スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
憲法の行方
5月28日は暫定憲法制定議会の有効期日でした。

さて、憲法はできていない。

議会はどうなるのか?




議会の3カ月の延長。



現首相のカナル首相(統一共産党)の退陣が条件となりました。


噂によると憲法の原案は大方できてる模様。

ただし、党間調整がうまくいかないため前進しないとのこと。


党間調整の大きな一つのトピックとしては、「マオイスト兵士の軍統合問題」。


反政府軍だったマオイスト兵士を国軍に統合するか否かの問題です。

マオイストはもちろん統合されたい。部隊ごと。個人個人で採用されるのではなく、部隊で統合されたい。
コングレスは積極的でない。マオイストに現行の兵士採用基準を適用して採用したい。
・・すると、学歴のない農村出身のマオイストははじかれたり、マオイストの中では幹部クラスだった人が降格したりする。。。

難しい問題です。
あとは道義的に、殺人を犯した反政府軍に再び武器を持たせるのか?といった議論もある。


これがうまいこといかないことには、和平への道のり、憲法制定の道のりは遠い。というのが大方の見方です。
スポンサーサイト
[2011/05/28 19:38 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
キャンドルメイキングのフレーム作り お約束編
キャンドルメイキングの運営で私が力を入れたいと思っていたことは、私がネパールを去った後も、ずっとこのキャンドル作りが続くような枠組みを作ること。

そのために何が必要かと考えると 「ルール」だと思った。

そう。

今までのグループの活動を見ていると場当たり的な運営が多い。

セービングにしても、とりあえず20ルピーを集める。準備も規則もなしに。
それで、後になって問題点が露呈して、ケンカになったり、余計大変な作業が増えたり。

しかもこのルール作りの重要性を痛感したのは

「ヤギ食べちゃった事件」


がある。

私が来る1年前に外国人が村の女性達にヤギをプレゼントした。
「ヤギ銀行」とも言われるこの援助。

ヤギをプレゼントして、村の女性はそれを育て、繁殖させて、売ってお金にする。そして、生まれた子ヤギは次のメンバーに引き継ぐ。そしてまた同じことをする。

一見よくできたフレーム。

でも、ヤギをプレゼントされた後、グループでは何も決まりを作らないままヤギの貸出を始めた。
罰則も、管理責任者も置かぬまま・・・・

で、一人の女性が生まれたヤギも自分のものにして、さらにお金に困ってたので、全部を売り払ったり、食べちゃったりした。

ヤギ銀行の終焉



みんなが不満を言うけれど、グループ役員も責任は感じてない。

当の本人は「だってお金がないんだもん」で片づける。
もちろん、謝りません。


時々感じます。

全体的とは言わない。他の国や地域の人が同じだとは言わない。

でも、少なくとも、私が一緒に活動している貧しい寡婦の一部は「貧しい」ということをすべての「免罪符」として使う節がある。


貧乏だから仕方ない。

貧乏だから、お金のある人は分け与えて当然。


ここの部分は考える部分が多くあるので、またの機会に書こうと思います。


話がだいぶ逸れてしまいました。

とにかく、キャンドルメイキングのフレームを確立させるために、ルールを作りました。

蝋燭型を寄付された4つの寡婦グループの役員を呼んでジョイントミーティングを開きました。

蝋燭作りセットの貸出期限、破損・紛失の際の対処、役員が負うべき責任、などなど。

管理台帳も作って、その記入の仕方も指導しました。


最初は間違いもあるだろうし、試行錯誤が続くと思います。

でも、ゆっくりと根付くといいと思います。
[2011/05/28 13:17 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
まさかの寄付
突然だったけど、なぜかデンマークの基金から村の女性に対して寄付がいただけることになりました。


あららら・・?


キャンドルメイキングシステムの設備投資のお金をどうしようかしら・・?

と思っていたところの申し出でびっくりしました。


フェイスブックで私が働くWHRの活動を見て、キャンドルの型を買ってくださると言ってくれました。


しかも、1つのグループに二種類の型。これをトレーニングを行った4つのグループに対して!!


ありがたーーい。

キャンドルの型を一つだけ買って、4つの村で共有するとなると、重いし、運ぶのも大変。しかもろうそくを作るためには、型だけじゃなくて他の周辺機器も必要。

これを4つの村に不平が出ないように準備するのに、どうしようと悩んでいたところでした。

・・・トレーニングだけして、後に続かないパターンか??

