スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
配属先について

Women for Human Rights, Single Women Group

ここがさくらもちの配属先です。

日本語に訳すと「寡婦のための人権団体」で、行政ではなくNGOへの派遣です。




さくらもちのここでの任務はというと・・・


①カブレパランチョーク郡支部の立ち上げ
カブレパランチョーク郡のサヤンパティ村で暮らすことになるようです。
サヤンパティ村・・・
情報は一切ないです。
どんな規模の村なのか・・?
民族構成は・・・?
寡婦の数は・・・?
主な農産物は・・?
行ってからリサーチするしかなさそう

②寡婦グループの組織化支援
寡婦を組織化する必要があるんです。
グループを作ることは開発においてはとっても大事。
一人ではできないことでもグループになればできることも増える。
村レベルの寡婦のネットワークの現状をリサーチせねばね。

③寡婦グループに対して所得向上活動のためのアドバイス支援
一部の村落では手工芸品を作ったりして販売も行ってるそう。
でも、コストが高かったり、品質の問題で作っても売れないという問題点に直面してるらしい。
さくらもちの活動地域がどれほどのものなのかはわからないけど、それに対してアドバイスを行う。

④本部、他の関連機関、ドナー、NGO等との連携
WHR全体の活動を理解した上で、本部でやってる活動をフィールドに落としたり。
外国のドナーからの寄付で運営されてる団体なので、寄付を募りやすい環境整備も大事だと思う。
世界銀行や国連人権高等弁務官事務所ともネットワークがあるので、そちらとも連携をとれるように。




・・・とは言っても支部立ち上げと運営って?

現地の状況がわからないだけに、準備をどの程度すればいいのか?というか何を準備すればいいのか?ということも手探り。
ただ、立ち上げということは、オープニングスタッフということで、裁量もかなりあるはず。
先輩隊員曰く、仕事量はかなり多かったということで、楽しみ


イメージだけど、サヤンパティ村を拠点にカブレ郡の村々を巡回して、フィールド調査、支援をじゅんぐりにしてく感じではないかと思うんだよね。

ということは・・・出張多い???

前職と同じ・・????


たくさんの人に会えるんだろーなー
スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/17 23:13 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。