スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
先輩隊員のブログを読んで
昨日、同期隊員に教えてもらった私の前任の方のブログを読みました。


2年分を全部読みました。
一日かけて。ネパール語の勉強そっちのけです。


全部読んでわかったこと。


①前任者は素晴らしく能力の高い方である。
イギリスで開発学のマスターを取得され、日本の大学で教鞭を取られていたとのこと。
もちろん、研究者でもある。

前回お目にかかった時も感じていましたが、学歴や知識だけでなく、人との関わりあい方も含めて本当にステキな方でした。
そして、さくらもち的には肩の荷が下りたというか・・。
前任を抜かそうとかそういう変な意地を張る必要がないというか。
別に卑屈になってるわけじゃなく、本当にスゴイ方で尊敬してます。
張り合うだなんて、恐れ多いです

配属先も別だし、仕事の内容も全然違うと思う。
だから、私は私のペースでやればいいと素直に思うのです。

ただし、自分の目標として前任の方が本部で作り上げたものをフィールドまでちゃんと落とせるような仕事の仕方をしたい。と思う。
何の為の本部か、何の為の支部か。
相互の情報共有ができてこそ、仕事が動くんじゃないかと思う。


②前任者はWHRの一員であったということ。

当然のことのように感じる方もいるかと思うけど、大事なことだと思う。
私たちは「青年海外協力隊」として各団体・行政に派遣される。
帰属はJOCVなのか?配属先なのか?
他のJOCVの中には配属先と一歩距離を置く人もいる。
勿論これ自体悪いことじゃない。

WHRは寡婦の当事者団体。明確な目標があって立ち上げられた団体で、働く人のモチベーションが高い。
前任の方はWHRの一員として様々な課題に取り組んでいたという姿勢があった。
WHRの活動に十分寄与していた。見習いたい。



会社を辞めてから、けっこう焦りがあった3週間。

でも、先輩ブログを通してなんだか吹っ切れたような気がします。


一生懸命ネパール語の勉強をする。
何の為か?
一人でも多くの寡婦の生活を向上させるため。
ネパール語の勉強ばっかりにならなくていいんだと思った。
一人でも多くの寡婦の生活を向上させるために、日本にいる時間を有効に使う。

気持ちが固まった気がする。
もう揺れない。

・・・と思う、多分。
スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/02/20 23:47 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。