スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
障害児の学校へ
こんにちは、さくらもちです。

今日は本来の活動とは別に障害児の学校?みたいなところに行ってきました。
そこは日本の支援で運営している学校というよりは「教室」という感じ。
資金難のために週1回しか開けていませんが、代表者は本当にしっかりした方で、ビジネスのためにNGOを経営する人が多いネパールのNGOの中で無給で働いている方です。

私が活動するダルマスタリ村の寡婦グループのメンバーで一人、娘さんが知的障害の方がいます。
学校にも行かせてなくて、日中家に誰もいないときは、ヤギと一緒に彼女も柱に繋がれている状態でした。

ずっとなんとかしたくて、同期隊員にいろいろ相談し、情報収集をして村から比較的近い教室に行きあたりました。

お母さんは最初、CTスキャンをして薬を飲めば治ると思っていました。
障害児の専門の隊員は、薬ではなくて日ごろのトレーニングで他の健常児に比べれば遅いけれど、少しずつ周囲とコミュニケーションをとれるようになる、と丁寧に説明してくれました。

お母さんは、知らないところに行くこと、子供が世間の目にさらされることなど心配で、不安でなかなか行くと言えませんでした。

ネパールは貧富の差が激しく、障害児に十分な教育を受けさせてあげられるのはお金持ちの家が多いです。勿論各国のNGOの支援もあります。でもなかなか本当に届けたい人に届いていないのが現状です。

一年かけてお母さんと話をして、今日やっと教室に行くことができました。
貧しいと諦めてしまう人が意外と多くいます。
彼女のケースは、もし日本でトレーニングを受ける機会があれば、ちゃんと障害者の作業所で仕事ができる程度の障害だそうです。
あともう一歩。でも、その一歩を後押しする環境や機会に欠けているのが現状です。

お母さんが躊躇したのも、お金持ちの夫婦がたくさんいるかもしれない。
自分には夫がいない。更に絶望するかもしれない。そんな想いもあったようです。

教室に行くと、代表や他のボランティアスタッフが、娘さんに優しく語りかけ、絵を書いてみようと誘ったり、歌ったり。
娘さんは大変喜んでいました。
代表の方もお母さんと同じ目線で、話をしてくれ、話を聞いてくれ、娘さんに何が必要なのか、したほうがいいこと、してはいけないこと、これからのことを丁寧に説明してくださいました。

一緒に帰る道すがら、お母さんは言いました。
「もっと大変なお母さんがいるなんて、村にいただけではわからなかった。他のお母さんと話ができてよかった。毎週は無理かもしれないけど、また来たい。」と。


NGOの代表の方がびっくりしていました。
学校に行ってもいないのに、初対面の大人にもなつく娘さんはすごい、と。
きっと今までお母さんが愛情を注いで、慈しんできたからだ、と。
なかなか障害児の子どもを持って、家が貧しくて、シングルマザーで、という状況だと、子供にきつくあたってしまって、他人を怖がるようになってしまったり、人の顔色をうかがってしまうような性格になるケースもあるそうです。

娘さんのありのままの姿に向き合い、現状を受け入れて、今まで育ててきたお母さんはすごいです。
スポンサーサイト
[2012/04/08 11:14 ] | 現地活動 | コメント(4) | トラックバック(0)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。