スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
ティーズのおまつり
9月11日はネパールはティーズのおまつりです。


ティーズとは・・?


既婚女性のお祭りで、その日一日は断食して赤いサリーを着て、夫の健康と幸せを祈る日だそうです。



一日飲まず食わず・・・大変です。


私の配属先の寡婦のメンバーは夫がいないので、みんなで集まってお祭りです。

食べて踊って

そんなわけで私も呼び出されてお祭りにダルマスタリ村まで行ってきました


RIMG1152_convert_20100912232733.jpg

村の小さなお寺にみんな集まって、赤いサリーを着たり、若干おしゃれしてみんなで踊ったり歌ったり、ごちそうを食べたりしました。

RIMG1151_convert_20100912233201.jpg
中央部に写ってるのがこの村の宗教指導者だそうです。
・・・意外と若い!
・・・・意外とイケメン?!



最近村で働くにあたって、メンバー意外のキーパーソンを知らないなぁと反省しきりです。
宗教指導者も政党の人も他のグループの人とか。
シングルウーマングループだけじゃなくて、周囲の人間関係もわからないと仕事できないよなぁと思います。

というのも、先日土地をめぐる話あいに駆り出されました。
(・・とはいっても状況もネパール語もわからない私は座ってるだけなのですが)

かなりの大激論になってたのに、私はまったく理解できず、誰が誰でどんな主張をしてるのか・・?わかれば仕事もっとやりやすくなるのにな。


これからネパールは10月のダサインとティハールに向けておまつりが増えていきまーす
[2010/09/10 23:19 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
仕事を整理してみる
タイトルのとおり今日のブログは仕事を整理してみようと思います。

ブログは自分の活動の記録であり、近況報告であり、同期隊員との情報共有ツールだし。

今自分が何をどんな視点でやってるか改めて書いてみてもいいかなーって。
まだちゃんと活動できてないんだけど、ありのままを。


では、さっそく

仕事はダルマスタリ村の支部運営にかかる全般。
・・・といってもなんだかよくわかりません。

最近は先日行ったダルマスタリ村の会合のレポートを英語でまとめています。

この時のリサーチでわかったことの裏付けをするために、近日中にまた村に行って聞き取り調査して、年内のアクションプランの作成の根拠作りをするのが目下の目標。がんばるぞ


問題点として見えてきているのは、「セービングのずさんさ」と「役員のグループマネージメント能力の不足」あとは、村特有の問題として、カースト・血縁関係・教育レベルの違いから来る人間関係の軋轢。

どこの社会でも人間関係は難しいっす・・



当初の予定では、オフィスに3日、村に3日の勤務スケジュールだったんだけど、現在そんなに村に行けていません


早く調査の下準備をして村に行きたいです。


調査に心強い味方ができました
私の活動をネパール人の女の子(18歳・ボランティア)が手伝ってくれています。
ネパール語を英語に翻訳してくれるのですが、英語が苦手の彼女・・・。
でも、ネパール人の考え方とか教えてもらって本当に助かっています。


あと、最近増えた仕事は「トレーニングマニュアル作成のアドバイス」
WHRはいろいろな場所で寡婦に対してトレーニングを行っています。
このトレーニング内容の均一化をはかるために、マニュアル化するという方向で進んでいます。

各セクションが(法律とかマイクロクレジットとか)マニュアルを作って、作り終わったら見せてもらうことになってます。
私の意見を取り入れてくれるそう
ちゃんと納得してもらえるように、根拠をしっかり提示して丁寧に説明しないとね。



そんな感じです。
やっぱり言葉の壁と状況の全体把握まで至ってないので、仕事するのに障害になってるのは事実。

もちろん仕方のないことだし、焦る必要はないと自分に言い聞かせてます。


みんな、地球のいろんな場所にいて、それぞれいろんなことやってるんだろーなー。




[2010/08/31 23:30 ] | WHRの活動 | コメント(2) | トラックバック(0)
村の会合に出る
最近、涼しいカトマンズからさくらもちです。

朝夕はだいぶ涼しくて、長袖着ようかな?と悩むくらいの気候です。



今日は私が活動するダルマスタリ村の女性グループのミーティングを見てきました。


メンバーからミーティングに来なさい、来なさいと言われていて、行くつもりはあったんだけど、なかなか行けずにいました。



今まで行けなかった理由。

ミーティングは毎週土曜日に開かれる。

ネパールは週休1日。土曜日だけがお休みです。
ということは、休みの日も仕事になるということ。
休日出勤も厭わないんだけど、さすがに自分の生活が落ち着いていないこの1,2カ月に休みをつぶすのはしんどかった。



ミーティングは朝7時から8時まで。

・・・どうして、こんな時間設定になるのかね???
基本的にネパール人の朝は早い。
5時くらいから起きだして、お祈りしたり、ご飯作ったり、お茶用の牛乳買ったりしてる。

日本の感覚にしてみれば、7時に起きた人が9時に待ち合わせる感覚なんだろうなー。

それにしても、カトマンズから1時間くらい離れた村。
7時に村に着くためには、5時半にバスに乗って、一回乗り換えて、7時について、そこからまた少し山道登って。


そんな理由で行けてなかったんだけど、自分的にも少し落ち着いてきたし、今日は月に一度の貯金の日だしと思って、5時に起床して行ってきました。



いやーー。遠かった。
朝早いので、あんまりバスがなくて。
でも、朝早い山はきれいでした。
今はまだ雨季だから雲がかかってるけど、これから乾季になったらもっときれいになるはず。


さて、ミーティングのほうはというと、7時過ぎについたけど、誰もいない。
・・・やっぱりね。


7時半くらいにみんな集まり始めて、お金を納入していくかんじ。

ここのお金の取り扱いも問題になってたから、現状把握をしたかったのです。

ここのグループは月に20ルピー(日本円で30円くらい)を集めています。
会員が100人くらいいるから、今日も1900ルピー位集まりました。


で、このお金を銀行に預けてるんだけど、誰も何のために貯金してるのかわかってない!!!