と心配していたところでした。

キャンドルの型はデンマークの基金にお願いすることにしました。
そして、トレーニング中に作ったろうそくも順調に売れて、この売上で周辺機器を4つの村に買えることになりました。


4つの村、それぞれに「キャンドルメイキンググッズ」を配布できそう。

さてさて、準備がんばるぞー!!
デンマーク人が表敬した時のもの。

RIMG2157.jpg
[2011/05/27 15:55 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
バンダ三昧
暫定制憲議会の有効期限まであと2日。


今週はバンダ(ストライキ)ばっかり。


「明日はおれたちのグループ、バンダしちゃうかんね!」
と宣言したグループが、夕方には、

「やっぱ、バンダやめとくわ・・」

・・となったり。

「もちろん、俺たちはやるぜ!」


っていうのもあったり。



当日に雨が降ると・・・・


「やっぱ、今日はやめとくわ、雨降ってるし・・」



となったりする。


政治が荒れて生活に支障がでるって、日本ではあまり経験したことがないような??


お店が閉まって、公共交通機関は動かなくなる。
でも、裏道に入ればお店も空いてるし、バスが動かなきゃ歩けばいいや~。



・・・と思っていたのですが。



制定期限を前にして、ちょっと政治グループも気持ちが高ぶってるようで。



家の近所で市民と政治グループが小競り合いになり、車が燃やされたそう。




「バンダなのに、なんで、車なんか運転してんだよーー???」


みたいな因縁をつけられたのでしょう。



・・しかし、市民の財産が守られないのね、バンダ。



ひどいもんです。










ちなみにですが・・・





この一年、国会で議論した時間。



95分だそうです。



601名の議員さん。

1カ月の給料、総額1億円。



・・・ギャグですか?




[2011/05/26 10:05 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
お釈迦様の誕生日
5月17日(満月)は「ブッタジャンティ」というお釈迦様のお誕生日でした。

ネパールにはお釈迦様にまつわる見どころがたくさんあります。
ブッタ生誕の地「ルンビニ」。
ネパール最古の仏教寺院「スワヤンブナート」
とにかくでっかい仏塔を持つ「ボーダナート」

ネパールはヒンドゥー教徒が多いですが、仏教徒もけっこういます。ネワール族の一部も仏教徒。チベットから来た人はチベット仏教。

今日はお釈迦様のお誕生日をお祝いするため、ボーダナートに行ってきました。



ボーダナートはカトマンズの中心部から東に約6キロ。
ボーダナート近くになると、お祭り騒ぎ。

RIMG2082.jpg

「ハッピバースデー トゥー ブッタ」と歌ってる人がいました


いつにない人ごみです。
RIMG2116.jpg

学生たちのパレード


私、個人的にボーダナートが大好きです。
満月の夜はバターランプに火を灯します。

RIMG2063.jpg


震災からの早い復興をお祈りしてきました。


ボーダナートは街中にドドーンといきなり仏塔が現れる感じです。
その「でん」としておっきさになんか安心します。
RIMG2104 - コピー
[2011/05/17 16:19 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
憲法はどこへ・・?
5月28日。

今のネパール暫定議会の有効期限です。

この議会、憲法制定のための議会ですが、本来は昨年の5月28日までに憲法を作らなくてはいけなかったのが、制定に至らず、一年延長して今年の5月28日までです。

ところが、どうやらできる気配にありません。

そんなわけで、早期の憲法制定を求めて、もしくは自分の政治グループの主張をするため、ここ最近は「バンダ」と呼ばれるストライキが多くなっています。

日本のストライキは会社の組合が業務をボイコットするのが一般的ですが、こちらは政党が主導して党員や政治グループ支持者が行います。
道路を封鎖して、物流を止める、公共交通機関も飛行機以外はストップ、お店を開けると圧力をかけられ損害を被る、果ては車を壊すなど。

今のところはそこまでひどい状態ではないので、夕方になればお店は開きますが。

カトマンズ市民は口ぐちに言っています。
「ネパールの政治家は私腹を肥やすことばっかり。」
「憲法が決まらないのは、憲法が決まったら新たな選挙で議席を失うかもしれないから。政党間の調整が困難っていう芝居をうってるだけなんだよ」
「電気も十分にない、ガソリンも不足、水も少ない、仕事もない、いい思いしてるのは政治家ばっかり。」

