スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
てんこ盛りの週末
お盆の帰省から帰ってきましたよー。

いやいや、週末はてんこ盛り、いろんなことがありすぎ。

土曜日はJOCV春募集に合格した面々の飲み会に行ってきましたアップロードファイル

面接で近くに座ってた人が東京で飲み会あるって教えてくれて参加。
ちなみにこの飲み会を教えてくれた人。面接のとき当日の受験者全員に初対面だけどいろいろ語り合いましょう、と200人に飲み会のチラシを配ったつわもの。人間力高いっっ!!尊敬。

そんなわけで東京合格者飲み会に参加したわけですが、みんなキャラ濃い。
情報交換もできたし、いろんな職種、いろんな出身地そして派遣国の人に出会えて世界広がったわぁハート
しかも同じ隊次で同じネパールに派遣される人にも会えました。
長い付き合いになると思う。大きな収穫あんどステキな人。

持って行くパソコンの話しやら、現地のトイレ事情まで、みんないろんなこと知っていてスゴイ。
また飲みたいなぁぁぁぁ。


そして、日曜日はついに両親にJOCVのことを報告。
反対されると思ってました。
① いい加減、結婚して孫の顔を見せておくれ。
② 安定した会社に勤めてるんだから、辞めることはなかろうに。
③ 外国は危ないとこだべー。

この3本柱で反対が予想されました。柱3本もあったら強力だわ手書き風シリーズ矢印下ふぅ。

さくらもちは親説得にあたって
「お父さん、お母さんどうぞご理解ください~冷静と情熱のあいだでver.~ 作戦」
を敢行することにしました。

まず姉弟の理解と協力は大前提。
姉にはずっと相談していたので、協力するよと快諾。
弟は最初難色を示しました。お姉ちゃんの言うことを聞かないなんて・・・大きくなっちゃって。
「反対もしないけど、賛成もしない」って。弟よ。。。ねこ
でも、2時間くらい話したら、いつの間にか両親攻略方法を私に伝授し、
「姉ちゃん、がんばれ!オレ協力するからさ。うん。」愛すべき弟。ありがとう。

次は舞台設定。
家で話すのはNGと判断。
周囲の目がないと、お互いに感情的に暴走する恐れあり。
しゃぶしゃぶ屋さんの割引クーポンがあって、個室で食事ができるので、そこを予約。
両親には「お盆も終わってひと段落だから、家族で食事したいおんぷ
と、何気なく、「肉食べたい」風を装い、連れ出す。

話の流れをイメージ。
目標があるからJOCVで経験積みたい。

現在の会社は経営的にちょっと危ない。若いうちに転職できるようにしておくのが必要

ネパールの要請で合格をした。女性のエンパワメントに関わりたいので希望どおり

両親がキュンとしちゃうポイントを整理。
競争率高いんだよー。
派遣の前は皇族に会って「いってらっしゃい」って言われるんだよー。とかそのあたり。

想定問答の作成
「安全面如何?」
「JOCVは安全。NGOとかで拉致された人はいるけどJOCVは聞いたことないでしょう」
「結婚如何?」
「現在の会社よりも、出会いは広がる。むしろ有望」
「絶対行かせません!!むきーっ怒
「突然のことで心中お察ししますが、そのような状態では話し合いの続行は難しいと判断せざるを得ないので、お互いに持ち帰り第2回の話し合いをもちたい」
「ネパール行くなら勘当」
「甚だ悲しいご提案ですが、それを受け入れる前に我が家の勘当に値する条件を教えていただきたい」
徹底的に理詰めで行く。ここが冷静の部分。
(今振り返ると、私相当やなヤツだわぁ。こんな子供いやだー)
まぁ、完全に屁理屈なんだけどねぇ。
そして畳み掛けるように両親に歩みよる。
「結婚してほしいとかもろもろの両親の期待はよくわかる。落胆させていて心苦しい。本当にごめんなさい。
・・・でも、ここで諦めて親の言いなりの人生を歩んだら、自分はいつまでたっても自分の人生の責任が負えなくなります。不幸や後悔を親のせいにします。それは大事に育ててくれた親に対する裏切りです。人間的に成熟しない人になってしまいます」

土下座

完璧な作戦です頑張るぞ。おーっ。


そして、そしてついに作戦決行。
当日は嬉しいことに、我が家で昔ホストしていたブラジル人留学生(現在再び日本に留学中)が彼女を連れて遊びに来てたので、その二人のブラジル人も加えて7人でしゃぶしゃぶ屋さんへ。
かなり強力な助っ人に、神様ありがと。

作戦決行は食事が始まって肉を半分食べたくらい。

私「あの家族がそろっているときに折り入って話がございまして・・・」
父「おう。なんだ結婚か?」
私「期待に及ばず結婚の話ではございません。転職の話です」
父、そこでもう一枚肉を鍋へ。そこで普通しゃぶしゃぶする????
若干の動揺。
気を取り直して、JOCV受験→合格(ここですかさず姉・弟が「すごーい!難しいんだよねあれ」とコメント)→ネパールでやりたいことができるパスポートを手に入れた→行かせてください
ということまで一気に話しました。

父「そう!行けば」
母「すごいじゃなーい。行きなさーい」


えーーーーーーーーーーーーびっくり
あっさりすぎやしませんか??????

父は悠然ともう一枚肉をしゃぶしゃぶ。
母も一枚しゃぶしゃぶ。
父と母そしてしゃぶしゃぶされる肉。
しばし、沈黙。

私「あのー、肉を目の前に判断力に支障きたしてはいませんか?」
父「ぜんぜーん。カトマンズの空港は滑走路が短いからそこだけ気をつけろよな」

つーか、心配は入国のときだけ?しかも滑走路と飛行技術には私の力は及びません。

私の飛行機好きは父親譲りだった・・・・。

母も「どうせ反対しても行くんでしょ。生きて帰ってきてちょうだい。それだけ」

ありがとう。ありがとう。ありがとうううううううううねこ


さくらもちの「お父さんお母さんご理解ください~冷静と情熱のあいだにver.~」作戦は不発に終わりました。親ってよく、子供のこと見てるんだね。ちょっと姑息だったかな。私。
組合の交渉みたいだったわ。お父さんお母さんこの場を借りてごめんなさい。

嬉しいおまけが一つ。
ブラジル人留学生が、ネパール人の留学生の知り合いがいるから紹介してくれるって。
やったハート

スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2009/08/17 21:14 ] | 国際協力 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<暑いけどさらに熱くなれ | ホーム | お盆で帰省>>
コメント
お疲れ様でした~!!!

私も同じ作戦(笑)
私は焼肉でした。。。
[2009/08/17 22:50] | URL | わたでございます #- [ 編集 ]
あはは。わたちゃんも肉だったんだー。

このたびは牛肉の底力を見せつけられましたな。

今度、牛肉に乾杯しよー。
[2009/08/18 21:05] | URL | さくらもち #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://leohana.blog45.fc2.com/tb.php/22-2f0c3700
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。