スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
マイクロバス事情 その1
カトマンズの主な公共交通機関はマイクロバスかテンプー。

今日はマイクロバスの話をすこし。

マイクロバスでの出来事はいろいろ面白いので、今日はまず一つ。



主なマイクロバスはTOYOTAのハイエース。
私は村に行く時、友達に会うためなどでほぼ毎日バスに乗ります。

マイクロバスには「カラシ」と呼ばれる男の子(もしくはおじさん)が車掌みたいな形で仕事をします。



カラシの仕事はというと・・・
お客さんからお金を集めたり、狭い道で車の誘導をしたり、お客さんを呼びこんだり、次のバスストップを大声でアナウンスしたり、混んだバスの車内に更に人を詰め込むべく、整理したりと、そりゃもう大忙しなわけです。


カラシの大事な仕事はお客さんを呼びこむことです。
バスの時刻表はないので、お客さんが集まれば発車というマイクロバス。
どれだけたくさんのお客さんを乗せたかで、稼ぎが変わってくるわけです。
そんなわけで、ラトナパークと呼ばれるカトマンズの大きなバスストップではカラシくんがそりゃもう一生懸命呼び込みをしています。

今日見かけたのは、カラシくんがあまりにも一生懸命呼び込みをしていたのを、バスの運転手(グルジ)が気付かず、


なんと



カラシ君を積み残しバスが発車。



「カラシがいないよ」
というお客さんの声で、グルジも一度は停車して、積み残したカラシくんを待ちました。



そうしたら、後ろから全力で走ってくるカラシくん。




駐停車禁止の場所だったため、横から違反切符を切るために近づいてくる警察・・・。

グルジ、焦る。


そして・・・



カラシくんを見捨て、




グルジは車を発車させてしまったのです。


全力で走るカラシくんの姿があっという間に小さくなっていきました。。。。


かわいそう、カラシくん。



でもお金を集める人がいなかったので、バス車内は大混乱になりました(笑)

スポンサーサイト
[2011/08/23 23:35 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<土地問題 | ホーム | 1年モニタリング>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://leohana.blog45.fc2.com/tb.php/289-5df48bc0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。