スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
技術補完研修その3
連日の飲み会に疲れて今日はまっすぐ帰ってきてしまいました

やっと3日目が終了。

研修時間中は内容がかなり濃くて、忘れたくないなと思うことばっかりなのに、いつまで覚えていられるのかが甚だ不安です。
でも、研修で習ったことはかなりフィールドで生かせると思うんだよね。
ちゃんと自分のものにできるように。
まあ、それだけ何も知らなかったってことよね。


というわけで今日のおさらい。


今日は1日中PCMをやりました。
PCMはプロジェクト サイクル マネージメントの略です。
要は、どうやってプロジェクトを計画→実施→評価していくかってことを論理的に考えていく手法。
大事なことはワークショップ形式で行って、コミュニケーションをとりながら全員が共通の認識を持つようにすること。

このPCM手法を用いるときには「ファシリテーター」という役割の人間が必ず必要になります。

「ファシリテーター」とは何か??
人々の意見を引き出して、調整して合意を形成していく人のことです。更には個々人の意識や認識・能力を向上させる人のことでもあります。

このファシリテーターがうまく役割を果たせないと、結局積極的に意見を言う人の意見だけがプロジェクトに反映してしまったりして、本来のニーズや問題点があぶりだせない。


私も任地に行ったらこのPCM手法を使って寡婦の潜在的なニーズを吸い上げたいと考えているので、今日の講義は本当に勉強になりました。

日本語でやってもPCMでプロジェクト策定はかなり難しいのに、ネパール語でできるのかしら・・?
いえ、いろんな人に協力してもらってやりたいな


すごく面白かった。

問題点をかきあつめて、何が根本的な問題なのか、それを解決するのはどうすればいいのか、根本問題を解決したらどういうメリットがあるのかを論理付けしながら整理していく。

社会人だったさくらもちには会社の業績を上げるのにもちょっとは使える手法なんじゃないかしら??と思いました。

ちょっと自分の周囲の問題を一人PCMで整理してみようかな。
思考の整理ができます。面白い、本当に面白い。


初めてやったから、全然うまくはできなかったし、とんちんかんなことも言ってたけど、これは慣れが必要だと思う。
いろんな事例を読んでいきたいな。
スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2010/03/07 21:41 ] | 派遣準備 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<技術補完研修その4 | ホーム | 技術補完研修その2>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://leohana.blog45.fc2.com/tb.php/100-8ba4dbcf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。