スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
お腹がイタイの巻
もっと自分は行けると思ってた。

そうそうすぐにダウンするとは思ってなかった。。。

さくらもちの、あの強健な胃腸はどこに行ったのか?

貴君は質実剛健な性格で、ミャンマーでもカンボジアでもお腹を壊すなどとというひ弱な一面は一切見せなかったではないか!!!


昨日からお腹を壊し、頭痛、発熱にやられてます


いたいよぉぉぉぉ


おうちに帰りたいよぉぉぉぉ



・・・・嘘です。





ジュニアボランティア14名の中で2番目の早さで、病人になりました。



今生活しているドミトリーには「ビラミ部屋(病人部屋)」というものがあります。
その名のとおり、病人の部屋で、隊員が病気療養に使うための部屋です。


わたくし、同期隊員の中でビラミ部屋第1号になりました・・・


くやしいよぉ。



38度くらい熱がでたので、冷えピタと氷まくらで体を冷やしたかった。
とにかく、リンパのあるところを冷やしたかった・・。


でも、




でもね・・・





ネパールは停電パラダイス


水は水のまま。


アバッセ 氷はない。


冷えピタも冷えない・・。


もちろんエアコンもない。



途上国で子供がちょっとしたことで死んでしまう理由がわかった気がします。




そんな中でも同期隊員がやさしく看病をしてくれたり、ご飯作ってくれたり、心配してくれたり。


同期隊員のダヤマヤ(思いやり)で回復に只今向かっています。

本当に、日本みたいに便利なグッズとか十分な電気とかないなかで、困った時に頼りになるのは人の思いやりや優しさなんだなぁってつくづく思いました。



健康第一。

早く治しまーーす。




スポンサーサイト
[2010/06/27 17:34 ] | 現地訓練 | コメント(3) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。