この話が本当かウソかは別として、
確かに生活が圧迫されているのは事実。

ガソリンを入れるために一日ガソリンスタンドに並んだり。

電気がないから工場の機械が思うように使えなかったり・・。

バンダのせいでお店を閉めるから、不可抗力で営業時間が短くなったり。

市民の不満が爆発しないのかが心配です。

でも、お国柄なのでしょうか。
「どうする?どうしようもないね~」を連発しています。


[2011/05/13 15:26 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
キャンドルメイキングトレーニング(本編)

3日間のトレーニング。
私は運営側として、トレーニングの始まりにアイスブレーキングをしたり、なんでこのトレーニングをするのか、みたいな話をしました。


そして、時間通りに来てくださいと10回くらい言いました。
ほんとは100回くらい言いたかったけど

時間にルーズなのよねぇ。多分ネパールだけじゃなくて、どこの国もらしいけど。

「10時に来て」というと11時以降にきます。
「10時ぴったりに来て」というと概ね10時くらいに来てくれます。

この「ぴったり」って大事よ。

「タッカ」
と言います。
「タッカ10時にきてね」

タッカ。



タッカ。。



タッカ ダス バジェ アウヌス ハイッッ!!!
タッカ ホ!!!
(10時ぴったりに来てね。ぴったりだかんね!)






そして、ろうそく作り。

人の話を聞く、順番を守る。ということが極端に苦手な村の人。
大丈夫かなぁ?と思ってましたが、意外にもトレーナーの話をちゃんと聞いてくれました。

やっぱり興味のあるもの、実際に自分の体を使って参加するものだと、集中度が高いみたい。
RIMG1908 - コピー

手順を聞いたら早速実践。
RIMG1905 - コピー



出来上がったろうそくはこちら。

RIMG1918 - コピー


大量にできました。



最終日にはセントラルオフィスからも視察が来ました。

みんなでパチリ
RIMG1959 - コピー

いろいろあったけど、やってよかったなー。。

さて、トレーニングだけで終わらせてはいけないぞ!

実際の収入につなげられるようにしなくっちゃ!!
[2011/05/05 22:19 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
キャンドルメイキングトレーニング(準備編)
3月9日から11日までの3日間、村のメンバーに対してろうそく作りのトレーニングをしました。

この話は昨年の年末からでていたのですが、違う仕事に翻弄されたり、私がジアルジアで寝込んだりで、なかなか進みませんでした。

やっとこぎつけました。

グループの書記係と会計係がろうそくの作り方を知っていて、現金収入のために他のメンバーにトレーニングをしたい、と言ってくれたのが事の始まりでした。

基本的に私の配属先のNGOは本部オフィスが村の女性達にトレーニングをする。という形をとっているので、現場から声が上がって、資金援助だけをもらい、あとは自分達でやるというのは初の試みだったのです。

NGO本部の期待も大きかったのか、なぜかポンと20000ルピーの予算がつきました。
ちょっとびっくり!


村の女性達は「事務」という仕事をあまり知りません。
そりゃそうです。
畑仕事で今まで生計を立ててきた人たちなので。
ところが、本部NGOは村グループの役員をNGOスタッフとして、ゆくゆくは雇用しようと考えているのです。村のオフィスを建設し、そこで働いてもらうということです。

私の仕事の一つはこのオフィスのセットアップです。

そのために「事務仕事」を教えるというのも大切な仕事です。

今回、20000ルピーの予算がついたため、「事務仕事」を教えるいい機会となりました。

予算をとるために何をしなければいけないか?
プロポーザルを書きましょう。
プロポーザルには何を書けばいいかな?
なんでこのトレーニングが必要なの?
どのくらいの人達がハッピーになれる?
お金はどのように使うの?
どんなスケジュールでトレーニングをするの?
お金を使う時は絶対に領収書が必要だよ。
領収書って何だろう?
いろんなことを記録として残さなきゃいけないよ。

一人でやればすぐに終わる仕事ですが、3週間くらい、かけてゆっくり指導しました。

それでも根付くには至っていません。

村人に事務仕事を教える。
これはなかなか大変なことです。

ビスターレ(ゆっくりと)やっていくつもりです。

[2011/05/04 22:12 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
スイカの季節
スイカの季節といえば・・・7月、8月でしょうか?

