スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
仕事仲間
私の第二のカウンターパート、サシです。
RIMG1455_convert_20101202012452.jpg




本当のカウンターパートはセントラルオフィスのリージョナルセクションにいます。

ですが、現場に行った時はサシと一緒に仕事をすることが多いです。

彼女はダルマスタリ寡婦グループの書記をやっています。
グループの中で一番志が高く、やる気もあります。

わがダルマスタリ寡婦グループは民族が入り混じっていて、少し皮をめくると足の引っ張り合いだったり、悪い噂があったりと人間関係的は良好とは言えない部分も少なからずあります・・


でも、それでもサシは諦めることなく、悪い噂を流されながらも本当に一生けん命やってくれます。
時には意見が衝突して彼女と喧嘩をすることもあります。
でも、彼女の朗らかさにいつも助けられます。

彼女には2人の息子さんがいらっしゃいます。上の息子さんは学校に行くため少し離れたところに住んでいて、今は下の息子さんと二人暮らしです。

家も大きいわけではありません。畑も自分たちの食べるものを作るので精いっぱいで換金作物は作れません。唯一の現金収入は2頭飼っている牛のお乳を、毎朝離れた街のホテルに売りに行って稼ぎます。
どんなに貧しくても教育が大事!という信念を持っていて、2人の息子さんを私立の学校に入れ、今は大学に通わせています。学費は相当なものだと思います。上の息子さんの学費は1カ月で4000ルピー(5000円)、下の息子さんは750ルピー(900円)。日本円にしたらそれほど大きな金額ではないけれど、毎日彼女がミルクを売って稼ぐのが1日200ルピー。しかも下の息子さんは大きな病気をして先日手術をしました。今もたくさんの薬を飲んでいます。

周囲に借金があるということは雰囲気からなんとなくわかります。でも彼女は一度も私に対して「お金がないから助けて」「日本に連れて行って」とは言いません。

そんな彼女が私にアルファベットで書いたメールを送ってくれました。初めてのことです。彼女は英語は喋れません、アルファベットも不自由です。でも一人で英語を勉強してやっとアルファベットが書けるようになって、私にメールをくれたんです。


本当に嬉しかった



前向きに生きる彼女の姿に多くのことを学びます。
いえ、学ばせてもらっている最中です。


しかも2人の息子さんも本当にいい子です。

上の息子さんは「お母さんは今までたくさん苦労したから、もうそんなに苦労を背負いこまないで。僕がちゃんと学校を卒業していい仕事に就いて楽させてあげる」と。
PC関係の勉強をしている彼から日本で仕事ができないかと相談されました。決してビザ目当てではなくて、もし日本で働くとしたら、どんなPC関連の仕事があるのか?それともアメリカとかのほうがいいのか?と。
人をあてにしているのではなく、自分の力を最大限に生かせるのはどこなのか?という前向きな姿勢に感動しました。

下の息子さんは朝5時に起きます。サシが牛のミルクを搾って売りに行っている間に、朝ご飯の準備(ご飯を炊き、畑から野菜を採ってきて、お惣菜と漬物、スープを作ります)と部屋の掃除、洗濯をします。「お母さんが働いてるから、当たり前だよ」と。


ネパールに来ていろんな家族を見る機会に恵まれました。
そして、思います。
彼女と亡くなった彼女のご主人が築いた家庭は本当にすてきだな、と。

スポンサーサイト
[2010/11/30 23:14 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
ジャパン フェス
今日は日本大使館主催の「JAPAN FESTIVAL」がありました。

日本文化やテクノロジーとJICAの活動を紹介しましょう、というものです。

私もJICAブースに配属先の手工芸品を展示販売させてもらいました。

RIMG1526_convert_20101129233700.jpg



手工芸品、職場のボスからもっと売れるようなデザインのアドバイスができないか?と前々から言われています。

そもそも、デザイン以前の問題として、品質も安定しないし、作っただけで満足してしまっている風潮はどうにかならないかなぁ??と思っていました。

このJAPAN FESTIVALには他のJICAボランティアの配属先からもいろいろなものを出品していたので、ここは他を見てもらって刺激を与えよう!!
という企みもありました。にやり

