スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
6か月・・節目。
こっちに来て6カ月になりました。

ちょうど4分の1が終わったことになります。


早かったと思います。あっという間です。


うーん、ちゃんと何かを残せてるか?と自分に問うても・・・

もちろん!!とは言えません。


ダルマスタリ村に何か進展あったか?

明確な物事の打ち出しもその実行にも至っていないのが現状。


焦りつつあります。



でも、今日はそんなことも含めて、進まないことも、少しは進歩したことも全部ひっくるめて、6か月を振り返って。


やっぱりここに来てよかったなぁと思います。


いろんな人に出会い、多くの気付きがあり、与えられたものに感謝。


ここにきて、いろんな場面で感じること。

やっぱりこの国は貧しい。

貧しいってどういうことか?

「欲しても得られない」

ってことは、ひとつの貧しさなのではないかと思う。


お金があれば、技術があれば、病気が治るのに。

外国で学びたいのに、ネパール国籍だというだけでビザの取得が難しかったり。

世界のどこかにあるのに、それを得られないということ。

日本にいたら簡単に手に入るもの。お金を出せば手に入るもの。

そういうものが手に入らない。


それが、不幸か、悲しみか?

一方では悲しみだと思う。


でも、私がこの半年で気付いたこと。

ここの人たちは強い。

困難に、諦めに強い。


苦しいことがあってもそっと心の奥にしまって、笑顔で優しさを持って人に接する。



いつも気持ちのいい笑顔をしている寡婦メンバーに今まで何人、何十人に会ってきただろう。

でも、仲良くなって話を聞くと、泣かれたことが何度もあった。

自分の苦労を顔に出さない、そんな強さ。

本当にすごいと思う。

その人の労苦を知って、彼女の笑顔を見ると、泣きたくなるほど愛おしくなる。


だから、頑張ろうと思う。

だから、笑顔で頑張ろうと思う。


村の人間関係のイザコザも、計画性のないところも、土地の調整も。

なんでもやってやります!!
スポンサーサイト
[2010/12/22 23:34 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。