スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
頼もしい友人
同じ隊次でネパールに派遣される友人とちょっと遅めの新年会をしてきましたー☆


彼女とは、合格直後のオフ会で出会いました。

同じネパール派遣の隊員に出会うこともなかなかできないのに・・・
ネパール隊員が少ないってわけじゃないんだけど、同期合格が800名超いる中で同じ隊次で同じ派遣国の隊員と巡りあうのは結構大変だと思うんだよね。しかも日本全国に散らばってるのにさ。


年の頃もおんなじくらいで、
サバサバしたいいキャラです。
ちゃんと人の意見を聞いたうえで、流されずに自分の意見も言える女性。
しかもかわいい



久しぶりの再会で近況報告と準備の話を延々3時間くらいしました。



彼女曰く・・・
「先輩隊員のいいブログがあったよ。1月に帰ってきた隊員で、女性のNGOに配属されて、カトマンズで仕事してた人なんだけどね。」


え・・・?



それ、私の前任ーーーーーー!!!!!!!!!!!!


私はいくらやっても見つけられなかったのに・・。

前任がブログをやってたことも知らなかったのに・・・。


ほんと、頼もしい同期隊員です。

他にも何を持っていくかとか、お肌のお手入れどうするかとか、ネパール語学習の進歩状況とか。
JOCVは若い人が多いけど、ノリについて行けるか、とか



心構えの話をしていて、意見が見事にピタリと一致したことが一つ。

「私たちって別に全然偉くないよね」ってこと。


JOCVでネパールに行って寡婦のNGOで女性の地位向上の仕事をします。

って言うと、時々「あら、偉いわね。」って言われることがある。


私、、、

私・・・・・

偉くなーーーーい。

私が世界に平和をもたらさなきゃ!とは思ってない。

そんな高尚なスピリットの持ち主ではありません。
言われる度になんか違和感があった。


筋とか義理とか大事だと思うけど、その一方でさくらもちは超合理主義的です。


地球温暖化とか、エイズの蔓延とか、将来的な水不足とか、人口爆発とか、紛争被害とかそんな問題を解決するために、熱く熱い正義感で立ち向かってるわけじゃない。


例えば、
紛争が起こる→夫を亡くし収入源が断たれる女性が増える→生活のためやむなく売春婦になる・若しくはレイプされる(嫌な現実だけど)→交わりを重ねていく上でエイズになる→海外に遊びに行った日本人が現地で女性を買う(これもいやな現実だけど)→日本にエイズを持ち込む→その人が自分の彼氏・夫になる

けっこう簡単な連鎖でエイズになる。

先進国の中で唯一日本はエイズ感染者が増加中。


国際社会を取り巻くいろんな問題って自分の生活の問題に直接関わってくることなんだと思う。

だからやる。

困ってる人を助ける、という気持ちは多かれ少なかれ誰にでもあるわけで。
「助ける」というのもなんだか上から目線で好きじゃない。

「手の空いてる人がやる」みたいな感じかな。

たまたま、私は外国が好きで、健康な体があって、シングルだから身軽でっていう条件が揃ってただけというか。
そう考えてる。


冷たい心って思われるかもしれないけど、熱情オンリーではできないと思う。

仕事だから、情熱と冷静な考えのバランスは必要だと思う。



私はこの分野で仕事をしたい。

紛争被害や環境破壊で困難に直面する人の姿は10年後の自分の姿かもしれないって思うから。


この分野で仕事をするための、修行期間だから、別に全然偉くない。

仕事のために努力する社会人と何一つ変わらない。
仕事だから、頑張るのは当然。
だから、偉くない。


あと、自己保身も兼ねて付け加えるとボランティアする人が全て品行方正でもない。
(勿論品行方正の人もたくさんいるけど)



言葉遣いが悪かったり。

タバコがなかなか辞められなかったり。

たくさん間食したり・・・する。

先輩にタメ口きいたりしたりも・・・・する。

赤信号でも渡ったり・・・するする。

住民税高いよ(怒)って舌打ちしたり・・・・する。



だいぶ話は逸れたけど、さくらもちにはそんな頼もしい同期友人がいるんです。

帰って早速、前任のブログを読みました。

WHRのことがいろいろ書いてあって勉強になりました。
WHRネタはまたアップしまーす。
スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/19 23:16 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。