記録がずさん

未払いの人を確認できない

グループのために使えない(公平性の観点から)

プールだけがたまっていく。

たぶん、共同貯金っていう習慣自体は村に根付いてるるんだけど、どうして貯金するかのもともとの目的が不明確もしくは、目標設定されないまま、なし崩し的に始まってしまったんだよね。


今日早速行ったら、この混沌とした状況をどうにかしてくれ。

と、言われました。


初日にできないよ・・・

スーパーマンじゃないんでね。


エクセルでデータ管理でもしたらいいんだけど、そもそもPCないし、字読めないし。


これは前途多難。


[2010/08/21 23:27 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
タリムしゅーーーりょーーーーー
5日連続のタリム(トレーニング)がやっと終了しました。


どっと疲れたーー。でも、これといって何もしてないんだけどねぇ。



5日間トレーニングをした会場はこんな感じ。
RIMG1097_convert_20100810004618.jpg

窓ガラスが割れてます。屋根が崩れてます。
裸足になって川を渡らないと行けない場所です。
それでもみんな5日間来てくれました。しまいには、メンバーでない人も来てたけど・・。


トレーニングはこんな感じ。
みんな明るく、楽しくやってました。
RIMG1098_convert_20100810004718.jpg
メンバーは一生懸命話を聞いてました。
ネパール語がわからない女性も来ていました。ネワール語しかわからないそうです。
2年前にご主人を亡くされて、白いサリーに白いサンダルを身につけてました。

私の配属先のWHRは「寡婦の人権を守ろう」という団体で、今までにいろんなアクションを起こしてきました。
そのひとつは「レッド カラー ムーブメント」というものです。
ネパールの寡婦は「不吉な存在」と考えられていて、白い衣装を身につけ、化粧もしない、祝い事に参加できない、家族の中で一番下の地位に置かれるといったことがあります。
ネパールでははお祝いごとの象徴の色で、結婚式やそのほかの節目のお祝い事でよく赤いサリーを着ます。でも寡婦はそれができないような社会的強制力が働いてます。
夫の付属物としてではなく、夫が亡くなってからも一人の女性としての人生を歩めるように。そんな想いが設立者にはあるんだと思います。

カトマンズで生活していて、伝統的な寡婦の姿を見ることをあんまりなかったのですが、今回のトレーニングでその方にお目にかかって、いろいろ考えるところがありました。

どんな想いでその方はご主人が亡くなってから生活してきたのかな?
まだ20代だそうです。
苦しかったのかな。しんどいことが多かったのか。それともそうでないのか。



5日間のトレーニングはWHRのスタッフが担当しました。
組織作り、人権について、貯蓄について、収入向上、スキルアップなどなど。
WHRのスタッフの講師っぷりの素晴らしさに感嘆しました。
私もいずれはそんなふうにならないといけないけど、大丈夫かなぁぁ。

一方的に教えるんじゃなくて、メンバーに考えてもらうようにしてて勉強になりました。
でてきた意見を大切にしようと思います。
RIMG1101_convert_20100810004823.jpg
グループ作業中。ズボンはいてるのがスタッフで教えてます。
後ろの野良犬がいるのが、ネパールの農村らしいかな。



今はネパール、雨季です。
雨が降ったら、ヤギが雨宿りにきました。
教室まで入ってきました・・・。
RIMG1100_convert_20100810005032.jpg







5日間のタリムで自分が先方から求められていることが、ちょっぴりだけわかった感じです。

・・・私のネパール語翻訳が間違ってなければの話だけど。


ダルマスタリ支部の運営を軌道に乗せること。
識字率、人権意識、収入向上。あとはリサーチ。

今週からリサーチに行こうかなーー。





最後に。
去年の今頃、JICAから二次試験の合格通知を頂いた。
1年あっという間。自分が今ネパールにいてネパール語を話して仕事をちょっぴりだけどしているのが不思議な感じ。

驚くくらい、いい環境に恵まれて、やってこれた。
初心を忘れずに。
限られた2年間、しっかりやっていこう。






[2010/08/09 23:42 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
只今タリム中
配属されてから、なんだかバタバタしてるなーーと思ってたら、


ビッグイベント。



5日連続、タリム



5日間連続でメンバーの寡婦に対してキャパシティビルディングのトレーニングです。

休みなしです・・。

でも、メンバーの現状と問題点をあぶりだして行く作業で、私は聞いてるだけなんだけど。本当に勉強になります。終わったら英語でレポート書いてね、と言われてるので、必死です。。



レポート書かなきゃっていう理由だけじゃなくて、どんなふうにトレーニングやワークショップをやってるのかっていうのも興味があったので、発見だらけ。
WHRのスタッフのファシリテーターっぷりもすばらしくて、勉強になってます。

そして、寡婦の意見を吸い上げられる場にいさせてもらってることも本当にありがたいです。



とはいえども・・・・


多分、今かなり重要なことを話してる。

これを理解できたら、今後の活動の役に立つってことが・・・・





理解できない。。。





ネパール語がわからない・・・・。





神様、翻訳コンニャクをください。






と切に願う、トレーニング3日目の夜です。。。。



明日もがんばろーーーーっと。




[2010/08/07 23:57 ] | WHRの活動 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。