RIMG1522_convert_20101129234402.jpg
養護学校の生徒さん達が作ったものです。
停電天国のネパールでは、ろうそくは欠かせません。
こんなかわいいろうそくなら気持ちが楽しくなる


IMG_2179_convert_20101129233543.jpg
ドイツのファウンダーが作ったNGOの作品です。シニアボランティアの方は指導されています。
作ったものはドイツに輸出されるそうです。さすがにクォリティーも高い!
デザインもすばらしい。フェルトの作品で、ほのぼのします。
かわいいから、買っちゃいました

他のグループがどんなことをしているのか知るいいきっかけになりました。


そして、わがブースはというと・・・

意外と大盛況でした。

これにはびっくり

お客様の7割がネパール人、3割が日本人。



・・・・ということは?


私が個人的に「この商品、残念。」と思っていても、


ネパール人感覚からすると・・・・


「かわいーー!!」

ってことになるのかね??



わかんなーい


ネパール人の感覚わかんない
[2010/11/27 23:28 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
ぜいきんのつかいかた
日本では仕分け人が仕分けている昨今。
ちょっと忙しくてブログをお休みしてましたが、元気でやっとります。

さて、今日は思うところがあって税金の話。


「草の根無償資金援助」という外務省の資金援助スキームがあります。

この趣旨というのは、1000万円を上限として途上国の援助の届きにくい住民、団体に対して即効性の高い援助を行い、草の根レベルで支援を行うというもの。

そもそも「草の根」という言葉は80年代までの開発が開発のしやすいところ(首都圏、幹線道路に近い場所、先進国がアクセスしやすい住民)に対してしか行われてこなかったことに対する反省から生まれた言葉。
もっと援助の届きにくい地方部、英語等が話せない住民、非識字者、身体障害者への援助を行うことで初めて途上国の底上げができるのではないか?というスタンス。

で、この「草の根」にフォーカスした「草の根無償資金援助」に途上国地元住民がアプライしようとする。
すると笑えるくらいおかしな矛盾が生じる。

①書類は全部英語で提出しなければならない。
ネパールを例に考えるならば、英語が話せる人間は高学歴の人。例えば身体障害者のケア施設や支援するNGOにハイレベルな英語が堪能な人は少ない。
②資金の20パーセントは自己負担。(1000万円の建築物なら200万が自己負担)
お金がないから資金援助をお願いしてるのでは・・・?
③書類がめちゃくちゃ細かい。
字が読めない、書けない人に過去3年~5年の会計報告書とその不明部分の指摘を英語で文書にしてください。赤字の妥当な理由を提出せよ。・・無理じゃない??

そうすると結局この資金スキームにアクセスできる人って英語が堪能なスタッフがいて、ある程度自己資金がある大規模NGOか行政ってことになる。



・・・草の根だよね??



でも、これもすべて税金。納税者の理解を得るためには仕方ない。
外務省の考え方わかる。
数字で客観的に理解できる、妥当性のある援助でないと納税者の理解が得られない。
まったくだ!!
納税者の目は厳しいのです。特に昨今は。


でも、ふと思う。
私も含め、私たちは成熟した市民社会の中で生きているんだろうか?
先進国の懐の深さを途上国に見せられているだろうか?
自分たちの払った税金がどのように使われるのか、しっかりとアンテナを張る姿勢が成熟してきていると思う、今の日本社会。
でもそれはすべての使途を明確にして、タイトな会計にすればそれでいいのだろうか?
「先進国」と位置づけられる国の住民として、粋な姿を他国に見せられているだろうか?



無秩序な援助、お金を乞われてほいほい渡すような国になればいいとは断じて思わない。
それでも、すべてを自分のベクトルで判断して、きっちりやるだけでない税金の使い方があってもいいよね、なーんてちょいと考えられる幅があってもいいのかなと思う。


その分協力隊員の私の存在はしっかりと仕事をしなくてはいけない部類に分類されると思う。


欧米礼賛じゃないけど、やっぱり欧米はNGOが強い。投資みたいな感じでポンとドネーションを渡して「やってみんしゃい」って雰囲気。
途上国からすると欧米の人は度量が大きいなぁと思うのかしら・・?


