スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
仕事を整理してみる
タイトルのとおり今日のブログは仕事を整理してみようと思います。

ブログは自分の活動の記録であり、近況報告であり、同期隊員との情報共有ツールだし。

今自分が何をどんな視点でやってるか改めて書いてみてもいいかなーって。
まだちゃんと活動できてないんだけど、ありのままを。


では、さっそく

仕事はダルマスタリ村の支部運営にかかる全般。
・・・といってもなんだかよくわかりません。

最近は先日行ったダルマスタリ村の会合のレポートを英語でまとめています。

この時のリサーチでわかったことの裏付けをするために、近日中にまた村に行って聞き取り調査して、年内のアクションプランの作成の根拠作りをするのが目下の目標。がんばるぞ


問題点として見えてきているのは、「セービングのずさんさ」と「役員のグループマネージメント能力の不足」あとは、村特有の問題として、カースト・血縁関係・教育レベルの違いから来る人間関係の軋轢。

どこの社会でも人間関係は難しいっす・・



当初の予定では、オフィスに3日、村に3日の勤務スケジュールだったんだけど、現在そんなに村に行けていません


早く調査の下準備をして村に行きたいです。


調査に心強い味方ができました
私の活動をネパール人の女の子(18歳・ボランティア)が手伝ってくれています。
ネパール語を英語に翻訳してくれるのですが、英語が苦手の彼女・・・。
でも、ネパール人の考え方とか教えてもらって本当に助かっています。


あと、最近増えた仕事は「トレーニングマニュアル作成のアドバイス」
WHRはいろいろな場所で寡婦に対してトレーニングを行っています。
このトレーニング内容の均一化をはかるために、マニュアル化するという方向で進んでいます。

各セクションが(法律とかマイクロクレジットとか)マニュアルを作って、作り終わったら見せてもらうことになってます。
私の意見を取り入れてくれるそう
ちゃんと納得してもらえるように、根拠をしっかり提示して丁寧に説明しないとね。



そんな感じです。
やっぱり言葉の壁と状況の全体把握まで至ってないので、仕事するのに障害になってるのは事実。

もちろん仕方のないことだし、焦る必要はないと自分に言い聞かせてます。


みんな、地球のいろんな場所にいて、それぞれいろんなことやってるんだろーなー。




スポンサーサイト
[2010/08/31 23:30 ] | WHRの活動 | コメント(2) | トラックバック(0)
家なき子脱出に向けて~アグリーメント&家具購入編
こんにちは。家なき子脱出に向けて奮闘中のさくらもちです。

セキュリティチェックが終わったら次は・・・



契約です。


JICAが作ってくれた契約書にサインをもらうだけなんだけど、それ以外にも大家さんからこんな時はこうしないさい。といろいろアドバイスを頂きました。


門限は8時。それ以降は連絡してね。

だとか、

いろいろ・・・。


というか、何言われてるかわからない?はて?


そんなときは・・・



フンチャ!フンチャ!!(オッケー、オッケー)




と、わかった振り。

ええ、確実に自分の首を絞めています。



まぁ、仕方ないよねー。わかんないし。そのうちわかるようになるさぁ。



今日は家賃3カ月分を現金で手渡しして。

気持的には80万円くらい持ち歩いているような感覚。どきどき。


そのあとは家具屋さんに行って、ベッドとか、テーブルだとかを買って。

もう、こちらも50万円くらい払ったような感覚です。


家具屋さんでは、かなり粘ってお値引きの交渉。
かなり値引いてくれました。わーい。


こっちに来て早2ヶ月。
洋服のお値引き交渉から始めたさくらもちも、ついに家具の値引き交渉までできるようになりました。

いやいや成長したものです。しみじみ。


さて、次はカーテンとカーペットを調達しにいかなきゃー。
今度はオーダーメイドです。
ちゃんとできるかな??



只今リニューアル中の我が家
RIMG1118_convert_20100830022549.jpg


[2010/08/29 23:03 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
家なき子脱出にむけて-セキュリティチェック編
今日は家のセキュリティチェックでした。


そして、


OKをいただきました。


この家の2階部分です♪
RIMG1127_convert_20100828144638.jpg





JICAのセキュリティチェックは念入りです。
写真撮って、大家さんに付近のこと事細かに聞いて、けっこう時間もかかります。

でもこれも安全のため。


あとは契約書を取り交わして、家具を買って、荷物まとめて、お引っ越しです♪


家具を買うのが楽しみだけど、お金のことを考えると・・・。はぁ

まぁ、仕方ないです。


目標としては・・・

地方同期隊員がカトマンズに上がってきた時に落ち着ける空間を作ること!!!


