スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
お母さんの命を守る
リプロダクティブ・ヘルス/ライツ


って何よ???


性と生殖に関する健康と権利。だそうです。


まだカタイ。。



これ、ユニセフセミナーの今回のテーマでした。
国連人口基金が今「お母さんの命を守る」っていうキャンペーンを今年の6月から1年間やってます。
このキャンペーンの柱となっているのが、リプロダクティブ・ヘルス/ライツです。

なんでお母さんの命を守んなきゃいけないのか?
なんでこれが喫緊の課題なのか??


地球上の人口が急速に増えているのはご承知のとおり。
2009年現在、約68億人。
産業革命時までずっと10億人くらいで推移していたのに、1950年に25億人。1987年に50億人。

すごい増え方・・・jumee☆uuummm1b


じゃあ、いらない人は口減らし!!!
なんてわけには勿論行きませんっっっ!!!!

むしろ、少産少子にしましょう。
発展途上国では多産少子の傾向があるわけで、ここを少産に変化させていければ人口増加を食い止められる手段の一つになるわけで。


で、立ち戻ってなんでお母さんの命を守るのか?

お母さんが出産時に死亡しちゃえば、子どもは大きくなれない確率は高い。
お母さんの知識が乏しいばっかりに子どもを死なせてしまうことがある。
お母さんの出産間隔が狭くて、育児ができないことがある。
お母さんがAIDSに感染している。

お母さんの健康を守ることで、子どもの死亡率は減らせる。そうしたら多産という考え方から少産にシフトできるということだと思う。


お母さんの命を守ることって何をすればいいの?
何が問題なの??

ここで、リプロダクティブ・ヘルス/ライツの登場。

赤ちゃんを育てるのに、いい環境を整えてその権利を認めること。
自分の身体は自分のためにあるということを大きな声で言っても迫害されないこと。

なのかなって、さくらもちは今回のセミナーを聞いて思いました。

「お母さんの命を守る」キャンペーンのリンクですキラリ


http://www.unfpa.or.jp/mothers/index.php
スポンサーサイト

テーマ:目指せ!青年海外協力隊(JOCV) - ジャンル:福祉・ボランティア

[2009/11/24 23:30 ] | 国際協力 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<占いについて | ホーム | クリスマスの思い出>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://leohana.blog45.fc2.com/tb.php/56-ac34c902
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。