欧米NGOのドネーションと日本のODAはそもそも援助の在り方として根本的に違うから並べて比較することは難しいけど、途上国の人にしてみればそれは「NGO」なのか「ODA」なのかなんて詳しくわかんないしねぇ。
フォーカスされるのはどの国から来たのかという部分。


日本のプレゼンスを考える時、モノをあげました、資金を援助しました。だけじゃなくて、一緒に仕事をした人たちの心にもどんな日本人とどんなふうに仕事をしたかって印象としてのこるはず。
それもプレゼンス。


パキスタンのブット元首相が使った意味でなく、欧米人が使った「エコノミックアニマル」という言葉がふと頭をよぎった。
[2010/11/25 23:05 ] | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
サティ アヨ
学生時代の友達が日本から遊びにきました。

嬉しいよぉぉぉぉ

彼女のお父様も一緒です。

待ち合わせ場所で彼女を見つけた時の喜びといったら!!

馴染んだ顔にこのネパールで会えるっていうのは、ホッとするものなんだなぁ。
街をスキップしたくなるくらい嬉しかったです。


彼女たちは初のネパールだそうです。
海外経験が豊富なお父様と友人から「カトマンズは安心できる街だね、雰囲気がいい」と言っていただけました。
この言葉が心の底から嬉しかったです。

ゴミが多いだとか、排気ガスがひどいとか、そんなマイナスな一面もあるけれど、やっぱり私はカトマンズが好きなんだなぁ。としみじみ。


おみやげを頂きました。

もとい、


救援物資。



RIMG1438_convert_20101120120906.jpg




ふりかけとか、エビのお煎餅とか、そして・・・白玉粉。



まつりだー!!!


和菓子祭りだぁぁーー。



大福でしょ、白玉あんみつでしょ、それからそれから、お汁粉でしょ。

街ゆくネパール人に見せびらかしたいくら嬉しかった。


4日間の滞在予定。精一杯、カトマンズをご案内しまーーす。


[2010/11/19 23:04 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
にっき
たまには一日の活動報告。

7時起床
朝食前にチヤ(お茶)を一杯。至福のひと時です。
洗濯。もちろん洗濯板を使って手洗いです。最近、水が冷たくなってきたよ
朝食にパン・スープ・りんご。
最近カトマンズはリンゴとみかんが旬を迎えてます。


9時自宅を出発
今日はダルマスタリ村で作業の予定。バスを二本乗り継いで。


11時ダルマスタリ村到着。
今日は途中道が混んですごい時間かかった。いつもは1時間半はかからないんだけどなぁ。
さて、今日もセービングの記録の整理。

オフィスには誰も来てない。今日はボランティアスタッフと寡婦メンバーが来るはず。
引き出しを開けたらセービングのノートがない・・・あれ??
ボランティアスタッフに電話。
今日は風邪をひいて来れない。更に彼女が勝手に今までのセービングの記録ノートを持ちだしていたことが判明。
ノートがないと仕事ができません・・・ガーン
そういえば、寡婦メンバーも来ないぞ・・?
電話。
今日は稲刈りだから行けない。ってさ。

そっかー、稲刈りかぁ。
今日はノートもないし、稲刈り大事だし、仕方ないねぇ。なんくるないね
私一人だねー。
仕方ないので、今までやりたくてもできなかったこと。

「情報の可視化」に着手。

グループなのに情報が共有できていないことが変だなってずっと思ってました。
そういうわけで、掲示板に情報を張り出す準備。
折り紙とか色鉛筆を使って。


そうやって一人で作業してたらいろんなお客さんが来ました

来客その1
ヤギ
ひぃーー勝手に入ってきた。おじちゃんが、ごめんねーって抱えて帰ってゆきました。

来客その2
近くの学校の女の子外国人が珍しいらしく、ひとしきりお話して、折り紙で鶴を折ってプレゼント。8歳。かわいかったです。

来客その3
ブタ。かなりでっかいブタさんの来訪でヤギの5倍ビビる
またしてもおじさんがごめんねーって棒で叩いて追い出してました。

来客その4
高校生男子2人組やはり外国人が珍しいみたい。自分の英語がどのくらい通じるのか試したい?のかな?一生懸命英語を話して帰っていきました。
私、ネイティブじゃないんだけど。。。へたっぴな英語でごめんね

