一致したことが一つ。

「私たちって別に全然偉くないよね」ってこと。


JOCVでネパールに行って寡婦のNGOで女性の地位向上の仕事をします。

って言うと、時々「あら、偉いわね。」って言われることがある。


私、、、

私・・・・・

偉くなーーーーい。

私が世界に平和をもたらさなきゃ!とは思ってない。

そんな高尚なスピリットの持ち主ではありません。
言われる度になんか違和感があった。


筋とか義理とか大事だと思うけど、その一方でさくらもちは超合理主義的です。


地球温暖化とか、エイズの蔓延とか、将来的な水不足とか、人口爆発とか、紛争被害とかそんな問題を解決するために、熱く熱い正義感で立ち向かってるわけじゃない。


例えば、
紛争が起こる→夫を亡くし収入源が断たれる女性が増える→生活のためやむなく売春婦になる・若しくはレイプされる(嫌な現実だけど)→交わりを重ねていく上でエイズになる→海外に遊びに行った日本人が現地で女性を買う(これもいやな現実だけど)→日本にエイズを持ち込む→その人が自分の彼氏・夫になる

けっこう簡単な連鎖でエイズになる。

先進国の中で唯一日本はエイズ感染者が増加中。


国際社会を取り巻くいろんな問題って自分の生活の問題に直接関わってくることなんだと思う。

だからやる。

困ってる人を助ける、という気持ちは多かれ少なかれ誰にでもあるわけで。
「助ける」というのもなんだか上から目線で好きじゃない。

「手の空いてる人がやる」みたいな感じかな。

たまたま、私は外国が好きで、健康な体があって、シングルだから身軽でっていう条件が揃ってただけというか。
そう考えてる。


冷たい心って思われるかもしれないけど、熱情オンリーではできないと思う。

仕事だから、情熱と冷静な考えのバランスは必要だと思う。



私はこの分野で仕事をしたい。

紛争被害や環境破壊で困難に直面する人の姿は10年後の自分の姿かもしれないって思うから。


この分野で仕事をするための、修行期間だから、別に全然偉くない。

仕事のために努力する社会人と何一つ変わらない。
仕事だから、頑張るのは当然。
だから、偉くない。


あと、自己保身も兼ねて付け加えるとボランティアする人が全て品行方正でもない。
(勿論品行方正の人もたくさんいるけど)



言葉遣いが悪かったり。

タバコがなかなか辞められなかったり。

たくさん間食したり・・・する。

先輩にタメ口きいたりしたりも・・・・する。

赤信号でも渡ったり・・・するする。

住民税高いよ(怒)って舌打ちしたり・・・・する。



だいぶ話は逸れたけど、さくらもちにはそんな頼もしい同期友人がいるんです。

帰って早速、前任のブログを読みました。

WHRのことがいろいろ書いてあって勉強になりました。
WHRネタはまたアップしまーす。

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/19 23:16 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
配属先について

Women for Human Rights, Single Women Group

ここがさくらもちの配属先です。

日本語に訳すと「寡婦のための人権団体」で、行政ではなくNGOへの派遣です。




さくらもちのここでの任務はというと・・・


①カブレパランチョーク郡支部の立ち上げ
カブレパランチョーク郡のサヤンパティ村で暮らすことになるようです。
サヤンパティ村・・・
情報は一切ないです。
どんな規模の村なのか・・?
民族構成は・・・?
寡婦の数は・・・?
主な農産物は・・?
行ってからリサーチするしかなさそう

②寡婦グループの組織化支援
寡婦を組織化する必要があるんです。
グループを作ることは開発においてはとっても大事。
一人ではできないことでもグループになればできることも増える。
村レベルの寡婦のネットワークの現状をリサーチせねばね。

③寡婦グループに対して所得向上活動のためのアドバイス支援
一部の村落では手工芸品を作ったりして販売も行ってるそう。
でも、コストが高かったり、品質の問題で作っても売れないという問題点に直面してるらしい。
さくらもちの活動地域がどれほどのものなのかはわからないけど、それに対してアドバイスを行う。

④本部、他の関連機関、ドナー、NGO等との連携
WHR全体の活動を理解した上で、本部でやってる活動をフィールドに落としたり。
外国のドナーからの寄付で運営されてる団体なので、寄付を募りやすい環境整備も大事だと思う。
世界銀行や国連人権高等弁務官事務所ともネットワークがあるので、そちらとも連携をとれるように。




・・・とは言っても支部立ち上げと運営って?