家なき子脱出に向けてがんばります!!!

[2010/08/27 23:43 ] | 日記 | コメント(3) | トラックバック(0)
家がみつかった!!!!!
家探しに明け暮れていた今日この頃。


正直、ドミトリーでの生活がしんどくなってきていました。


ネットも使えるし、同期もいるし、とても快適で。

贅沢な悩みです。


でも、いつ自分の家が見つかるかわからない状況にちょっと疲れていました。
そして、なによりも職場まで遠い。



先日救急車で送ってくれた同期Yちゃんのホストファミリーから

「家があったから見においで」

との吉報が☆


その前日には強欲大家に遭遇していて、心折れていたので、今日こそは素敵な家でありますように・・と期待を込めて行ってみました。


ちなみに前日に出会った強欲大家は
「他のネパール人が1000ルピー高く出してもいいから、ここに住みたいと言ってる。でも今この場で決めないと他のネパール人に貸す」
・・じゃあ、そのネパール人に貸せばいいじゃんと言ったら、俺は日本人にやさしいんだ。って。
「そんな予算じゃカトマンズのどこにも住めないから、今決めなさい。」
・・6軒くらい見てまわったけど、私が提示してる額は相場かちょっと高いくらい。
「家具は全部自分で買いなさい。でも2年後はおいていきなさい」
たかっているようにしか思えないんですけど・・。

そのほかにもちょっと気になることがいろいろあったので、お断りしました。



まあ、そんな強欲大家さんのお蔭で、家を借りる時のポイントとして

大家さん大事。

ということがわかりました。



そして、ホストのダイ(お兄さん)が連れて行ってくれた家は、職場から歩いて15分くらいのところで、ダイの家のすぐ近く。

しかも3カ月前まで日本人男性が暮らしていたとのこと。

しかも何よりも大家さん、いい人みたい。


最初、予算オーバーな額を提示されて。


こんなにいい家だから、私住みたいけど、ちょっと出せないから他の人に譲ります。


って言ったら20分くらいの沈黙の後、いいよ。って。


4000ルピーも負けてくれました。


家具が何もなくて、全部自分でそろえなきゃいけない負担はあるし、もしかしたら今まで見た家のほうが客観的に見たらいい物件があったかもしれない。


でも、もう・・・


家がほしい。



安全面では、大家さんと同居だし、2階部分だし、大通りからそこまで離れてないし、お医者さんだから何かの時は頼りになりそうだし、グリル入ってるし、犬いるし、多分セキュリティーチェックはクリアできると思う。



やっと落ち着けそうです。


セキュリティチェック、クリアできますように。。。

[2010/08/22 20:01 ] | ネパールあれこれ | コメント(2) | トラックバック(0)
村の会合に出る
最近、涼しいカトマンズからさくらもちです。

朝夕はだいぶ涼しくて、長袖着ようかな?と悩むくらいの気候です。



今日は私が活動するダルマスタリ村の女性グループのミーティングを見てきました。


メンバーからミーティングに来なさい、来なさいと言われていて、行くつもりはあったんだけど、なかなか行けずにいました。



今まで行けなかった理由。

ミーティングは毎週土曜日に開かれる。

ネパールは週休1日。土曜日だけがお休みです。
ということは、休みの日も仕事になるということ。
休日出勤も厭わないんだけど、さすがに自分の生活が落ち着いていないこの1,2カ月に休みをつぶすのはしんどかった。



ミーティングは朝7時から8時まで。

・・・どうして、こんな時間設定になるのかね???
基本的にネパール人の朝は早い。
5時くらいから起きだして、お祈りしたり、ご飯作ったり、お茶用の牛乳買ったりしてる。

日本の感覚にしてみれば、7時に起きた人が9時に待ち合わせる感覚なんだろうなー。

それにしても、カトマンズから1時間くらい離れた村。
7時に村に着くためには、5時半にバスに乗って、一回乗り換えて、7時について、そこからまた少し山道登って。


そんな理由で行けてなかったんだけど、自分的にも少し落ち着いてきたし、今日は月に一度の貯金の日だしと思って、5時に起床して行ってきました。



いやーー。遠かった。
朝早いので、あんまりバスがなくて。
でも、朝早い山はきれいでした。
今はまだ雨季だから雲がかかってるけど、これから乾季になったらもっときれいになるはず。