来客その5
酔っ払ったおっちゃん。奥さんは畑で稲刈りしてるのに、昼間っから酔っ払ってる・・。
働け、おっちゃん。
ひとしきり「オレの第二夫人にならないか?」と。
オレの第二夫人になったらいかに楽しいか、と。
おっちゃんに告ぐ。
働け。


仕事なんだか、そうでないのかわからない時間を過ごした後、グループの書記係の家に遊びに行きました。稲刈りのお手伝いをする約束をしていたので稲刈りを1時間ほど。
労働の御褒美に、「モイ」と呼ばれるものを御馳走になりました。
ヨーグルトのうわずみみたいな飲み物です。
彼女の家で飼ってる牛のお乳から作ったものらしいです。

・・・あやしい。危ない匂いがします。

臭い。「熱したのか??」と確認したけど曖昧。

でも飲むしかない。

マグカップ一杯飲み干しました。

お腹痛くなったら仕方ないねー

4時ダルマスタリ村を出発

5時半帰宅
大根を村で頂いたので、しかも厚揚げを買ったばっかりだったので大根と厚揚げの煮物。お味噌汁そして日本米で久しぶりに和食ごはん。


7時 残りの仕事片付け
オフィスに行ってないのでできなかった事務仕事。レポート書いたり、メール送ったり。


11時 ブログ更新。今に至る。


読書して12時に寝まーす。


今日の嬉しかったこと
① ネパール語で子供とよどみなく話せたこと
② 夜停電がなかったこと
③ 「モイ」を飲んだけど今のところお腹痛くなってないこと。
[2010/11/16 23:10 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
バイニが
「バイニ」ってネパール語で「妹」という意味です。

血のつながった本当の「妹」の意味もひとつありますが、もうひとつが近しい年下の女の子のことも「バイニ」と呼びます。


そんなわけで新卒の同期隊員のことをバイニと呼んでます。


そのバイニがやりました!!!



彼女はカトマンズの環境対策の仕事をしています。

ゴミ削減のNGOに出入りして活動をしていて、エコバッグの普及のためにネパール人と相談して、ああでもない、こうでもないといって、お金を一銭も使わないでエコバッグを作っていました。

そして、それを外国人が多く集まるイベントでお披露目したところ・・

なんと、、、、


大口の発注が入ったそうです!


うれしーーー


活動を開始して間もない頃から、自分の信念貫き通した結果です。

「バイニの活動」っていうアドバンテージなしにしてもいい品だと思います。



ちょっと、見てみて~

IMG_2067_convert_20101114204941.jpg

新聞紙を使ったエコバッグです。
写真は英字新聞のものだけど、ネパール語新聞のものもあります。
ネパール語の新聞紙で作ったバッグなんて外国人にしてみれば、珍しくて、心揺さぶられちゃったんでしょうね

持ち手のところは布の切れ端をもらってきて作ったそうです。
IMG_2085_convert_20101114205418.jpg
アクセントになっていい感じ


これが普及してカトマンズのゴミが少しでも減ればいいなぁ。

カトマンズのレジ袋の使用はハンパないです




今日このお知らせを受けて幸せな気持ちになりました

私の活動はというと・・・
難易度高いことを次々と突きつけられ、できないよ
それ、協力隊の仕事じゃないよ
なんてふてくされたりする今日この頃。ちょっと物事をネガティブに見ることが多かったかな、と反省。

バイニの活動に励まされ、私も「できない」じゃなくて「とりあえずやる!」




[2010/11/14 21:11 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
イタリア人きたー!!
「ダルマスタリ村に寡婦のためのリハビリテーションセンターを作る。」


これが私の要請内容です。

そのためのいろいろな準備が今しなくてはいけないことです。


内容的にはマイクロファイナンスの管理、リーダー養成、オフィス立ち上げのための人材育成、勤務形態を決定などなど。


喜ばしいことにイタリアのとあるNGOがこのプロジェクトの興味を持ってくださってるとのこと。

イタリアから視察の人が来ました。
RIMG1425_convert_20101113233455.jpg


このイタリア人を村まで連れて行き、状況を説明し、土地を見せ。

営業みたいでした。

寡婦が抱える苦労や問題を訴え、ダルマスタリにリハビリテーションセンターを作ることのメリットを伝え。

これって私の仕事なの?

