スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
先輩後輩
“Learn to love broadly, deeply and devotedly, and your lives cannot fail. With nobler desires, greater earnestness and wider sympathy not limited to just a few, but taking in the many even beyond the home, the weakest of us may attain success. ”

これ、私の出身大学の創始者の名言です。
いい言葉。

この前ネパールに到着した23-3隊の中に同じ大学の出身者がいたんです~!!

スゴイ

私の出身大学は小さな女子大なので一学年500人くらいしかいないんです。

まさか、ネパールで出会うとは!

彼女は私よりも6歳くらい下なので、かぶってはいないんだけど、彼女と話していると、同じ空気、匂いを感じます。

実は彼女だけでなく、ネパールで精力的に活動している日本のとある大きなNGOのネパール駐在所長さんも同じ大学の出身者。

同期隊員にも一人同じ大学の子がいます。

そういえば、会社で働いていた時も女性のかっこいい先輩でも同じ大学の先輩がいらっしゃったな~


そう考えてみると、あの大学で培ったスピリットは本当に偉大。


創始者のこんな名言もあります。

「東洋の女性は、身分の高い者はおもちゃ、身分の低い者は召使である」



なんとも、強烈な洞察。



そして、創始者のすごいところは、そこで思考を止めなかったことだと思う。


批判なら誰にでもできるんです。


創始者は考えた。


「だから、どうするの?」


その結果、一般女子にも広く門戸を開いた女子の教育施設を作るのです。


創始者はガチガチのフェミニストでもなかったし(そう勘違いされることはあるけど)、ただ単に現状を変える必要性を感じ、それに挑戦できる人材を育成した、ということに尽きると思う。


大学は本当にリベラルな雰囲気があって、思考とアカデミックなチャレンジに自由だった気がします。
女性の教授も多かったし、外国人も在日の友達も多かった。
枠に縛られていない自由さがあったと思います。



卒業して、数年経って今感じることは、同じ大学の先輩後輩は、自分の力で物事を切り開いて、それにちゃんと責任を負える人が多いな、と思います。




そんなわけで、今日は前述のNGOの先輩と一緒のご飯を食べてきます♪
スポンサーサイト
[2012/03/10 15:43 ] | 日記 | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。