さて、ミーティングのほうはというと、7時過ぎについたけど、誰もいない。
・・・やっぱりね。


7時半くらいにみんな集まり始めて、お金を納入していくかんじ。

ここのお金の取り扱いも問題になってたから、現状把握をしたかったのです。

ここのグループは月に20ルピー(日本円で30円くらい)を集めています。
会員が100人くらいいるから、今日も1900ルピー位集まりました。


で、このお金を銀行に預けてるんだけど、誰も何のために貯金してるのかわかってない!!!

記録がずさん

未払いの人を確認できない

グループのために使えない(公平性の観点から)

プールだけがたまっていく。

たぶん、共同貯金っていう習慣自体は村に根付いてるるんだけど、どうして貯金するかのもともとの目的が不明確もしくは、目標設定されないまま、なし崩し的に始まってしまったんだよね。


今日早速行ったら、この混沌とした状況をどうにかしてくれ。

と、言われました。


初日にできないよ・・・

スーパーマンじゃないんでね。


エクセルでデータ管理でもしたらいいんだけど、そもそもPCないし、字読めないし。


これは前途多難。


[2010/08/21 23:27 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
救急車のお世話になる
タイトルのとおり。



救急車のお世話になりました。




・・・って言っても病気とか怪我じゃないんです。




同期隊員Yのホストファミリーの家に遊びに行きました。

家が見つからない私は困り果てていて・・・

そんな時に同期Yちゃんが「さくらもちの職場の近くにホストファミリーが住んでるから、もしかしたら紹介してくれるかも!!」と。

ホストの方も「とにかく一度おいで。話をしよう」と言ってくださいました。



とーーーーーってもいい方で、日本語も少し話せて、何よりも人柄の良さがにじみ出ています。



そんなこんなで、その方のおうちでご飯をごちそうになって、おしゃべりしているうちに時刻はもう9時。



カトマンズの9時はもう深夜です。


人も歩いていません。


歩いているのは、軍、警察と犬と牛くらいなものです。



ホストの方は「タクシーを捕まえてくるからちょっと待っててーーー!!」


と言って、私と同期Yを残してどこかに行ってしまいました。



しばらくして、


「いい車があったぞーーー」


表に出てみると・・・・



救急車がある





彼曰く・・・


タクシーよりもこっちのほうが安全だから。


彼は病院に勤めていて、その病院の救急車だそうです。

確かに夜にタクシーに乗っていると、銃を持った軍に止められていちゃもんつけられたり、何かと面倒があるらしい。

その点救急車は軍もパス。

「どう?救急車すごいっしょ??」って。


職権乱用という言葉が頭をよぎったけど。

それ以上におかしくて。



それで、救急車乗ったら、けが人がいるし・・・。


え??搬送途中???


RIMG1112_convert_20100822152534.jpg


いえいえ、違いました。

この方も病院のスタッフで「お前も乗ってけよ」と言われただけだそうで。



合理的だよ、ネパール人。
[2010/08/19 23:07 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
バンダになった
ネパールでは時折、



バンダと呼ばれるストライキがあります。


交通機関がストップしちゃいます。




で、ついに来ました。



今日ネパールに来てから初めての




バンダ


になりました。





政治的な抗議なので、浮ついた気分ではいけないんだけど、普段あんなにたくさんいる車がいないってどんな感じ?とちょっとドキドキ。


バンダの日はネパール人はどうやって生活するんだろう・・?っていろいろ興味がムクムク。





で、道路に出てみたら、車はほとんどありません。


軍・警察車両と救急車、ツーリストバスくらいしか走ってません。


あと、水を運ぶ車も通行が許可されてるみたいでした。



あとは、自転車。



検問を強行突破したバスにはこれどもかってほど人が乗ってましたが、敢え無く軍に止められて乗客全員降ろされてました。あまりの物々しさに写真撮れませんでした。





そんな私も仕事に行かねばならず1時間半歩いて行ってきました。



なんか、ムキになって歩いてみました。


強硬突破バスに乗ってもいいんだけど、いつも以上にドアから人がはみ出ていて、私のようなシロウトが乗るのはかなり危険。



死にますか?それとも歩きますか??






