スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
タリムしゅーーーりょーーーーー
5日連続のタリム(トレーニング)がやっと終了しました。


どっと疲れたーー。でも、これといって何もしてないんだけどねぇ。



5日間トレーニングをした会場はこんな感じ。
RIMG1097_convert_20100810004618.jpg

窓ガラスが割れてます。屋根が崩れてます。
裸足になって川を渡らないと行けない場所です。
それでもみんな5日間来てくれました。しまいには、メンバーでない人も来てたけど・・。


トレーニングはこんな感じ。
みんな明るく、楽しくやってました。
RIMG1098_convert_20100810004718.jpg
メンバーは一生懸命話を聞いてました。
ネパール語がわからない女性も来ていました。ネワール語しかわからないそうです。
2年前にご主人を亡くされて、白いサリーに白いサンダルを身につけてました。

私の配属先のWHRは「寡婦の人権を守ろう」という団体で、今までにいろんなアクションを起こしてきました。
そのひとつは「レッド カラー ムーブメント」というものです。
ネパールの寡婦は「不吉な存在」と考えられていて、白い衣装を身につけ、化粧もしない、祝い事に参加できない、家族の中で一番下の地位に置かれるといったことがあります。
ネパールでははお祝いごとの象徴の色で、結婚式やそのほかの節目のお祝い事でよく赤いサリーを着ます。でも寡婦はそれができないような社会的強制力が働いてます。
夫の付属物としてではなく、夫が亡くなってからも一人の女性としての人生を歩めるように。そんな想いが設立者にはあるんだと思います。

カトマンズで生活していて、伝統的な寡婦の姿を見ることをあんまりなかったのですが、今回のトレーニングでその方にお目にかかって、いろいろ考えるところがありました。

どんな想いでその方はご主人が亡くなってから生活してきたのかな?
まだ20代だそうです。
苦しかったのかな。しんどいことが多かったのか。それともそうでないのか。



5日間のトレーニングはWHRのスタッフが担当しました。
組織作り、人権について、貯蓄について、収入向上、スキルアップなどなど。
WHRのスタッフの講師っぷりの素晴らしさに感嘆しました。
私もいずれはそんなふうにならないといけないけど、大丈夫かなぁぁ。

一方的に教えるんじゃなくて、メンバーに考えてもらうようにしてて勉強になりました。
でてきた意見を大切にしようと思います。
RIMG1101_convert_20100810004823.jpg
グループ作業中。ズボンはいてるのがスタッフで教えてます。
後ろの野良犬がいるのが、ネパールの農村らしいかな。



今はネパール、雨季です。
雨が降ったら、ヤギが雨宿りにきました。
教室まで入ってきました・・・。
RIMG1100_convert_20100810005032.jpg







5日間のタリムで自分が先方から求められていることが、ちょっぴりだけわかった感じです。

・・・私のネパール語翻訳が間違ってなければの話だけど。


ダルマスタリ支部の運営を軌道に乗せること。
識字率、人権意識、収入向上。あとはリサーチ。

今週からリサーチに行こうかなーー。





最後に。
去年の今頃、JICAから二次試験の合格通知を頂いた。
1年あっという間。自分が今ネパールにいてネパール語を話して仕事をちょっぴりだけどしているのが不思議な感じ。

驚くくらい、いい環境に恵まれて、やってこれた。
初心を忘れずに。
限られた2年間、しっかりやっていこう。






スポンサーサイト
[2010/08/09 23:42 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<日本のNGOに行ってみたの巻 | ホーム | 只今タリム中>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://leohana.blog45.fc2.com/tb.php/182-aaf33546
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。