現地の状況がわからないだけに、準備をどの程度すればいいのか?というか何を準備すればいいのか?ということも手探り。
ただ、立ち上げということは、オープニングスタッフということで、裁量もかなりあるはず。
先輩隊員曰く、仕事量はかなり多かったということで、楽しみ


イメージだけど、サヤンパティ村を拠点にカブレ郡の村々を巡回して、フィールド調査、支援をじゅんぐりにしてく感じではないかと思うんだよね。

ということは・・・出張多い???

前職と同じ・・????


たくさんの人に会えるんだろーなー

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/17 23:13 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
広尾の穴場

広尾・・・・



それはオサレな街。


ベンツやBMがブンブン走る街。


道行く人がみんな年収1000万超えてそうな街。



そんな広尾にJICA地球ひろばがあります。

用事があってJICA地球ひろばに行ってきました。


到着は13:30。


うぅ、お腹が空いた・・。
なんか食べたい・・。

でも、オサレなお店ばっかり。
どーすんべー。


JICA地球ひろばになんか併設されてたような気がして行って見ました。


あった。あった


カフェ フロンティア



ランチ700円~800円

なんとも良心的なお値段


JICAに併設されてるだけあって、世界各国のいろんな料理がありました。


このカフェフロンティアで今やってるのが、TABLE FOR TWOというキャンペーン。


「二人の食卓」って直訳です。

広尾という超アウェーな地で、無職さくらもちは寂しく一人でゴハンを食べようとしてた。

心の中はイグアスの滝並みの涙が流れていた。


でも、TABLE FOR TWO。

二人の食卓。


1食分のゴハンを食べると、そのうちの20円を途上国の一人分の給食に充てるそう。


一人じゃない。
寂しい一人ゴハンじゃない


わーい


ランチもとってもおいしくて。
トンガ料理を食べました。

ルゥ モァという、チキンとココナッツを包み焼きしたものと、サフランライス、野菜スープとサラダ。これで700円はお得でしょ

100円プラスするとコーヒーもつきます。

単品コーヒーも300円でした。


フェアトレードで輸入したコーヒーなんだって。


店内もエスニックな感じで、センスいいし。
単独のカフェじゃないから、あんまり人が来ないみたいで空いてるし。

ちょっと広尾でランチとか、
静かに読書したいときとか、時間つぶしに使うのいいかも。

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/16 23:41 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
焦る
正直なところ・・・・


最近焦ってる



全然、ネパール語の勉強が進まない。


進まないからネパール語の勉強だけにかなり時間を割いている節がある。


そうすると、マイクロファイナンスの勉強もできないし、
先輩隊員の活動報告を読む心の余裕もできず、
具体的な活動手法の指針さえも立てられずにいる。


語学ができてやっと仕事ができるのだから、たった2年しかない時間で、語学をいかに早くマスターできるかで、その後の活動期間が変わってくるんじゃないかって思ってるから語学を最優先してるつもりだけど、これがなかなかままならない。


焦りすぎなのかなぁぁ。


でも、時間は限られてる。






時間は自分で作るもの。


と、昔学生時代の先輩に言われたことがある。


要は自分次第ってことだよね。




はぁ集中しないとね。
[2010/02/15 09:49 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
バレンタイン

乙女が心中の熱い想いをチョコレートに託して伝える日。

本日バレンタインデー


世の中が、チョコチョコ浮かれてます。

昨今じゃ、逆チョコなるもんがあるそうで



じゃ、さくらもちは逆チョコ狙いで。

どーしよー。
すごいイケメンから逆チョコされたら

しかも、さくらもち好みのビターなチョコだったら

ついでに、ラデュレのマカロンまで一緒にわたされたら


なぜ、そこまでさくらもちの好みを・・・?

全部リサーチしました


キャー


フォーリンラブだわぁ



妄想だけで、楽しすぎる



妄想だけで、三度のゴハンが食べられる。






・・・結局、見かねた母がキットカットをくれた。


こんな娘ですみません。

嫁にも行かずすみません。

バレンタインデーに一日家にいてほんとすみません。。。
[2010/02/14 22:12 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
つなぐということ
会社でお世話になった方々と飲んできました


