スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:-- ] | スポンサー広告
CLCを見学してきたの巻
今日はグムネ。


語学学校の教室から飛び出して、先生に連れられて遠足です。


遠足じゃないよ・・・と先生からツッコミ入りそう。



今日はカトマンズの南のほうにある「CLC (community learning center)」を見学してきました。


カトマンズから1時間くらいの場所で、畑がたくさん、牛さまとにわとりがたーーーくさんいる場所でした。
連れて行ってもらったのは、2階建ての建物が3棟くらある場所。
いわゆる公民館です。


英語とネパール語の説明だったので、いまいち理解できてないかもしれないけど・・

CLCっていうのは、日本でいう、公民館の進化版、日本の公民館が今のの30倍くらい地元住民の生活に根を張ってるような感じのところ。
以下のようなことをしています。
① 女性のためのスキルアップ訓練(お裁縫)
② ヘルスポスト(健康管理講習、月1回の女医による健康相談)
③ PCスキルアップ教室
④ 女性の識字教室
⑤ 全国高等レベル修了試験(みたいな、18歳くらいの子が受ける統一試験)の補講講座
⑥ 商品作物作物普及講座


とまあ、いろんなことをやっているようで、今日見学させてもらったCLCはネパール全土のたくさんあるCLCの中でもモデルケースとなるほどよくやっているところでした。

このCLCプロジェクトが全国的にもっともっと活発になれば、ネパールの貧困を少しは緩和できるかもしれません。
同期隊員も3人ほど、地方のCLCに配属されて活動する予定です。

がんばってーーー


町は活気にあふれていました。
CLCのお蔭なのかな?

カトマンズから近いとはいえ、何もないところ。

あ。でもチベット仏教のお寺があったかな。巡礼の旅に来てる外国人を二人を見かけました。

そのせいかな?


やっぱり、ひとつの試みを読み解くって、むずかしい。


CLCのサービスにアクセスできない人ももちろんいるし。



でも、自分の活動にもとても生かせそうなところで、本当に勉強になりました。



ラマイロ ティヨ。


[2010/07/07 21:29 ] | 現地訓練 | コメント(0) | トラックバック(0)
初語学学校・初クルタ
今日から語学学校に登校です。

他のサティ(友達)は先週から通っているのですが、さくらもちはWHRの会議があったため、今日が初登校。

マライ ドゥクドゥク ラギョーーーー!!
(ドキドキしちゃう

ナヤン シチャック(新しい先生)は女性3人、男性1人。
クラスはKTCと違って、職種別でテクニカルクラスを意識した構成です。


KTCにいた時よりも長い時間の勉強です。

6時間くらい。
しんどい・・かな??


と思ったら・・・

なんだかあっという間の一日でした。


なんでかしら?

ネパール時間が教室にも流れていたようです。
ビスターレイ ガローーン。
(ゆっくりやろーー)
ビスターレイ ティクチャ
(ゆっくりでオッケーさ)



で、授業終わったら先生がクルタのお店につれてってくれました。

クルタってこっちの女性が着る普段着です。
布を選んで、採寸して、オーダーメイドで作るのが主流みたい。

出来上がりの日を言われたものの、よく聞き取れなかったので、そのうちとりに行こうと思う。




お腹は、まだちょいと心もとないです。

ネパールに来て、ケタ(男子)の前でも普通にお腹の話をできるようになりました。
ええ、もうみんなおおぴらに話してます。
ビロウな話を。
恥ずかしげもなく。
乙女の恥じらいもなく。

ここが一番たくましくなったと思われる点です。

[2010/06/29 00:04 ] | 現地訓練 | コメント(0) | トラックバック(0)
お腹がイタイの巻
もっと自分は行けると思ってた。

そうそうすぐにダウンするとは思ってなかった。。。

さくらもちの、あの強健な胃腸はどこに行ったのか?

貴君は質実剛健な性格で、ミャンマーでもカンボジアでもお腹を壊すなどとというひ弱な一面は一切見せなかったではないか!!!


昨日からお腹を壊し、頭痛、発熱にやられてます


いたいよぉぉぉぉ


おうちに帰りたいよぉぉぉぉ



・・・・嘘です。





ジュニアボランティア14名の中で2番目の早さで、病人になりました。



今生活しているドミトリーには「ビラミ部屋(病人部屋)」というものがあります。
その名のとおり、病人の部屋で、隊員が病気療養に使うための部屋です。


わたくし、同期隊員の中でビラミ部屋第1号になりました・・・


くやしいよぉ。



38度くらい熱がでたので、冷えピタと氷まくらで体を冷やしたかった。
とにかく、リンパのあるところを冷やしたかった・・。


でも、




でもね・・・





ネパールは停電パラダイス


水は水のまま。


アバッセ 氷はない。


冷えピタも冷えない・・。


もちろんエアコンもない。



途上国で子供がちょっとしたことで死んでしまう理由がわかった気がします。




そんな中でも同期隊員がやさしく看病をしてくれたり、ご飯作ってくれたり、心配してくれたり。


同期隊員のダヤマヤ(思いやり)で回復に只今向かっています。

本当に、日本みたいに便利なグッズとか十分な電気とかないなかで、困った時に頼りになるのは人の思いやりや優しさなんだなぁってつくづく思いました。



健康第一。

早く治しまーーす。




[2010/06/27 17:34 ] | 現地訓練 | コメント(3) | トラックバック(0)
バッラ ネパール アエエコツーーー!
バッラ ネパールマ アエコツーーーー!!!
(やっとネパールにつきました)

バンコク経由でネパールにつきました。


最初の感想は・・・

ごちゃごちゃしてるーーーー!!


この感じ、すきだなぁ☆


暑くて、冷房があんまりなくて、牛が歩いてたり、停電で真っ暗だったり、なんとなく聞き取れるネパール語を話してるネパール人がたくさんいたり。

どきどき、わくわくです。


今日は先輩担任が歓迎会を開いてくださいました。


これからどうなるのかな。わくわくです。
今はドミトリーに仮住まい。
これから家探しを始めていきます。


やっとこの目で見ることができたネパール。
着陸するときはちょっとうるっときました。

ここで2年、いろんな人に会う。いろんな人に支えられながら。

やっと来れた、ネパール。
心の底から今は周りへの感謝と喜びでいっぱいです。


とりあえず、今日はここまでー。
[2010/06/22 20:15 ] | 現地訓練 | コメント(2) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。