これって協力隊の仕事なの??

と、疑問を抱きながら。


協力隊員というより、スタッフの仕事みたいでした

[2010/11/11 23:16 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
収穫ですよーー!!!
もう11月ですね。

ネパールはお米の収穫の時期を迎えています


収穫の時期はとっても忙しいみたいです。

家族総出で、もしくは近隣同士・親戚同士で助け合っての収穫です。



ネパールの農業はほぼ手作業です。

機械を買うお金も少ないし。
広い農地もありますが、それと同じくらい棚田も多いので、完全機械化は難しいかもしれません。


そういった事情もあってみんなで農作業です。

RIMG1429_convert_20101113230118.jpg


RIMG1428_convert_20101113230828.jpg

・・・ところが、男性は働かないんですよねぇ

「ネパールの男性は働かないで、オシャベリか賭け事ばっかりしてる」

というのをネパールに来る前から聞いてました。
私は寡婦と仕事することが多いのであまり男性に関わる機会がありませんでした。
なので、この言葉の真偽はよくわからないまんまでした。

でも、農作業の風景を見ていて、確かに女性たちが稲を刈ったり、脱穀したりするのを見ましたが、男性はかたまっておしゃべりして、女性の作業には我関せずといった感じ。

農作業は女性の仕事って感覚なのでしょうか・・?

男性の意見を聞いてみたいものです。
[2010/11/10 22:52 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
日本の援助
今日は活動の話。



私の配属先は寡婦の自立支援と社会的地位向上を主な活動としています。

といってもいろいろなプロジェクトがあるのですが。


いろんなものが不足しています。

夫が死亡して嫁ぎ先から追い出されてしまった寡婦のシェルター、職業訓練の場所、カウンセリングを行う場所。

彼女たちに安定的な居場所を供給することが必要なんです。


いろいろとご縁があって、日本の援助を受けられないかと団体から発案があり、今日はアプライしているプロジェクトの説明のために日本大使館に行ってきました。


ネパールのNGOの物事の進め方と日本の行政の物事の進め方。

だいぶ違います。

話を進めるのがけっこう大変でした。。


うまくいくといいのですが。。。

うまくいくように祈るしかないですね。


大使館から出てきて、見上げた空はこんなにきれいでした。
RIMG1421_convert_20101109233515.jpg

[2010/11/09 23:51 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
やっぱり、和菓子
さて、先日作った「こしあん」の続きです。


奮闘の末出来上がった「こしあん」をいかに使うか??

悩みました。

作戦その1
和菓子の基本、おまんじゅうを作る

作戦その2
大福を作る。あのモチモチがたまんないのよね



私の嗜好としては、



大福>おまんじゅう



しかし、白玉粉が手に入らない。米粉でいけるという未確認情報もあり、戸惑う。

しかもどのレシピを見ても「電子レンジ」が必要とのこと・・・。

電子レンジ持ってないし・・・



ここは、無謀なチャレンジ精神は胸の底にしまって、今できる最高のことをすべき!

というわけで、、、

作戦その1を敢行しました。



以前購入した蒸し器が大活躍



できあがり。
IMG_2018_convert_20101109233416.jpg

意外と簡単にできました
[2010/11/08 23:14 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
まつりだ、ティハール最終日
今日はティハールの最終日です。

今日はタメルに行ってきました。

ぶらぶらと買い物の予定でしたが、タメルに入るとなんだか騒がしい。


大音響の音楽が・・・


ステレオ積んだ車。
RIMG1412_convert_20101107233151.jpg



踊り狂う人。
RIMG1413_convert_20101107233326.jpg



裸の人までおるーーー!