さくらもちは事務系の仕事をしていましたが、今日一緒に飲んだ方々は専門職の方々でした。

1箇所目の配属地で本当にお世話になって・・。
いろんなことを教えていただきました。


専門職って、専門の分野があるわけで、事務のさくらもちには初めて見る世界で。

生まれて初めてその方々の仕事を目の当たりにしたときには・・・・


心の中で・・


拍手喝采


まさに職人芸。



ひとつの物事に打ち込んで、それで生きていくことってスゴイなぁと思うのです。



で、一緒に飲んだ方々の輪にかけてスゴイところは、
ど素人のさくらもちにその分野のいろんなことを教えてくださるということ。


仕事の絡みと、あとは、完全にさくらもちの興味本位なんだけど、いろいろ知りたくて、見たり聞いたり触ったりしてた。ちょこまかしてたわけよ。

ど素人、、邪魔なのよ、普通に考えれば。


自分の技を磨くために切磋琢磨したいじゃん、普通。


でも、すごく丁寧にいろいろ教えてくださった。



「つなぐ」ということ

今日のブログの題名だけど、今日一緒に飲んだ方はさくらもちにそのことを教えてくださった方々だと思う。
「つなぐ」いい言葉。
「つなぐ」大事な言葉。

いろんなことを教えていただいても、私はその方の弟子になるわけじゃない。

でも、その世界の知識は広がる。

自分がその技を身につけなくても、世界が広がる。

広がったら、広がった自分を媒介として、また他の人の世界を広げることもできる。

自分と全然違うバックグラウンドの人と接するって、ステキなこと。



そうやって、自分の世界と人の世界を橋渡ししていたのが、今日飲んだ先輩方。


私もちゃんとそういうことができるように。
自分のことだけでいっぱいにならないように。
ちゃんと発信するのです。
近いところから。


今日の飲み会は、改めて「つなぐ」という存在になるための自分を考えました。

いい飲み会だった
[2010/02/13 23:26 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
ユニセフセミナーを終えて思うこと
15回連続講義のユニセフセミナーが終了しちゃいました。

学ぶことが本当に多かった。
講師陣も素晴らしかった。
ユニセフは子どもの健康と権利をターゲットにしてるけど、その周辺分野のこともたくさんお話いただけたので、大満足。


講義の内容とは全く違った視点から思うこと。

今回講師をしてくださった方々は8割方50代以上の方々だった。
外国人の講師もいたけど、日本人は50代以上が多かったような気がする。


日本の国際協力分野を担っている方々と認識しても間違ってないと思う。


この方々が国際協力に興味を持ったきっかけとなったのが・・・

「自分が子どもの頃援助を受けていた」という経験。

多かれ少なかれ、ユニセフの供給する給食を食べたといったような経験があったみたい。


日本が被援助国だったいう歴史。
日本は途上国だったという歴史。


恥ずかしながらさくらもちはこの視点をちゃんと認識しておらず、セミナーに行って気付いた。
大きな発見だった。


日本という国が豊かな国になったのは最近のことなんだ。。
敗戦して、戦後復興して(勿論東西冷戦の中で地政学的なメリットもあったんだけど)、戦後半世紀で経済大国にのし上がった途上国日本・・・。すごい。
日本の復興ケースって改めて考えてみる価値は十分にある。

そんな日本で生まれた人間として、例えば他の先進国のイギリスとかアメリカとか出身の方とは違ったアプローチができるのかもしれないなぁとふと思いました。


先進国が被援助国になることも、途上国が援助国になることもいつでも起こりうるんだね。



「日本が再びなんかのきっかけで、国連から食料援助を受けることもあるかもしれない。
だから、出来るときにやるんです。お互い様ですから


最後の講師の方がこのように締めくくりました。
いい言葉だなぁ

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/10 22:58 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
なんで行くのか?
今日は改まって書いてみようと思います。



テーマは・・・

なんで青年海外協力隊に行くのか?


独白に近いです。

でも、もしこれからJOCV受験や国際協力分野での職探しを考えている人がいたら、私は全然王道を進んでいるわけじゃないから、こんなふうに奮闘してる一つのケースとして捉えてもらえたらありがたい。


「国際協力業界を見渡す」
これがJOCV受験の一つの目的です。

「国際協力」って日常生活を送っていてもけっこう身近だと思う。

コンビニのレジに「小学校を作るための募金箱」が置いてあったり、あるメーカーのペットボトルの水を1リットル買えばアフリカに10リットルのキレイな水を提供できますってあったり。
ちょっと気にして生活を見回してみればいろんなところに国際協力のとっかかりがあると思う。


そういう募金箱が国際協力の全てじゃなくて、どうしてそこに募金箱を置くに至ったのかということ。


国際協力業界には大きなアクターが二つある。

国連と各国政府


国連の指標や指針をもとに国連の各機関や各国政府(途上国と先進国)がプロジェクトを策定してそれを実施する。
政府主導のものもあれば、国連の指標にもとづいてNGOが小さいプロジェクトを策定して国連から予算もらってやったりもしてる。あとは日本の企業は企業イメージアップのために、レジに募金箱置いたり何かを寄付したりって感じで、政府、国連、NGO、民間企業、個人、研究機関が国際協力業界を構成するアクターになってる。


