スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
カトマンズの見どころ~ヒマール編~
日本から姉が遊びにきました。
うれしーーー。たくさんの日本食を持って。
そして、噂には聞いていたけど食べたことのなかった「桃ラー」を携えて

4日間の滞在でカトマンズを案内しました。

このブログでもまだ、カトマンズの観光名所をあんまり紹介してなかったので、数回に分けてご紹介。

第1弾は、もちろんヒマールから。
「ヒマール」はネパール語で「雪が年中かぶってる山」の意味です。
ちなみに雪がかぶってないのは「パハール」と言います。

11月から2月くらいまではカトマンズの街中にいてもヒマールは見えます。
北の空をちょっと見上げるとヒマールが見えるのです。
なんて、ステキ

今回はカトマンズから少し足を延ばして「ドゥリケル」という場所に行きました。
ここはカトマンズから2時間くらいの場所。
お正月に遊びにいったホテルに泊まりました。
テラスからはヒマールの絶景が。
このホテル、丘一つすべてを所有してるので、ホテルの敷地内の一番高いところに登って、サンライズを見るのが最高なんだそう。

ネパールに来るまで、正直あんまり山には興味ありませんでした。
でも、その価値観、ガラリと変わっちゃいました。
7000メートル8000メートル級の山って本当にすごいです。
「神様の世界」みたいな感じ。

IMG_2314_convert_20110308104557.jpg

写真では言い表せません。

一生に一回は見ることをオススメします。
そして、家族に見せてあげたいと思います。
姉に見せられてよかった。
スポンサーサイト
[2011/02/18 10:01 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
すーちゃんが来た
すーちゃんが来ました。

先輩隊員のネコちゃんを5日間お預かりすることになりました。

ネコ好きのさくらもち。でも、ネパールには極端にネコが少なくて、更に感染症の恐れがあるので、野良猫には触れないように、と言われています。

かわいいネコを街で見かけても、指をくわえて見ているだけ・・・。


でも、すーちゃんが来たのです。



夢のような日々


しかも実家のレオ様に比べてずっとネコらしいネコでした。

膝の上に乗ってくれたり
ベッドにもぐりこんできてくれたり


実家のレオ様は必ず私から1メートルの距離を置いて、睨んできたもんなぁ
レオ様は家の一番いいソファを自分のベッドにされていらっしゃったもんなぁ
添い寝なんて妄想の世界だったもんなぁ。

すーちゃん、かわいすぎる。

IMG_2248_convert_20110226143652.jpg



うっとり。

またキャットシッターやりたいなぁ。
[2011/02/15 14:30 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
同期が見に来てくれた♪
同期の村落隊員(地方に派遣中)がカトマンズに来ていた機会に乗じて、私の活動を見てもらいました。

最近「半年の壁」を感じる今日この頃。
行き詰まり、仕事に行くのがいやになってしまったり。

今日は月に1度のセービングの日。
いつも以上に大事な日でした。
というのも・・・
一つは今まで準備していた預金通帳(パスブック)をメンバー全員に配布すること。
これは昨年の11月を目標に取り組んできたことでしたが、やっと配布に至りました。

パスブックの配布だけじゃなくて、メンバーにパスブックがどうして必要なのか、失くしちゃいけないよ、といったことの話をするのです。

そして、もうひとつはメンバーに対してグループ強化のために話をすること。
字を読めないメンバーが大半なので、絵心のない私がスケッチブックに絵を描いてメンバーに説明しました。

グループ強化といっても、明確な答えがなかなかありません。

まずは、どこにどのように進んでいったらいいのか私自身も本当はよくわかっていない状態。こんなことで大丈夫なのかしら?と不安になるこの頃。

とりあえず、今日は寡婦でもひとりひとり抱えてる苦労は違いますよー。って話をしました。
現在わがグループは100人を超える大所帯。
物事がなんにも進みません。なので、ニーズに適した小さいグループを作りたいなぁと考えていて今日はこんな話をしました。
みんなちゃんと話を聞いてくれました。
よかった。

マイクロセービング業務のほうはパスブック、管理帳簿を新たに導入して大混乱でした。
列を作る、順番を待つ、相手に譲るといったことに慣れていないメンバーたち。
ケンカしてましたよ・・・。

今日は私も一緒に帳簿の記録に加わったけど、いずれはメンバーだけでできるようになるといいなぁと思っています。
22-1螳ョ蜴滂シ域搗關ス・雲convert_20110224185532
[2011/02/13 18:47 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
浮気・・そして同棲
やっぱり遠距離、日本とネパールでは心は離れてしまうものかもしれない。

会いたくても、ハグしたくても近くにいない。

停電ともなるとスカイプでも会えない。


決して嫌いになったわけじゃない。
一緒にいた時よりも愛おしい。



でも、




でも、このネパールで出会ってしまった。



「スー」に。


今度の月曜日からスーと一緒に住む予定。


スー。




先輩隊員のネコちゃんです。





数日預かることになりました。

やったーーー!!

