スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
JICA青年海外協力隊 その2
今日は青年海外協力隊二次選考の最終日。
受験者の皆さまお疲れ様でしたー拍手 パチパチ

さて、春募集に応募した私ですが、募集は各国から挙げられる「要請」があってはじめて募集がかかるわけです。
「要請」にはいろいろな職種があります。看護師だとか、理数科教師とか、獣医とかいろいろ。

選べる要請は一人につきひとつだけ。
私は何にしたかというと・・・
村落開発普及員。

これは文字だけではイメージがつきにくいですが、農村部のコミュニティや公官庁に配属されてプロポーザルを行ったり、いろんな人を巻き込んだりしながら生活の向上を図るものです。
って言ってもあんまりうまく想像できないかもしれない。
だって、仕事の幅は本当に広くて、今派遣されている隊員の活動報告書を読んでもみなさん千差万別。

自由に活動できる反面、個人のやる気と資質にかかってるとも言えるもの。

なんで、村落開発普及員にいたかっていうと、要請にかなった資格とか持ってないし。
でも、まあ社会人生活で培った経験は見て!!という気持ちがあったから。

一次選考の応募状況を見ても要請146に対して応募が493・・・。っておい!
倍率高っ!!私とおんなじような人がたくさんいるんだ。。。。えぇ

他にも青少年活動とか、経済市場調査とかも倍率高かったみたい。

難関なんですよ。ボランティアと言ってなめてはイカンのですよ。
スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2009/07/16 21:45 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<札幌へ | ホーム | JICA青年海外協力隊 その1>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://leohana.blog45.fc2.com/tb.php/4-89aaeeb9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。