・・・・はい、歩きます。



職場に行ったら出勤してたのは半数くらい。


先日「トレーニングのレポート仕上げておいてね。」って言われたけど、

今日行ったら、バンダがあったから別にいいよーーって。



バンダの効力すごい。



物事がすべてストップするバンダ。



夕方になったら若干警戒が緩んでいたのでパチリ。
いつもだったら激コミの午後5時。
シンハザルバール(官邸)の前で。
RIMG1109_convert_20100822153533.jpg



今回は1日だけだったけど、連日やったら大変です・・。


[2010/08/15 16:22 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
空室ありますか??
空室ありますか???



カリ コタ チャ????



今日30回くらい、この言葉を口にしました。




いまだに家が見つかりません。

一軒いい部屋があったのですが、セキュリティチェックでひっかかり入ることができませんでした。

ボランティアが借りる部屋のJICAのセキュリティチェックをすることになっていて、これをクリアしないとなかなか住めません。

今回のいい物件も近くで犯罪が起きていたこと、大家さんと同居でないことなどが理由でクリアできませんでした。
安全を考えれば当然なんです。



で、家がない。。。。



もう、こうなったら・・・


一軒、一軒訪ね歩くしかない!!




同期隊員に手伝ってもらって、住みたいエリアを歩き回り。



あ!この家いい感じ☆



って思ったら、ぴんぽーーん。



「カリ コタ チャ??(空室ありますか?)」





日本で、ぴんぽーーんって鳴って、ドアを開けてみたら、外国人が立ってて

「部屋あいてる??」って。

なかなかない光景です。



同期隊員はこの作戦で、部屋を見つけることができました。


なので、私も!!!!




でも、一日歩きまわって収穫なし。

そもそも空室がない。



一軒だけ見つけた家はとってもよかったのですが、予算オーバー。


偶然にも道で出会った日本人女性に「家を探しているんです」とこぼしたら、知り合いが知ってるかもって。
心強い。今の私の命綱。



焦らずに見つけようと思って、一か月が過ぎました・・・。


そろそろどこかに腰を落ち着けたいものです。



家がない・・・涙
[2010/08/14 20:39 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
PRADAデビュー
ネパールは悪路。


穴ぼこだらけだし、雨が降ればすぐに道は浸水。



そんなわけで、お気に入りのサンダルの底がベローーンとはがれてしまいました。



しかも、、会社で。



帰らなきゃいけないのに、これじゃ、危なくて帰れない。



致し方ありません。

アロンアルファないしなぁ。。


ここは、仕方ないけどセロハンテープ



職場の人に「日本人は金持ちなんだから、タクシーで帰ればいいじゃん」と呆れられながらセロハンテープで靴を修理。





職場の近くにバトバティーニスーパーという高級店があります。『地球の歩き方』には「ネパールのセレブが集う店」と書いてあるようなお店です。




バトバティーニで靴を買おう!!

セレブが集う店で、サンダルを買おう



るんるん♪



バトバティーニは品ぞろえ豊富です


グッチも、プラダもブランド物もたくさんあります。



かわいいPRADAのサンダルを買いました
ちゃんと「PRADA」って書いてあるでしょ☆


RIMG1107_convert_20100814112514.jpg


570ルピー(日本円で620円くらい)の
ビニール製のニセモノ




でも、かなり履き心地よしです。



壊れたサンダルは、道端に「カサ・クツ修理」のおじさんが座ってるので、おじさんに頼んでみようと思います。

ちゃんとなおるといいなぁ
[2010/08/13 23:12 ] | ネパールあれこれ | コメント(2) | トラックバック(0)
日本のNGOに行ってみたの巻
先日のタリムではいろいろな出会いがありました。



その中で日本のNGOのネパール駐在事務所で働いているというネパール人女性とお知り合いになることができました。


ネパールを援助する日本のNGOがどんなことをしているのかとっても興味があったので、今日はそちらを訪ねてみました♪



特にクラフトのフェアトレードの仕組みがどうなっているのか、気になるところをいろいろと教えていただけたので、勉強になりました。



フェアトレードも、「フェアトレード」を売りにするのではなくて、もうデザイン性とか高品質とか、一般の市場に出しても競争力で見劣りしないものが求められる時代。


私の配属先もメンバーの寡婦がバッグやら、お財布やらを作っているけど、もうひとつ頑張れれば。といった感じ。

なんとかできたらいいのになぁという想いから今日は突撃訪問しました。



えーーーっと。


感想は・・・だいぶテコ入れしないと海外に売り出すには難しいかな・・・?と感じました。

あっでも、かわいいのもあるよ☆

市場は海外だけじゃないし、国内需要も狙っていけばいいと思う。

それでも・・・



品質とデザイン!!!