ざっくりとした区分けだけど、国連、政府、外務省、JICAくらいまでが大きな指標とプロジェクトを考えて、NGO、開発コンサルタント会社が現地のコミュニティレベルに入っていってプレーヤーとして活動するって感じだと思う。


JOCVに行く理由の一つとして、まずはフィールド経験がなければ何もできないと思った。
体を動かして、いろんな人と知り合って、途上国の暮らしをしてみなければ見えてこないものがたくさんあると思ったから。

いまひとつの理由として、私は国際協力分野で働くときにどのレベルで働くことが自分にあってるのか?これを見極めたかった。


業界のおおまかな構成はなんとなく把握はできているけど、それは人から聞いたり、本で読んだだけのこと。実際その業界がどんなふうに動いているのか、身を置いて肌で感じて、どのレベルなら自分が満足できるのかを見極めたい。


こんなふうに考えるようになったのは、会社勤めをした4年間があったからだと思う。

学生時代には絶対に国連か外務省!!って思ってた。マクロで物事を見て、分析してプロポーザルを作って。グローバルレベルで仕事をできるのはすごいことだし、やりがいもある。自分の仕事如何で何千人~何万人規模の人間の生活レベルを引き上げられる。(ま、失敗すればその逆もしかり・・)

学生時代は大きなところから物事を見る視点が強かったのかもしれない。
会社勤めをしてミクロのプレーヤーとして働くことも面白い!ということに気付いた。気付かせてもらった。


もしかしたら、学生時代はミクロで働くことは「使われる」という感覚が強くて馴染めなかったのかもしれない。


4年間の会社勤めで、全部理解しましたなんておこがましいけど、少しは自分がいた業界を見渡せた。
お客様だけじゃなくて、関係会社の人と密に仕事をしたり飲みに行ったりすることも多くて、自分の周縁でどんなふうに働いているのか、どんなことを思っているのかを教えていただいた。それが私にとっては貴重な財産。


現場に入って、数十人レベルの生活向上に資することも、地味だけど、相手のカオが見えるって本当に素敵なこと。
草の根の活動を繰り返していくことで現場でのスペシャリストを目指すのもいい。
その一方で学生時代、民主化について学生運動という切り口から研究していて、大衆の力、大衆によって引き起こすことができる社会変革に感動した。そういう意味ではマクロから切り込むこともやってみたい。



アメリカかイギリスの大学院で開発学のマスター取って、英語もネイティブレベルにまで引き上げてフランス語もどうにかして話せるようになってたら、年齢制限気にしないでJPO試験受けて国連目指すってやり方もあったんだろうけど、今まで自分が歩んできた道のりでよかったって思うから、日本の会社でふつうの会社員した経験は貴重な財産だから、自分のできるレベルで自分のライフプランニングと併せて考えて、ステータスとか収入とかにガチガチにならないように考えていきたいなー。


テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/09 22:47 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
偶然ってあるんだ
学生時代にバイトしていた会社でお世話になった方に会社を辞めたこと、JOCVでネパールに行くことを連絡しました。

ずっとご無沙汰していたので、覚えていてくださるかなぁ?と不安だったのですが。


そうしたらお返事をいただけて

その方は部署が移られて海外事業系の部署にいらっしゃるそうで。


偶然にもネパールに関する案件に目下取り組まれているそう


こんな偶然もあるんだ。



今度お食事に行って、情報交換してきまーす
[2010/02/05 20:20 ] | 国際協力 | コメント(2) | トラックバック(0)
退職してから
どーも無職のさくらもちです。


退職してから、なんだかんだバタバタしていましたが、やっと落ち着いてきた


それにしても会社に行かないってホント変な感じ。

ちょっと長期休みを取ってるような感じがしちゃいます。


ネットで遊んでたら気付くと午前中終わってるみたいなこともあって反省。


でも、無職になって思うこと。

わたしは、


専業主婦は向いてない!!!



なんか、家にいるとグータラしちゃうのよね。
きっとちゃんと自律できてる人ではないと立派な専業主婦にはなれないと思う。


というわけで、なんとかせねば!と思って生活改めてみた。


朝ジョギングは継続中。
走るコースが川沿いなんで、いい感じ。



その後が肝心!!


コンタクトを入れてメイクする!!



いつでも出かけられるようにしてればフットワーク軽くなるもんね


そんなわけで、グータラしない努力をしてます。


ネパール語の勉強も以前よりも時間を割けるようになった。

でも時間はたっぷりあることに慢心しないで貪欲に勉強しなきゃね。
[2010/02/04 20:31 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。