スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
住民大会
今日は住民大会でした。


朝7時に学校に集結。



村の3丁目の土地を欲しいという寡婦のメンバーたち。


というのも、3丁目の土地はダルマスタリ村の中心であるだけでなく、周辺7村からもアクセスしやすい場所にあるため。


周辺村の寡婦メンバーのためにも便利だろうという主張。




それに対して、3丁目の住民は大反対。


もとい、猛烈な反対。




住民大会は話したい人が前に立って、自分の主張をしていくという極めてシンプルなもの。


主張の間に反対意見がでると、人が話している途中により大きな声で反対するというもの。




・・もっと人の話聞けよ。





3丁目の長老みたいな人が前に立って



「われわれは寡婦をサポートしないと言ったか?」

と問いかけると、3丁目の男性たちは


「言ってなーい」



と声をそろえて、応じる。なんてチームワークの良い・・。



「しかし、あそこの土地を整地したのは男だ」




と長老が言うと・・・


「まさしく、そのとおり!」




と3丁目男性陣。。。




なんてチームワークの良い・・・。


でも、意味わからん。




「というわけで、3丁目の土地は寡婦には渡さなーい」



と締めくくる長老に男性陣は



「そうだーーーー!!!」


で、もみあいの喧嘩に。



警察まで出てきました。。。




なんか、おかしいなぁ??

と思って、とある政党の人に聞いてみたら、長老はマオイストの地元リーダー。


すごいチームワークを発揮してたのは、マオイストの支持者たち・・・。


道理でチームワークのいいはずです。


で、聞くところによると、どうやら、マオイストは3丁目の土地にサッカー場と体育館を作ってあげると口約束をしていたらしいです。


男性たちは寡婦のリハビリテーションセンターよりも、サッカー場がほしい。



まあ、どっちも寡婦の施設も、体育館もあれば村民のためにはなるのよね。


多分、裏ではいろいろと政治的な利権は絡んでると思うけど。




違う土地ならあげてもいい、みたいな話になりかけた時、


信じられないことが・・・・。





なんとマオイストが役所の一番偉い人(サチブ)が書いていた議事録を取り上げ、



破り捨てたのです。。。。



おいおい、やりすぎでしょう。




しかも、そんなマオイストの強行な手段に恐れおののいたサチブは会議から逃げ出す始末・・・。





その後改めてサチブ抜きの会議をするも、土地云々から、あんなサチブいらない、だとか、文書を破り捨てたマオイストの強行に対する批判が噴出し、論点がぶれまくり。。。



7丁目の土地なら反対意見がでないようにしてあげると、複数の政党グループの人が耳打ちしてくれましたが、


今度は寡婦グループ内で、7丁目は嫌だだとか、7丁目でいいじゃないかだとか。




いいじゃん、7丁目で。と私は思ってしまうのですが。。。。


7丁目だって、バスの路線にアクセスしやすいし、3丁目でなければ絶対だめってわけじゃないんだから・・。



まだまだもめそうです。




しかし、激しい住民大会でした。



スポンサーサイト
[2011/08/27 18:23 ] | 現地活動 | コメント(1) | トラックバック(0)
<<カトマンズが揺れる | ホーム | 喧嘩上等>>
コメント
皆さん自己主張が強すぎてまだまだ波乱が続きそうな雰囲気だね~。くれぐれも巻き込まれて怪我のない様に気を付けて活動してね。
[2011/08/28 15:09] | URL | ラトナの母 #5N9fLzM. [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://leohana.blog45.fc2.com/tb.php/292-1bd1f409
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。