ここです。

ここをがんばりましょ!!






今のネパールはみんなの目が外国に向いてる。

お金を儲けるためには外国に行くしかない。

市場がないから、外国に売ればいい。

みんなが外国に行こうとしてる。

ヒトもモノも。


手っ取り早い方法。

だって今のお金がなかったら、今のご飯も今の生活もできないから。


ただ、少しでも多く、自分の国に目を向けたら、ネパールの国力が強くなるんじゃないかな・・。
[2010/08/12 23:31 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
タリムしゅーーーりょーーーーー
5日連続のタリム(トレーニング)がやっと終了しました。


どっと疲れたーー。でも、これといって何もしてないんだけどねぇ。



5日間トレーニングをした会場はこんな感じ。
RIMG1097_convert_20100810004618.jpg

窓ガラスが割れてます。屋根が崩れてます。
裸足になって川を渡らないと行けない場所です。
それでもみんな5日間来てくれました。しまいには、メンバーでない人も来てたけど・・。


トレーニングはこんな感じ。
みんな明るく、楽しくやってました。
RIMG1098_convert_20100810004718.jpg
メンバーは一生懸命話を聞いてました。
ネパール語がわからない女性も来ていました。ネワール語しかわからないそうです。
2年前にご主人を亡くされて、白いサリーに白いサンダルを身につけてました。

私の配属先のWHRは「寡婦の人権を守ろう」という団体で、今までにいろんなアクションを起こしてきました。
そのひとつは「レッド カラー ムーブメント」というものです。
ネパールの寡婦は「不吉な存在」と考えられていて、白い衣装を身につけ、化粧もしない、祝い事に参加できない、家族の中で一番下の地位に置かれるといったことがあります。
ネパールでははお祝いごとの象徴の色で、結婚式やそのほかの節目のお祝い事でよく赤いサリーを着ます。でも寡婦はそれができないような社会的強制力が働いてます。
夫の付属物としてではなく、夫が亡くなってからも一人の女性としての人生を歩めるように。そんな想いが設立者にはあるんだと思います。

カトマンズで生活していて、伝統的な寡婦の姿を見ることをあんまりなかったのですが、今回のトレーニングでその方にお目にかかって、いろいろ考えるところがありました。

どんな想いでその方はご主人が亡くなってから生活してきたのかな?
まだ20代だそうです。
苦しかったのかな。しんどいことが多かったのか。それともそうでないのか。



5日間のトレーニングはWHRのスタッフが担当しました。
組織作り、人権について、貯蓄について、収入向上、スキルアップなどなど。
WHRのスタッフの講師っぷりの素晴らしさに感嘆しました。
私もいずれはそんなふうにならないといけないけど、大丈夫かなぁぁ。

一方的に教えるんじゃなくて、メンバーに考えてもらうようにしてて勉強になりました。
でてきた意見を大切にしようと思います。
RIMG1101_convert_20100810004823.jpg
グループ作業中。ズボンはいてるのがスタッフで教えてます。
後ろの野良犬がいるのが、ネパールの農村らしいかな。



今はネパール、雨季です。
雨が降ったら、ヤギが雨宿りにきました。
教室まで入ってきました・・・。
RIMG1100_convert_20100810005032.jpg







5日間のタリムで自分が先方から求められていることが、ちょっぴりだけわかった感じです。

・・・私のネパール語翻訳が間違ってなければの話だけど。


ダルマスタリ支部の運営を軌道に乗せること。
識字率、人権意識、収入向上。あとはリサーチ。

今週からリサーチに行こうかなーー。





最後に。
去年の今頃、JICAから二次試験の合格通知を頂いた。
1年あっという間。自分が今ネパールにいてネパール語を話して仕事をちょっぴりだけどしているのが不思議な感じ。

驚くくらい、いい環境に恵まれて、やってこれた。
初心を忘れずに。
限られた2年間、しっかりやっていこう。






[2010/08/09 23:42 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
只今タリム中
配属されてから、なんだかバタバタしてるなーーと思ってたら、