RIMG1411_convert_20101107233250.jpg





こんなのカトマンズではありえません



よくよく聞いたら、今日はネワール民族の新年だそうです。

そして、ネワールの人たちが大音響で踊り狂っていたようです。
ネワール民族の人はお酒を飲むので、お酒も入ってたみたいです。


シラフであのテンションだったらすごいよなー



タメルの中心に曼荼羅が描かれていました。

かなりおっきなものです。
RIMG1414_convert_20101107233454.jpg



曼荼羅、いいよね
一枚ほしくて、今日はタメルを見て回ったけど、高くて・・・。

安いのは、、残念なのが多くて。


しばらく、曼荼羅探ししよーっと



~お祭り最終日の夜に~
只今夜8時。
我が家の庭が騒がしい・・・。
何かと思って外に出てみたら、庭で人々が踊り狂ってます。
爆竹も飛び交ってます。
踊れ、踊れと促され・・・沈。
寄付もマグヌされました。
ま、痛い出費だけど、お祭りだからねw
[2010/11/07 21:09 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
狂おしい欲求

あんこがあれば・・・

おまんじゅうが食べられます。

大福も作れるかもしれない。

おしるこもいけます。

あんこがあれば・・・

あぁもう、めくるめく世界が広がります




・・どうしても、



あんこがほしい!!!!



でもねぇ、売ってないです。さすがに。

仮に売っていたとしても高額です。
そんな、私のめくるめく世界への欲望をあざ笑うかのような足元を見た値段に違いない。


・・どうする?

どうする?私!


諦めるか?

2年間、あんこのことは考えず。

「大福」という言葉は脳内から一掃してしまおうか?



・・・そんなことできないわ(涙)

今だって、和菓子屋さんのHP見てウットリしてるのに・・・。



こうなったら・・・・

作ろう!!!



早速、お店に行って、「小豆」のようなものを買ってみた。

どうも「小豆」ではないようなんだけど、赤くて、比較的小さい豆を選んでみました。


豆は豆だ。

しかも赤いのだから、「小豆」のいとこくらいの関係だろう。


大丈夫、問題ないさ。


次、作り方。

見よう見まねで。クックパッドを参考にしながら。

茹でて、圧力なべで圧かけて。

どうせ作るならやっぱり


こしあん

ざるでこす。

腕も折れんばかりに、力いっぱい1時間くらい。

そうすると何やら、こしあんっぽいものができてきた。


仕上げにこしあんっぽいものとお砂糖とお塩と茹で汁をお鍋に入れて、焦げないように混ぜる混ぜるそして、混ぜる。



なんと、、、、


ちゃんと「こしあん」ができちゃった


RIMG1399_convert_20101107021023.jpg

写真だと分かりづらいかな?
ちゃんとこしあんになってます。


あまりにも嬉しくて、同期に電話しそうになりました。


嬉しいな♪

クシ ラギョ♪

これで、おまんじゅう作れるぞー!!

どうにか白玉粉を手に入れて大福を作りたいぞーーーーー!!!!


[2010/11/06 23:52 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
まつりだ、ティハール
今日から3日間「ティハール」というお祭りです。

ティハール。
「光の祭り」ともいわれます。
ティハールの前から電飾をつけて家やお店をライトアップする光景が見られました。

そして、今日は祭り一日目。
なんだか、いろんなものがお祭り仕様です。
大家さんが私の家の玄関にお花をかざってくれました。
RIMG1398_convert_20101106230953.jpg

このお花、お祭りの期間、いたるところで売られています。いろんな家の軒先にかかっていました。

日中外に出てみると、なんと犬までもが花輪をぶらさげています
RIMG1394_convert_20101106230652.jpg


玄関から侵入者かあった模様!
RIMG1397_convert_20101106230908.jpg


ラクシュミ神が家に富をもたらすそうで、この足跡はラクシュミ神のものだそうです。
なんか、かわいらしい。

さて、夜は以前お世話になっていたネパール語の先生の家にお邪魔してティハールのお祭りに参加させていただきました。
お祈りをします。
RIMG1396_convert_20101106231123.jpg

写真の中央にあるお花の絵は色がついた粉を作って自分で描くのだそうです。

この日は先生は朝から断食だそうです。そしてやっと夜ごはんが食べられるそうです。
私もいただきました。おいしー!
RIMG1395_convert_20101106231042.jpg


ミルク粥、ヨーグルト、タルカリ、お菓子、ドーナツみたいなもの。
ティハールではお肉は食べないそうです。

先生の家からの帰り道。夜7時半。いつもなら暗くてあまり人も歩いていないけど、今日はたくさんの人が出歩いて、ライトアップを見学します。
花火もあがるし、そこかしこで爆竹が破裂します。
・・・これはちょっと怖いかな。

夜中まで爆竹と歌声が響いてました。


[2010/11/05 23:04 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。