カトマンズでは4月あたりからスイカが出回りはじめてびっくりです。

ネパールのスイカは日本のようなまんまるではなくて、ちょっと細長いです。
RIMG2133 - コピー


4月ごろからこのスイカを切り売りするおじさんをよく見かけるようになりました。

自転車にスイカをたくさん積んで、後ろの荷台に切り分けたスイカをのせて。

もちろん蠅よけのネットも完備。

ファンキー。

RIMG2131 - コピー




スイカ屋さん。日本にはないわー。

一切れ15ルピーで一口大に切ってくれます。

塩も常備してあります。
RIMG2134 - コピー


ところが、この塩、聞いたら塩だけじゃないそう。




なんと・・・




トウガラシと塩。


・・・だそうです。

おいしいのかな?スイカが辛くなるってことよね?

おいしいの?



ドキドキ



さすが、ネパール。

あっぱれです。

今度挑戦してみようと思います。
[2011/05/03 14:30 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
頑張らなきゃなぁと思うこと
今抱えている事案で、非常に考えさせられること。

私の活動先のフィールドで非常に経済的に厳しい寡婦がいるということで、どうしようか頭を悩ませています。

彼女はまだ29歳でお子さんを3人抱えています。2年前に夫が死亡して、嫁ぎ先から子供と一緒に追い出されたそうです。住む家も耕す畑もなかったところに学校の先生が古い家を提供してくれてとりあえず住むところは確保できている状態。
市民権の登録もしていないので、一般的な公共サービス、銀行サービスが受けることができません。
畑はなく、収入は日雇いの荷運び。一日100~200ルピーの収入で、毎日仕事があるとも限らないので、収入は安定しません。

この状態だけでも、かなり深刻なのに。

彼女の一番上のお子さんが知的障害を抱えています。下の2人の子供を公立学校に通わせるのに手いっぱいで、一番上のお子さんの世話ができないそうです。そのため日中は縄で娘さんの足をベッドの脚に縛って、表にでないようにしているとのこと。
障害者に理解の乏しい村社会では、村人が非難するのだそう。
畑に勝手に入って、作物を踏んだ。
ヤギを追い回した。
道に飛び出してきた。
などなど。
そんなわけで、縄で縛りつけておくといったことを、母親も泣く泣くしているとのこと。
RIMG1993.jpg


専門家に言わせれば「ネグレクト」だそうです。

そうですね、ネグレクトだものね、じゃ、縄は止めます。とは簡単に言えない状況です。


このような知的障害の子供を取り巻く環境は厳しいものです。
地元の公立学校ではこのような子どもは面倒見てもらえません。
カトマンズ市内の擁護学校に通うのにもお金がかかります。学費も交通費も。
小さい子供を置いて、毎日長女のためにカトマンズ市内まで行くのは難しいとのこと。
娘さんのためだからといって、お金の無い彼女にそのようなことは強要できません。


何が必要か?と聞いた時に「仕事」と答えた29歳の彼女に頭が下がる思いでした。

同期の理学療法士隊員に協力してもらって情報収集をしているところです。
お母さんが家で働けて、娘さんと日中一緒にいてあげられるのが現実的な解決策なのかな、と思います。

この10歳の娘さん、とってもキュートなんです。
彼女のためにも何ができるか、慎重にでも迅速に考えていけたらと思う。


[2011/05/02 09:34 ] | 現地活動 | コメント(2) | トラックバック(0)
ブログ再開

ブログを長いことお休みしていました。
いろいろと考えることがあり、自分の活動、ネパールのことをうまく表現できないと思ったためお休みしていました。
でも、元気にしておりました。
少しずつ3月4月中に起こったこともブログにアップしていければと思っています。

どうぞよろしくお願いいたします。


3月の終わりに悲しいニュースがありました。

同期でアフリカに派遣されていた隊員が交通事故によりお亡くなりになったということでした。
一緒に訓練を受けた仲間であっただけに本当に残念で、信じられませんでした。

志半ばで天に召されなければならなかった彼の心中を思うとやりきれません。

また、アフリカに派遣中の隊員が治安悪化のため活動を中断し、日本への帰国命令が出るということが相次いでありました。


なぜ自分が生かされて、ここで活動しているのだろう、ということを考えました。

そして考えたけれど答えがでませんでした。

目の前にあることに一生懸命に取り組み、自分の信念を曲げず活動をすることしか今はできることがないのかもしれません。

少し時間を置いて考えるべきことかもしれません。



天国に召された彼のご冥福を心からお祈りしています。

[2011/05/01 08:51 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。