ビッグイベント。



5日連続、タリム



5日間連続でメンバーの寡婦に対してキャパシティビルディングのトレーニングです。

休みなしです・・。

でも、メンバーの現状と問題点をあぶりだして行く作業で、私は聞いてるだけなんだけど。本当に勉強になります。終わったら英語でレポート書いてね、と言われてるので、必死です。。



レポート書かなきゃっていう理由だけじゃなくて、どんなふうにトレーニングやワークショップをやってるのかっていうのも興味があったので、発見だらけ。
WHRのスタッフのファシリテーターっぷりもすばらしくて、勉強になってます。

そして、寡婦の意見を吸い上げられる場にいさせてもらってることも本当にありがたいです。



とはいえども・・・・


多分、今かなり重要なことを話してる。

これを理解できたら、今後の活動の役に立つってことが・・・・





理解できない。。。





ネパール語がわからない・・・・。





神様、翻訳コンニャクをください。






と切に願う、トレーニング3日目の夜です。。。。



明日もがんばろーーーーっと。




[2010/08/07 23:57 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
ビューティーパーラー初体験
ずっと気になってたもの。





ビューティーパーラー




だって、女子ですもの。




美には、ついつい興味がわいちゃいます。




でも、「ビューティーパーラー」って何??




街のいたるところに「ビューティーパーラー」があります。


寡婦の収入向上のために、「ビューティーパーラートレーニング」なんてのもあります。



ネパール暮らしが長い人によると「エステみたいなもんよ」。




エステか。


うむ、エステならば。



体験せねば!!!



配属先のメンバーが「ビューティーパーラー」のスキルトレーニングを受けたことがあるとのことで、

「やってあげる」と言われました。



なんて、


なんて・・・


☆タイムリー☆



さっそく仕事が終わってからやってもらいました。




ネパールエステ♪エステ♪


何が始まるのかな~


マッサージかな~♪


るんるん。





なぜか、屋上に呼び出され、デッキチェアみたいなのに、座らされ、よくよく見たら。。。






糸をくわえてます・・・・




ちーーーーん




これってさ、台湾とかにもある・・・



あの、、、




顔そりじゃないの・・・・?



糸を使って産毛を切るやつ。




いいえ、産毛を絡みとり、抜き取るやつ・・・・。






えぇ、もちろん、今更逃げられません



だって、ついさっき
「マライ ビューティーパーラー デレイ イッチャ チャ。クシ ラギョーーー♪」
ビューティーパーラー気になってたの。うれしーーー♪」

って言っちゃったもの・・・








仰向けになって、瞼とおでこを上下にひっぱって、眉毛を整えてもらいました。


ま、この姿勢自体、日本のエステでは考えられないんだけどね。


そこは、ネパール。



痛くて、涙が。


ぽろり。


いいえ、ぼろぼろ・・・。




これにも慣れるのかなーーーー????



楽しかった



出来栄えはなかなか
[2010/08/04 23:40 ] | 美容 | コメント(0) | トラックバック(0)
上を見上げたら・・・
ネパールに来てから、下を見て動くことが多いような気がする。



だって、野良犬は道端に寝てるし・・・


道路は穴ぼこだらけだし・・・・


ゴミはたーーーっくさん落ちてるし・・・・




地方隊員の配属が始まって、続々と同期隊員がドミトリーから各任地に旅立って行ってます。

ドミトリーが昨日今日とってもしずかです。



ドミの屋上に行ってみました。


3階建ての屋上です。



上を見上げてみました。




満天の星空でした。



頭の上に、「これでもか」ってほど星が輝いてました。



びっくりしました。



下ばっかり見て歩いてたけど、頭の上にはこんなにも星があったんだなぁと。


カトマンズに来て1カ月以上経って、慣れた生活。


それでも、同期隊員がそれぞれの任地に行ってそれぞれ活動を始めて。


また新しい生活が始まる。


不安なこと、心配なこと、歯がゆいこと、ないわけじゃないけど。


一歩ずつ、ゆっくり進んでいこうと、カトマンズの星空が思わせてくれた、そんな夜です。



明日は、仕事として初めて、ダルマスタリ村に行きます。


私が精魂込めて、支部運営をしていく土地。


カム ガルネベラ エックダム ジャルリクラ サンガイ カム ガルネ マンチェハルライ マヤ ガルネ ホ。


だから、マヤ ガルツ マン バタ。




ちょっとセンチメンタルな気分です


[2010/08/01 23:22 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。