スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
郡委員会
こんにちは、さくらもちです。


さて最近ご無沙汰してるブログですが、ここ2カ月はめっちゃ忙しかったです。

というのも、さくらもちが何度も主張していた「郡委員会の発足」の準備があったから。


ここで活動をしていて、ずっと思ってたことの一つが首都カトマンズ近郊付近の農村の援助や組織化に対する空洞化でした。

最近の開発の流れとして、地方展開、辺境に住む人へ、機会の乏しい農村へ、みたいな雰囲気が生まれてます。

それ自体はとってもいいことだと思いますが、その一方でその波に取り残されてしまう人もいるわけで。

それが私が活動しているカトマンズ近郊の寡婦でした。

NGO内部でも地方農村部への援助の申し出はけっこう多いのにも関わらず、なかなかカトマンズ近郊をターゲットにしたプロポーザルは通りにくいし、有効な支援やプロジェクトが来ないのが現状です。


確かに農村に比べたら、首都へのアクセスもいいし、学校もあるけれど。
それでも識字率は低いし、現金収入の機会が乏しいのは地方農村とそんなに大差ないし。
KTM近郊農村の女性達って、世界が村で完結してることも多いから、取り残されてる感が否めないのです。行政サービスはまったくあてにならないし。


NGOもそんなカトマンズ近郊の寡婦の組織化に関しては後手後手に回ってて、村の女性を対象に活動してきた私としては、モヤモヤ感があって、ずっと郡委員会をちゃん作って、カトマンズ市内と近郊農村の寡婦の受け皿を組織的に作ろうよ、と言ってきました。


それが、やっとこの1月の末に発足に至りました。

万歳!!


本部と村レベルの寡婦組織の間に郡委員会を置くことができました。

今まで、村レベルの問題がそのまま本部に持ち込まれ、本部はプロポーザル書くのに忙しく、村のことは村で処理してよ!みたいな、村と本部の間の衝突もあったのですが。
そもそも、本部のスタッフは村の寡婦とまともに話ができないし。
郡委員会を発足して、村の意見を吸い上げて、ワンクッション置いて、本部に提言するシステムを作ることができました。

委員会自体の運営はサポートがこれからたくさん必要になると思いますが、とりあえず、発足したっていうのは意義深い!!

やっとここまでこぎつけました。
スポンサーサイト
[2012/03/08 16:04 ] | 現地活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<先輩後輩 | ホーム | 忙しい!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://leohana.blog45.fc2.com/tb.php/297-abf3af0b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。