ネコちゃんとのラブラブ生活。
たのしみー。

抱っこして、おいかけっこして、おもちゃで遊んで。
考えただけで、鼻息が荒くなってしまう。。

実家のレオ様、すみません。
決してレオ様のことが嫌いになったわけじゃありません。

レオ様
125_convert_20110215200915.jpg

[2011/02/11 20:12 ] | 日記 | コメント(2) | トラックバック(0)
最近買ったもの
こちらに来てもう7カ月。

感覚がネパールに染まりつつあるような気がします。

最近衝動買いをしてしまったものをご紹介。

歩くと光るスリッパ。
RIMG1801_convert_20110212023318.jpg

お店のおじさん曰く「停電の時便利でしょ」
赤いライトがつくんです。
決して何かを照らすわけじゃないんだけど・・
どうしようもないね。。。


おさかなポシェット。
RIMG1796_convert_20110212023232.jpg

親戚の子どもにあげようと思って。
ワタシ的にはかわいくて一目ぼれだったんだけど、日本の人はどう思うのかな?


正直、こっちに来てすぐの時はネパールの商品は「残念!」て思うものが多かった。
それが最近では「キュン」と思う商品に出会うことが多い。
これは、ネパールが発展してきてるのか?
私の感覚がおかしくなってきてるのか?

誰か教えてください。

おさかなポシェットはかわいいですか?

それとも残念ですか?
[2011/02/08 19:54 ] | ネパールあれこれ | コメント(3) | トラックバック(0)
ホームパーティー
ネパールに来て、ホームパーティーにお呼ばれすることが多くなりました。

外食よりも安上がりだし、自分の好きな味が食べられるし、のんびりできるし


やっとテーブルも買って人さまを招待できる家になったので、私も初ホームパーティーです。


寒いのでおでんが食べたくて食べたくて。
おでんパーティーです。(ホームパーティーっていうか、家飲みか。)

茶飯のおにぎり作って。
おでんの具はというと・・・
大根(こっちで手に入ります!ちなみに20年前位に日本人が大根をネパールに広めたそう)
タマゴ(これは王道です)
厚揚げ(高級スーパーで奮発して買った!)
ソーセージ(水牛のソーセージを入れました、ネパールらしいかな)
ちくわぶ
これはねぇ、さくらもちの手作りですよ!
小麦粉と白玉粉1:1で、作りました!!
自分で言うのもなんですが、美味でした。

おでんサイコー!!
RIMG1797_convert_20110212023125.jpg


おでんだけじゃなくて、みなさまが、お漬物やサラダ、ちらし寿司、カレーなど差し入れてくださって、大興奮!!おいしかったー。

ホームパーティー万歳。
[2011/02/05 23:22 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
現場で働くということ
現場で働くことの現実って日本にいる時はなかなかわからない。


最近感じることは「教育を受けていない」ということ。
それがどういうことなのか、わかっているつもりでもなかなか現実として体感できる機会は少なかった。特に日本にいるときは。

だから、自分が想定する「教育を受けていない」ということと現実のギャップに戸惑うことがある。。

活動でマイクロセービングに必要な預金通帳をセントラルオフィスにお願いしていたけれど、在庫と予算がないと言われてしまい、じゃあ、手作りしようと思いました。

エクセルで作ってしまってもいいのだけれど、今後自分達で作りたいと思った時にパソコンではできないので、不格好でもいいから自分の身の丈で作れるものを自分たちの手で作ったら自信につながるかな?と思って。

内容は他愛のないもの。
紙は3枚。
1枚目、表紙「シングルウイメングループ 貯金グループ」と書く
2枚目と3枚目は同じ内容で12カ月分の預金額と残高額、会計係のサインを書く欄を作るというもの。

まずはA4の紙を半分に切ってください。
・・・カッタ―が使えない。
字が書ける人に表紙を書いてもらう
・・・字が曲がる
枠の中に1月、2月、3月・・・って書いて。
・・・枠におさまらない。

「教育を受けている」というのは単に字が書ける、読めるだけじゃない。

学校教育の中でいろんなことを多角的に学んできたのを当然だと思ってるのに気付かされました。

その人達の視点に立って考えることをわかっているつもりでまだまだ全然わかってなかったなーって、改めて気付かされました。

きれいにできないと、とっても悲しそうな顔をしてしまうメンバーたち。

ゆっくりやればいいさー。
ちゃんとできてるさー。

[2011/02/03 23:38 ] | 現地活動 | コメント(2) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。