スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
バンダ三昧
暫定制憲議会の有効期限まであと2日。


今週はバンダ(ストライキ)ばっかり。


「明日はおれたちのグループ、バンダしちゃうかんね!」
と宣言したグループが、夕方には、

「やっぱ、バンダやめとくわ・・」

・・となったり。

「もちろん、俺たちはやるぜ!」


っていうのもあったり。



当日に雨が降ると・・・・


「やっぱ、今日はやめとくわ、雨降ってるし・・」



となったりする。


政治が荒れて生活に支障がでるって、日本ではあまり経験したことがないような??


お店が閉まって、公共交通機関は動かなくなる。
でも、裏道に入ればお店も空いてるし、バスが動かなきゃ歩けばいいや~。



・・・と思っていたのですが。



制定期限を前にして、ちょっと政治グループも気持ちが高ぶってるようで。



家の近所で市民と政治グループが小競り合いになり、車が燃やされたそう。




「バンダなのに、なんで、車なんか運転してんだよーー???」


みたいな因縁をつけられたのでしょう。



・・しかし、市民の財産が守られないのね、バンダ。



ひどいもんです。










ちなみにですが・・・





この一年、国会で議論した時間。



95分だそうです。



601名の議員さん。

1カ月の給料、総額1億円。



・・・ギャグですか?




[2011/05/26 10:05 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
お釈迦様の誕生日
5月17日(満月)は「ブッタジャンティ」というお釈迦様のお誕生日でした。

ネパールにはお釈迦様にまつわる見どころがたくさんあります。
ブッタ生誕の地「ルンビニ」。
ネパール最古の仏教寺院「スワヤンブナート」
とにかくでっかい仏塔を持つ「ボーダナート」

ネパールはヒンドゥー教徒が多いですが、仏教徒もけっこういます。ネワール族の一部も仏教徒。チベットから来た人はチベット仏教。

今日はお釈迦様のお誕生日をお祝いするため、ボーダナートに行ってきました。



ボーダナートはカトマンズの中心部から東に約6キロ。
ボーダナート近くになると、お祭り騒ぎ。

RIMG2082.jpg

「ハッピバースデー トゥー ブッタ」と歌ってる人がいました


いつにない人ごみです。
RIMG2116.jpg

学生たちのパレード


私、個人的にボーダナートが大好きです。
満月の夜はバターランプに火を灯します。

RIMG2063.jpg


震災からの早い復興をお祈りしてきました。


ボーダナートは街中にドドーンといきなり仏塔が現れる感じです。
その「でん」としておっきさになんか安心します。
RIMG2104 - コピー
[2011/05/17 16:19 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
憲法はどこへ・・?
5月28日。

今のネパール暫定議会の有効期限です。

この議会、憲法制定のための議会ですが、本来は昨年の5月28日までに憲法を作らなくてはいけなかったのが、制定に至らず、一年延長して今年の5月28日までです。

ところが、どうやらできる気配にありません。

そんなわけで、早期の憲法制定を求めて、もしくは自分の政治グループの主張をするため、ここ最近は「バンダ」と呼ばれるストライキが多くなっています。

日本のストライキは会社の組合が業務をボイコットするのが一般的ですが、こちらは政党が主導して党員や政治グループ支持者が行います。
道路を封鎖して、物流を止める、公共交通機関も飛行機以外はストップ、お店を開けると圧力をかけられ損害を被る、果ては車を壊すなど。

今のところはそこまでひどい状態ではないので、夕方になればお店は開きますが。

カトマンズ市民は口ぐちに言っています。
「ネパールの政治家は私腹を肥やすことばっかり。」
「憲法が決まらないのは、憲法が決まったら新たな選挙で議席を失うかもしれないから。政党間の調整が困難っていう芝居をうってるだけなんだよ」
「電気も十分にない、ガソリンも不足、水も少ない、仕事もない、いい思いしてるのは政治家ばっかり。」

この話が本当かウソかは別として、
確かに生活が圧迫されているのは事実。

ガソリンを入れるために一日ガソリンスタンドに並んだり。

電気がないから工場の機械が思うように使えなかったり・・。

バンダのせいでお店を閉めるから、不可抗力で営業時間が短くなったり。

市民の不満が爆発しないのかが心配です。

でも、お国柄なのでしょうか。
「どうする?どうしようもないね~」を連発しています。


[2011/05/13 15:26 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
スイカの季節
スイカの季節といえば・・・7月、8月でしょうか?

カトマンズでは4月あたりからスイカが出回りはじめてびっくりです。

ネパールのスイカは日本のようなまんまるではなくて、ちょっと細長いです。
RIMG2133 - コピー


4月ごろからこのスイカを切り売りするおじさんをよく見かけるようになりました。

自転車にスイカをたくさん積んで、後ろの荷台に切り分けたスイカをのせて。

もちろん蠅よけのネットも完備。

ファンキー。

RIMG2131 - コピー




スイカ屋さん。日本にはないわー。

一切れ15ルピーで一口大に切ってくれます。

塩も常備してあります。
RIMG2134 - コピー


ところが、この塩、聞いたら塩だけじゃないそう。




なんと・・・




トウガラシと塩。


・・・だそうです。

おいしいのかな?スイカが辛くなるってことよね?

おいしいの?



ドキドキ



さすが、ネパール。

あっぱれです。

今度挑戦してみようと思います。
[2011/05/03 14:30 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
カトマンズの見どころ~ヒマール編~
日本から姉が遊びにきました。
うれしーーー。たくさんの日本食を持って。
そして、噂には聞いていたけど食べたことのなかった「桃ラー」を携えて

4日間の滞在でカトマンズを案内しました。

このブログでもまだ、カトマンズの観光名所をあんまり紹介してなかったので、数回に分けてご紹介。

第1弾は、もちろんヒマールから。
「ヒマール」はネパール語で「雪が年中かぶってる山」の意味です。
ちなみに雪がかぶってないのは「パハール」と言います。

11月から2月くらいまではカトマンズの街中にいてもヒマールは見えます。
北の空をちょっと見上げるとヒマールが見えるのです。
なんて、ステキ

今回はカトマンズから少し足を延ばして「ドゥリケル」という場所に行きました。
ここはカトマンズから2時間くらいの場所。
お正月に遊びにいったホテルに泊まりました。
テラスからはヒマールの絶景が。
このホテル、丘一つすべてを所有してるので、ホテルの敷地内の一番高いところに登って、サンライズを見るのが最高なんだそう。

ネパールに来るまで、正直あんまり山には興味ありませんでした。
でも、その価値観、ガラリと変わっちゃいました。
7000メートル8000メートル級の山って本当にすごいです。
「神様の世界」みたいな感じ。

IMG_2314_convert_20110308104557.jpg

写真では言い表せません。

一生に一回は見ることをオススメします。
そして、家族に見せてあげたいと思います。
姉に見せられてよかった。
[2011/02/18 10:01 ] | ネパールあれこれ | コメント(0) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。